「海士有木」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 海土有木(あまありき):  千葉県市原市海士有木

・ 「海士」は漁師が住む場所があったことに由来する。「有木」は戦国時代に有木城があったことに由来する。有木は「あらき」で、新しく開いた土地に由来する。

・ 明治7年に海士村と有木村が合併して成立。

■ 有木(ありき): 千葉県市原市海士有木。香川県観音寺市大野原町有木。熊本県水俣市古里有木。鹿児島県南さつま市大浦町有木。

・ 有(あり)は/靴如⊃軍(地)、木は樹で、他に柵、城、居の意味がある。荒れた土地。樹木の生えている土地。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示