山口県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
★ 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 秋穂(あいお): 山口県吉敷郡秋穂町(山口市)。アギ(高くなった所)・ホ(高くなった所)の転で、同義反復の地名。【出典

■ 赤間(あかま): 山口県下関市赤間町
※ 硯の三大産地: 宮城県の雄勝硯、山梨県の雨畑硯、山口県の赤間硯。

■ 赤間関(あかまがせき): 旧山口県赤間関市(現下関市)。アキ(開けた所)・マ(間)・ガ・セキ(潮流の速い海峡)という地名か。【出典

■ 赤目(アカメ): 山口県宇部市船木赤目

■ 阿川(あがわ): 山口県下関市豊北町大字阿川
・ 阿川駅(あがわえき): 山口県下関市豊北町大字阿川字水取。JR西日本・山陰本線。豊北町北部の海岸で、古くから油谷湾の要港であった。昔は阿河(あこう)といったという。ア・ガワは、細流をたくさんもつ川の意味。【出典

■ 秋掛(あきがけ): 山口県岩国市美和町秋掛

■ 上田(アゲタ): 山口県山口市秋穂二島上田

■ 厚狭(あさ): 山口県山陽小野田市厚狭

■ 浅江(アサエ): 山口県光市浅江

■ 阿知須(あじす): 山口県山口市。
・ 「あじす」とは「あち(小鴨)」の遊ぶ「す(州)」という説がある。【出典
・ 阿知須駅(あじすえき): 山口県山口市阿知須。宇部線

■ 阿下(アシタ): 山口県周南市小松原阿下

■ 阿宗(あそう): 山口県柳井市平郡阿宗

■ 厚保(あつ): 山口県美祢市西厚保町
・ 厚保駅(あつえき): 山口県美祢市西厚保町本郷字猪喰。美祢線。古くは「阿津」と書いた。中世期から厚保の字が見える。アツとは、「ア(湿地)・ツ(交通の要地)」か「アヅ(崩崖)」の転か。一説には、神功皇后の朝鮮出兵時に、この地で兵をあつめたことから集め村となって、のちに誤って厚保の郷と言われるようになった。【出典

■ 綾羅木(あやらぎ): 山口県下関市綾羅木
・ 綾羅木駅(あやらぎえき): 山口県下関市綾羅木本町。JR西日本・山陰本線。付近に古代遺跡が多いことから、古代朝鮮の漢(アヤ)部の居住地だったか。【出典

■ 粟野(あわの): 山口県下関市豊北町大字粟野
・ 長門粟野駅(ながとあわのえき): 山口県下関市豊北町大字粟野。JR西日本・山陰本線。粟野は、豊浦郡豊北町の東北部にある。伝説に蒙古の大将が「泡」と消えたことからというが、ここは「湿地」のことと考えたい。【出典

■ 伊上(いがみ): 山口県長門市油谷伊上
・ 伊上駅(いがみえき): 山口県長門市油谷伊上字西前。JR西日本・山陰本線。現油谷町伊上。合併前の菱海村にあり、菱海村の成立前には伊上村といった。以前は「井上」と書いたが、イノウエと誤りやすいので改めたという。古く有名な「井」があったというから、これは「井神」から出たものか。【出典

■ 生野屋(いくのや): 山口県下松市生野屋
・ 生野屋駅(いくのやえき): 山口県下松市生野屋南。岩徳線。下松市内の字名に因む。和名抄に見える都濃郡生屋(いくや)郷。開墾によってできた耕作地の意味か。中世には読み通りに「生野屋」と書かれるようになった。【出典

■ 生雲(いくも): 山口県山口市阿東生雲

■ 伊佐江(いさえ): 山口県防府市伊佐江町伊佐江
・ 山口県美祢市伊佐町伊佐江藤区。夜いさり火をたいて漁をする江で、いさり江の「り」が省かれたものと言われる。

■ 板持(いたもち): 山口県長門市西深川板持
・ 板持駅(いたもちえき): 山口県長門市深川湯本字立野。美祢線

■ 居能(いのう): 山口県宇部市居能町
・ 古くは「犬の尾」といい、松原が犬の尾のように曲がって居るという説がある。【出典
・ 居能駅(いのうえき): 山口県宇部市居能町。小野田線宇部線

■ 岩国(いわくに): 山口県岩国市

■ 岩倉(いわくら): 山口県山口市阿知須岩倉
・ 岩倉駅(いわくらえき): 山口県山口市阿知須。宇部線。岩倉の「イワ」も「クラ」も「岩、谷、断崖」のこと。古代には住居であったものもあるが、多くは神事の場所であった。【出典

■ 岩田(いわた): 山口県光市大字岩田

■ 岩鼻(いわはな): 山口県宇部市岩鼻町
・ 岩鼻駅(いわはなえき): 山口県宇部市岩鼻町。宇部線。イワハナとは、「岩の端」のこと。【出典

■ 宇賀本郷(うかほんごう): 山口県下関市豊浦町大字宇賀
・ 宇賀本郷駅(うかほんごうえき): 山口県下関市豊浦町大字宇賀字上田。JR西日本・山陰本線。豊浦郡豊浦町(下関市)の北部にある。旧宇賀村の中心。ウカとは、宇賀神社に関係する古代地名。【出典

■ 宇久(うく): 山口県阿武町宇久

■ 牛見荘(うしみのしょう): 山口県
・ 室町期に見える荘園名。長門(ながと)国豊田郡のうち。「長門国志」は矢玉・特牛・肥中辺りの海岸部の総称を牛見荘とし、「地名淵鑑」は、神田村特牛・槙など牛牧に因る名とし、その辺りを本来の荘地とし、のち殿居・殿敷付近を取り込んで豊浦郡北部一帯の汎称になったとする。しかし、神田、矢玉一帯が当荘域にあったとする確証は認められない。「注進案」19には近世の殿敷村について「豊浦郡之内牛見荘本郷殿敷村」とあり、現豊田町殿敷付近が当荘の中心地であったとも考えられるが、確定的でない。【出典

■ 内日(うつい): 山口県下関市内日
・ 地名の由来は、四方を山に囲まれ、その内を日が照らすことから内の日と書き、内日とよぶようになったと伝える。【出典

■ 宇部(うべ): 山口県宇部市

■ 馬神(うまがみ):  山口県周南市馬神

■ 梅ケ峠(うめがとう): 山口県下関市豊浦町大字厚母郷字梅ヶ峠

■ 江良(えら):  山口県下関市豊田町大字江良

■ 青木(おうぎ): 山口県岩国市青木町

■ 王司(おうじ): 山口県下関市王司
# 旧王司村。豊東前村が改称して成立。豊東前村の6大字を継承。村名は、村内に四王司山があることにより命名したという。【出典

■ 大井(おおい): 山口県萩市大井
・ 長門大井駅(ながとおおいえき): 山口県萩市大井字呑石。JR西日本・山陰本線。古代の和名抄に見える阿武郡阿武郷とあり、阿武郡の本郷であった。オオイとは、古代の阿武井(アムイ)公の居所とか。また、「大市」「大井堰」ともいう。【出典

■ 大河内(おおかわち): 山口県周南市大字大河内
・ 大河内駅(おおかわちえき): 山口県周南市大字大河内(旧・熊毛町)。岩徳線。開駅当時の旧熊毛町の字名。線路の南側のこの地域が、かつて烏帽子岳から流れる川の曲流部であったことにちなむ。【出典

■ 大島(おおしま): 山口県の郡名。古代の和名抄に見える、周防国の郡名。防予諸島の主要な島のこと。【出典

■ 大歳(おおとし): 旧大歳村。山口県山口市。
・ 大歳駅(おおとしえき): 山口県山口市朝田。山口線。開駅当時の村名に因む。それ以前は、矢原朝田村と言ったが、村の中心付近の小字をとって改称した。大歳とは「大歳神」と呼ばれる祠があったことにちなむ。【出典

■ 大畠(おおばたけ): 山口県柳井市
・ 大畠駅(おおばたけえき): 山口県柳井市神代東瀬戸。JR西日本・山陽本線。水田が少なく、種々の畠がたくさんあるという農耕地名。【出典

■ 大嶺(おおみね): 山口県美祢市大嶺町
・ 南大嶺駅(みなみおおみねえき): 山口県美祢市大嶺町西分字祖父ヶ瀬。美祢線。開駅当時は伊佐駅。【出典

■ 麻郷(オゴウ): 山口県熊毛郡田布施町麻郷

■ 小郡(おごおり): 山口県吉敷郡小郡町。よくわからない地名の一つ。「小さくまとまった地域」という説がある。または郡衙の所在地と関係するか。【出典

■ 小月(おづき): 山口県下関市小月
・ 小月駅(おづきえき): 山口県下関市小月駅前。JR西日本・山陽本線。高尾山の尾まで船がついたので高尾着といったものが略されたという説が地元にあるが、月神を祀った土地ということだろう。【出典

■ 小野田(おのだ): 山口県山陽小野田市

■ 於福(おふく): 旧於福村。山口県美祢市於福町。
・ 於福駅(おふくえき): 山口県美祢市於福町下字則田。美祢線。開駅当時の村名。「意福、大福」とも書かれ、付近の農村の中心であったという。オフクとは、「大きな湿地」で、昔は一帯すべてが沼だったらしい。【出典

■ 小路口(オロクチ): 山口県下松市南花岡小路口(しょうじぐち)

★ 

■ 開作(カイサク): 山口県山口市平井開作

■ 嘉川(かがわ): 山口県山口市嘉川

■ 勝間(かつま): 旧勝間村。山口県周南市。
・ 勝間駅(かつまえき): 山口県周南市大字呼坂字西下馬場(旧・熊毛町)。岩徳線。勝間とは、開駅当時の村名で、「カツミ(真菰)」か、または「カツマ(低湿地)」のことか。また、「カエルマタ(蟇股)」形の地形か。一説には、天竺の毘羯摩という人が造った仏像があることから羯摩村になり、さらに豊臣秀吉が寄宿したしたことによって勝間となったという。【出典

■ 鹿野(かの): 山口県周南市大道理鹿野地

■ 嘉万(かま): 山口県美祢市秋芳町嘉万

■ 川棚(かわたな): 山口県下関市豊浦町大字川棚
・ 川棚温泉駅(かわたなおんせんえき): 山口県下関市豊浦町大字川棚。JR西日本・山陰本線。現在の豊浦町の中心地にある駅。古くから温泉地として知られ、下関、北九州などの奥座敷と言われる。カワタナとは、「物洗場」か、または「滝」か。【出典

■ 川西(かわにし): 山口県岩国市川西
・ 川西駅(かわにしえき): 山口県岩国市川西。岩徳線。錦川鉄道岩徳線
・ 川西(かわにし): 旧川西村。山口県岩国市川西。岩国市街地の西方で、戦後に岸日線(現錦川鉄道)の分岐駅としてできた。川西とは「錦川の西岸」の意味で、江戸時代の旧村名による。【出典

■ 巌流島(がんりゅうじま): 山口県。正式には「船島(ふなしま)」という。宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘で有名で、決闘が行われた当時は「船島」だったが、小次郎が「巌流」を名乗ったことから「巌流島」と呼ばれるようになった。【出典

■ 岸見(キシミ): 山口県山口市徳地岸見【「キシ」の資料集

■ 木与(きよ): 山口県阿武郡阿武町大字木与
・ 木与駅(きよえき): 山口県阿武郡阿武町大字木与字鎌所。JR西日本・山陰本線。俗説だが、大内氏の家臣某が住み、「喜ばしき世」といったといい、これを「喜世」にしたという。【出典

■ 切畑(きりはた): 山口県防府市切畑

■ 岐波(きわ): 山口県宇部市岐波
・ 地名の由来は、潮汐が打ち寄せるところの意味からという。【出典
・ 「きわ」は「際」で「海際」。【出典
・ 岐波駅(きわいけ): 山口県宇部市大字東岐波字高橋。宇部線

■ 黄波戸(きわど): 山口県長門市日置上(へきかみ)字黄波戸
・ 黄波戸駅(きわどえき): 山口県長門市日置上(へきかみ)字黄波戸。JR西日本・山陰本線。大津郡日置町(へきちょう)東端の海岸。漁村として古い歴史がある。キワドとは、「際・所」、つまり「波際の土地」のこと。【出典

■ 欽明路(きんめいじ): 山口県岩国市
・ 欽明路駅(きんめいじえき): 山口県岩国市玖珂町(くがまち)中野口。岩徳線。岩国から欽明路トンネルを抜けたところにある、岩徳線でもっとも新しい駅。旧山陽道の欽明路峠を降りてきたあたりに位置する欽明路に因む。【出典

■ 玖珂(くが): 山口県岩国市玖珂町(くがまち)
・ 玖珂駅(くがえき): 山口県岩国市玖珂町(くがまち)萃石。岩徳線。和名抄に玖珂郷が見え、玖珂郡の本郷であった。伝承によると、「玖の玉」「珂の玉」という石を産出するからというが、クガは「空閑地」のことではないか。【出典

■ 久賀(くが): 旧山口県大島郡久賀町(山口県大島郡周防大島町久賀)。近世の村名による。クガ(陸)の転で、「高くなった所」意味。【出典

■ 草江(くさえ): 山口県宇部市草江
・ 草江駅(くさええき): 山口県宇部市草江。宇部線。古くは入り江だった。のちに埋め立てられたものであるが、草深い入り江であったということか。【出典

■ 櫛浜(くしがはま): 山口県周南市(旧都濃郡櫛浜町)

■ 櫛浜(くしがはま): 山口県周南市(旧都濃郡櫛浜町)
・ 櫛ケ浜駅(くしがはまえき): 山口県周南市大字久米字院内。JR西日本・山陽本線岩徳線。豊臣秀吉が朝鮮出兵のときに、ここの白洲の形が櫛のように曲がっていて美しいことから命名したという地名。【出典

■ 下松(くだまつ): 山口県下松市

■ 久保(くぼ): 旧久保村。山口県下松市。
・ 周防久保駅(すおうくぼえき): 山口県下松市大字河内。岩徳線。開駅当時の村名に因む。江戸時代には「窪市」と書かれたところで、文字通りの谷あいの窪地だが、駅は台地上にある。昭和14年(1939年)に1町3村が合併して下松市に。【出典

■ 黒井(くろい): 山口県下関市豊浦町大字黒井
・ 黒井村駅(くろいむらえき): 山口県下関市豊浦町大字黒井。JR西日本・山陰本線。豊浦町の南部。合併して同町が成立する以前は、黒井村といった。クロイとは、「クロ(常緑樹)・イ(集落)」だろう。【出典

■ 桑山(くわのやま): 山口県防府市桑山

■ 神代(こうじろ): 山口県岩国市

■ 河内(ごうち): 旧南河内村。山口県岩国市。
・ 南河内駅(みなみごうちえき): 山口県岩国市角。錦川鉄道。錦川流域を広く河内郷といい、20数ヵ村に分かれていたが、合併して南北の2ヵ村になり、現在は岩国市内。【出典
・ 北河内駅(きたごうちえき): 山口県岩国市天尾。錦川鉄道

■ 小串(こぐし): 山口県下関市豊浦町大字小串
・ 小串駅(こぐしえき): 山口県下関市豊浦町大字小串字石堂。JR西日本・山陰本線。豊浦町の中央付近。合併前は、小串町といった。コグシとは、「小さい砂丘(または岬)、丘の連なり」をいう地形地名。【出典

■ 特牛(こっとい):  山口県下関市豊北町大字神田特牛

■ 厚東(ことう): 山口県宇部市

■ 琴芝(ことしば): 山口県宇部市琴芝町
・ 琴芝駅(ことしばえき): 山口県宇部市琴芝町。宇部線。伝説に、某が柴を敷いて琴を弾いたからという。古くは海岸だったが、現在は宇部市街の中心。このコトは、「岬、崎、端」の意味からでたものだろう。【出典

■ 米屋町(こめやちょう): 山口県山口市米屋町米屋町
・ 椹野(ふしの)川の支流、一の坂川の上流部に位置する。古くは晦日市(みそかいち)といい、大市・中市に続いて、晦日に市が立てられていたところ。【出典

■ 小和田(こわだ): 山口県熊毛郡平生町宇佐木小和田(こわだ)

★ 

■ 蛇島(さしま): 山口県徳山市

■ 佐山(さやま): 旧佐山村。山口県山口市佐山。
・ 周防佐山駅(すおうさやまえき): 山口県山口市佐山字河内神五。宇部線。江戸時代からある地名で、井関村と合併していた時期もあったが、分離して佐山村になった。佐山とは、「サ(小さい)・ヤマ(山)」か、「サヤ(小川、細い川)・マ(間)」か。【出典

■ 三見(さんみ): 山口県萩市大字三見
・ 三見駅(さんみえき): 山口県萩市大字三見字片田。JR西日本・山陰本線。もとの三見村。和名抄には「美祢郡作美郷」また「参見」とある。サミとは、セミと同じで、「狭いところ」か。またサビで、「鉄分を含んだ湿地」のこと。【出典

■ 重安(しげやす): 山口県美祢市大嶺町北分重安
・ 重安駅(しげやすえき): 山口県美祢市大嶺町北分字山崎。美祢線。美祢市大嶺町北分の小字名。シゲヤスとは、「名田」、または「湿地」のことか。【出典

■ 篠目(しのめ): 旧篠目村。山口県山口市阿東篠目。
・ 篠目駅(しのめえき): 山口県山口市阿東篠目字細野。山口線。シノ(小さい)・メ(川を横切る所)の意味か。【出典

■ 渋木(しぶき): 山口県長門市渋木
・ 渋木駅(しぶきえき): 山口県長門市深川湯本字畑河内。美祢線。古くは集福とも書いたという。渋木某が開いたので地名になったというが、シブは「行き詰まりの谷」か、「山桃」の異称さろう。【出典

■ 地福(じふく): 山口県山口市阿東地福
・ 阿武(あぶ)川流域に位置する。東の下深山・津々良ケ岳・地福富士、西方の大蔵ケ岳・石洞ケ岳・毛無シ山の連山に囲まれた盆地。地名の由来は、「往古、開立之時分、郷並広キ里ニ相成場所ニ付、地福と名付たる由」とある。【出典
・ 地福(じふく): 旧地福村。山口県山口市阿東地福上。
・ 地福駅(じふくえき): 山口県山口市阿東地福上字惣原。山口線。開駅当時の村名に因む。古くから木材と塩の輸送路が防府に通じていた。ジフクとは、フケ(泓=湿地帯)に関係があるか。【出典

■ 島田(しまた): 山口県光市上島田

■ 下郷(しもごう): 山口県山口市小郡下郷
・ 周防下郷駅(すおうしもごうえき): 山口県山口市小郡下郷。山口線。古く、小郡町を上郷・下郷に分けた。【出典
・ 上郷駅(かみごうえき): 山口県山口市小郡新町。旧吉敷郡小郡町上郷。山口線

■ 下関(しものせき): 山口県下関市。明治時代には「馬関」の呼称が一般的だった。都に近い方から上・中・下の関があったことに由来する。「上関(かみのせき)」は「上関町」として今もある。「中関(なかのせき)」は現在の周防市にあったという。【出典
・ 下関駅(しものせきえき): 山口県下関市竹崎町。JR西日本・山陽本線。古くは赤間関、赤馬関と呼んだ。下関は上関、中関に対しての名称。一番西の下で開けた街。昭和50年(1975年)に長門一ノ宮駅を改名した。【出典
・ 下関駅(しものせきえき): 馬関駅(ばかんえき)→下関駅。山陽本線。赤間(馬)関の漢語的略称が馬関。下関市は以前は赤間関市といった。同じ要衝の竃戸関(かまどせき)が「上関(かみのせき)」と呼ばれ、赤間関は下関と呼ばれた。【出典
・ 新下関駅(しんしものせきえき): 山口県下関市秋根南町。JR西日本・山陽新幹線・山陽本線

■ 守内(しゅうち): 旧守内村。山口県岩国市守内。
・ 守内かさ神駅(しゅうちかさがみえき): 山口県岩国市守内。錦川鉄道。江戸時代は守内村。近くに「かさ神神社」が祀られている。シュウチとは、「守内(もりうち)」の音読で、神社当然、森の中にある。【出典

■ 新川(しんかわ): 山口県宇部市
・ 宇部新川駅(うべしんかわえき): 山口県宇部市上町。宇部線。ここに流れる人工の川を「新川」と俗称し、これが定着した地名。ウベは、「海部」の転。【出典

■ 新南陽(しんなんよう): 山口県周南市(旧新南陽市)

■ 須佐(すさ): 山口県萩市須佐

■ 鋳銭司(すせんじ): 山口県山口市鋳銭司(すせんじ)
・ 平安京時代に銅銭作りが行われていた場所。

■ 角力場(すもうば): 山口県萩市明木角力場

■ 仙崎(せんざき): 山口県長門市仙崎
・ 仙崎駅(せんざきえき): 山口県長門市仙崎。JR西日本・山陰本線。センザキはセトザキ(瀬戸崎)の転訛。【出典

■ 惣社町(そうしゃちょう): 山口県防府市惣社町

■ 曽根(そね): 山口県熊毛郡平生町曽根

★ 

■ 台道(だいどう): 山口県防府市大字台道
・ 大道駅(だいどうえき): 山口県防府市大字台道。JR西日本・山陽本線。地名は台道(防府市台道)。応神天皇が宇佐から大和に行幸したときに通った道のことだが、また海際の大地につけられた道の意味。【出典

■ 垰(たお): 山口県周南市垰
・ 地名の由来は、往古は多尾ノ畑村とあり、谷深く坂が多くあって、四方より登り詰めたところにある村という意味で、のちに多尾の字を垰と書いたと見られる。【出典
・ 垰(たお): 山口県周南市大河内垰。古くは峠のことを「たお」と呼んでいたことに由来する。なお、「たお」を越えるということを意味する「たおごえ」が「とうげ(峠)」へと転訛したとされる。【出典

■ 高水(たかみず): 旧高水村。山口県周南市
・ 高水駅(たかみずえき): 山口県周南市大字原字(旧・熊毛町)。岩徳線。開駅当時の村名に因む。高水とは、「山高く水清し」からという。昭和31年(1956年)に、合併して熊毛町になり、平成15年(2003年)からは周南市。【出典

■ 高森(たかもり): 旧高森町。山口県岩国市周東町。
・ 周防高森駅(すおうたかもりえき): 山口県岩国市周東町(しゅうとうまち)大字下久原。岩徳線。昭和30年(1955年)に1町3村が合併してできた、玖珂郡周東町(現岩国市周東町)の中心で、当時の高森町に因む。古くからの宿場。泉山の山上に八幡宮を祀り、これを俗に高森といったことに因む。【出典

■ 滝部(たきべ): 山口県下関市豊北町大字滝部
・ 滝部駅(たきべえき): 山口県下関市豊北町大字滝部字森友。JR西日本・山陰本線。豊北町の中心で、古くから豊浦郡北部の商業の中心地。タキベとは、文字通り「滝辺り」のこと。【出典

■ 多々良(たたら): 山口県防府市多々良

■ 立野(たての): 山口県光市立野

■ 田布施(たぶせ): 山口県熊毛郡田布施町
・ 「タブ(湿地)」+「セ(狭)」で、「湿地のある狭い谷」のこと。または「タ(接頭語)」+「フセ(傾斜地)」という地名か。【出典
・ 田布施駅(たぶせえき): 山口県熊毛郡田布施町大字波野。JR西日本・山陽本線。田廬(たぶせ)と書いた時代もあった。タブセは、稲を刈り入れるときの仮の庵。【出典

■ 壇ノ浦(だんのうら): 山口県。「壇」とは祭祀のために、一段高くなしつらえた場所。南北朝時代の武将の今川了俊が残した紀行文の「道行きぶり」によると、神功皇后が三韓征伐に向かう際に、祈りのために「壇」を設けたことに由来する。【出典
・ 源平の戦いの舞台として有名。「壇」とは祭祀を行うために一段高く設えた場所。南北朝時代の武将の今川了俊が残した紀行文である「道行きぶり」によると、神功皇后が三関征伐に向かう際に、祈りのために「壇」を設えたことに由来する。【出典

■ 長府(ちょうふ): 山口県下関市長府
・ 長府駅(ちょうふえき): 山口県下関市長府松小田本町。JR西日本・山陽本線。長門国の国府があったことを示す地名。【出典

■ 椿東(ちんとう): 山口県萩市椿東

■ 通津(つづ): 山口県岩国市通津

■ 椿(つばき):  山口県萩市椿

■ 妻崎(つまざき): 山口県宇部市妻崎
・ 妻崎駅(つまざきえき): 山口県宇部市大字東須恵字浜田。小野田線。厚東川河口の右岸、江戸時代には妻崎開作村と称したあたり。妻崎のツマとはツメ(爪)と同じで「端」の意味。つまり「行き詰まりの端」か。【出典

■ 常盤(ときわ): 山口県宇部市常盤町
・ 常盤駅(ときわえき): 山口県宇部市大字西岐波字大沢。宇部線。駅の近くにある常盤池に因む。江戸時代にできた灌漑用のため池だが、常盤の由来は不詳。【出典

■ 徳佐(とくさ): 旧徳佐村。山口県山口市阿東徳佐中。
・ 徳佐駅(とくさえき): 山口県山口市阿東徳佐中。山口線。開駅当時の村名に因む。トクサとは、西北にある十種ケ峰(とくさがみね)のふもとにあることに因む。【出典

■ 徳山(とくやま): 山口県周南市徳山

■ 床波(とこなみ): 山口県宇部市床波
・ 「とこなみ」は「波のところ」で、「海岸」を意味する。または、「なみ」は「平らな所」を意味するか。【出典
・ 床波駅(とこなみえき): 山口県宇部市床波。宇部線。トコナミとは「波のところ」、つまり「海岸」。あるいは、このナミは「平坦なところ」の意味か。【出典

■ 殿居(とのい):  山口県下関市豊田町大字殿居

■ 富海(とのみ): 山口県防府市大字富海

★ 

■ 中川(なかがわ): 山口県山陽小野田市中川
・ 南中川駅(みなみなかがわえき): 山口県山陽小野田市中川。小野田線。以前は開作地であったが、現在は市街地化した。中川は一帯の総称で、その南にあたるという地名。【出典

■ 長沢(ながさわ): 山口県宇部市東須恵長沢
・ 長門長沢駅(ながとながさわえき): 山口県宇部市大字東須恵字大丸田。小野田線。宇部市東須恵にある駅。古くは一帯を須恵村といった。沢(サワ)は湿地のことで、駅の北あたりに細長いため池があったことにちなむという。【出典

■ 長門(ながと): 旧長門国
・ 長門本山駅(ながともとやまえき): 山口県山陽小野田市大字小野田字三の奈良原。小野田線。小野田市(現山陽小野田市)南端の駅。この先にある岬を本山岬という。モトヤマとは、神功皇后が「長門の基いをなす山」としたことからという伝承があるが、これは「山の根元」のことだろう。【出典
・ 長門峡駅(ちょうもんきょうえき): 山口県山口市阿東生雲東分字御堂原。山口線。阿東町にある県立自然公園長門峡の最寄り駅。【出典

■ 長門市(ながとし): 山口県長門市
・ 長門市駅(ながとしえき): 山口県長門市東深川駅前。JR西日本・山陰本線美祢線。駅があるあたりは、以前は大津郡深川(ふかわ)町で、駅名は「正明市(しょうみょういち)」といった。近在町村が合併して昭和29年(1954年)に長門市が成立。【出典
・ 長門市駅(ながとしえき): 正明市駅(しょうみょういちえき)→長門市駅。山陰本線。正明市は長門市の中心部の地名。戦後の昭和の大合併で、正明市駅のあった旧深川町と仙崎町、俵山村、通村が合併して長門市が誕生した。【出典

■ 長渡路(ながとろ): 山口県周南市金峰長渡路

■ 名草(なぐさ): 山口県山口市阿東地福下字名草
・ 名草駅(なぐさえき): 山口県山口市阿東地福下字名草。山口線。阿東町地福下の小字名。ナグサとは、「ナギ(山崩れ)」「ナグラ(緩い起伏の地形)」「礫」のいずれともいえる。【出典

■ 南桑(なぐわ): 旧桑根村。山口県岩国市美川町(みかわまち)南桑。
・ 南桑駅(なぐわえき): 山口県岩国市美川町(みかわまち)南桑。錦川鉄道。桑根は明治22年(1889年)に南桑村と根笠村が合併したときにできた地名。このあたりの錦川は、カジカガエルの美しい鳴き声で名高い。【出典

■ 奈古(なご): 山口県阿武郡阿武町大字奈古
・ 奈古駅(なごえき): 山口県阿武郡阿武町大字奈古字岡田橋。JR西日本・山陰本線。阿武町の中心で、もとは奈古町。古くは「阿胡(アコ)の浦」といった。ナゴとは文字通り、「波のナゴやかな」ところ。【出典

■ 鍋倉(なべくら): 山口県山口市阿東徳佐下字鍋倉
・ 鍋倉駅(なべくらえき): 山口県山口市阿東徳佐下字鍋倉。山口線。昭和30年(1955年)に五村合併で、阿武郡阿東町が成立する前の旧徳佐村の南西部の集落。鍋倉とは、「鍋型の岩」か、あるいは「ナメ(滑)」の転か。【出典

■ 錦町(にしきまち): 山口県岩国市錦町(にしきまち)
・ 錦町駅(にしきちょうえき): 山口県岩国市錦町(にしきまち)広瀬。錦川鉄道。「錦」とは、昭和30年(1955年)に合併してできた新町名で、錦川流域にあることに因む。【出典

■ 仁保(にほ): 旧仁保村。山口県山口市仁保。
・ 仁保駅(にほえき): 山口県山口市仁保中郷。山口線。開駅当時の村名。ニホ、ニオは、古代の朱を生産したニフからとも、ミオ(水尾)ともいう。または「奥山」の意味か。【出典

■ 仁保津(にほづ): 山口県山口市小郡上郷仁保津
・ 仁保津駅(にほづえき): 山口県山口市小郡上郷仁保津上。山口線。ニホは、ミオ(水尾)の転か。津は椹野(ふしの)川の川港だったことによるか。【出典

■ 根笠(ねがさ): 旧根笠村。山口県岩国市美川町(みかわまち)根笠。
・ 根笠駅(ねがさえき): 山口県岩国市美川町(みかわまち)根笠。錦川鉄道。俗に、笠のような岩屋があったことに因むという。【出典

★ 

■ 萩(はぎ): 山口県萩市

■ 萩原(はぎわら):  山口県宇部市西岐波上萩原。山口県下関市豊田町大字萩原。

■ 柱野(はしらの): 山口県岩国市柱野
・ 柱野駅(はしらのえき): 山口県岩国市柱野。岩徳線。岩国市西部の、もと師木野村(しぎのそん)の大字。意味は不詳。俗説では、古くは山間の僻村で、柱にもなるような良材が多く出たことに因むという。【出典

■ 廿木(はたき): 山口県岩国市廿木
・ 地名の由来は「玖珂郡志」に「紀州熊野山ノ権現ヨリ、聖一人当所ノ田中ト申所ヘ神体ヲ負来、段平ト申山ノ木廿本コレ有リ〈廿木ノ名起〉此処へ注連ヲ引、神体ヲ安置シ奉リ」とある。【出典

■ 幡生(はたぶ): 山口県下関市幡生
・ 幡生駅(はたぶえき): 山口県下関市幡生宮の下町。JR西日本・山陽本線。三韓出兵の折、この地に一夜にして数百の軍船の旗(幡)が出現したことに由来する地名。【出典

■ 花岡(はなおか): 旧花岡村。山口県下松市。
・ 周防花岡駅(すおうはなおかえき): 山口県下松市大字末武上。岩徳線。明治時代には、末武北村といったが、花岡八幡宮の名をとって村名にした。【出典

■ 羽波(はば): 山口県山口市阿東徳佐中羽波

■ 埴生(はぶ): 山口県山陽小野田市大字埴生
・ 埴生駅(はぶえき): 山口県山陽小野田市大字埴生字角野。JR西日本・山陽本線。崖、急傾斜地であることを示す地名。伊豆大島の波浮の港と同じ地形。【出典
・ 地名の由来は、古称を時の浦といい、時の字を土生と改め、これを「はにふ」、また「はぶ」と訓するようになったという。【出典

■ 土生(はぶ): 山口県岩国市

■ 浜河内(はまごうち): 山口県山陽小野田市小野田浜河内
・ 浜河内駅(はまごうちえき): 山口県山陽小野田市大字小野田字夏目。小野田線。一帯の通称を「浜」といい、その入り江にあたるところにちなむ。【出典

■ 東新川(ひがししんかわ): 山口県宇部市東新川町
・ 東新川駅(ひがししんかわえき): 山口県宇部市東新川町。宇部線。以前は沖ノ山といい、白砂青松の海岸だったが、埋め立てられて現在は市街地。市内を流れる真締川の下流に作られた人工の川を「新川」と俗称し、その東にあることにちなむ。【出典

■ 光(ひかり): 山口県光市
・ 光駅(ひかりえき): 山口県光市虹ヶ浜。JR西日本・山陽本線。光井などの四ヵ村から出発した周南町が昭和15年(1940年)に光町(現:光市)に改名した現代地名。昭和16年(1941年)に虹ヶ浜駅から改名。駅の近くに虹ヶ浜があり、そこの懸山から浜にかけて、よく虹がかかることから「虹ヶ浜」の名がついた。【出典
・ 光(ひかり): 山口県光市。昭和15年に改称時の新命名。昭和15年に、光海軍工廠が開庁したことに因む。一種の瑞祥地名。【出典

■ 肥中(ひじゅう): 山口県
・ 南北朝期から見える地名。長門(ながと)国豊田郡のうち。賓重とも書く。肥中は、往古八ツ手の葉のように湾が幾つも入り込む天然の良港であったが、のちに土砂が埋積してその地位を特牛(こつとい)湾に譲った。地名の由来について、「地下上申」3は牝牛(ひんぎゆう)が誤って肥中になったとするが、「続山口県地名考」では湿地・泥地・ぬかるみ・湿原をいうものか、あるいはヒジの意で曲がった所のことか、としている。【出典

■ 日宛(ヒナタ): 山口県岩国市美和町日宛

■ 平生(ひらお): 山口県熊毛郡平生町。ヒラ(傾斜地)・フ(〜になった所)の転か。干潟が平らで尾のように海に突き出していたことによるという説もあるが疑問。【出典

■ 深溝(ふかみぞ): 山口県山口市深溝
・ 深溝駅(ふかみぞえき): 山口県山口市深溝字松原南。宇部線。嘉川の南にあり、江戸時代には深溝村だった。大部分は近世の干拓地。深溝は、フカミズ(深水)、つまり「湿地」のこと。【出典

■ 福江(ふくえ): 山口県下関市大字福江
・ 福江駅(ふくええき): 山口県下関市大字福江字浜野原。JR西日本・山陰本線。旧安岡町。フクエとは、吉見から安岡の村崎ノ鼻にかけて、緩やかに湾曲、つまりフクらんだ地形による。【出典

■ 福栄(ふくえ): 山口県阿武郡福栄村(萩市)。合併時の村名の、福川・紫福の「福」に、好字の「栄」を添えた瑞祥地名。【出典

■ 福川(ふくがわ): 山口県周南市福川

■ 藤生(ふじゅう): 山口県岩国市藤生町

■ 二見(ふたみ): 山口県下関市豊北町大字神田上字上二見
・ 長門二見駅(ながとふたみえき): 山口県下関市豊北町大字神田上字上二見。JR西日本・山陰本線。豊北町神田上の海岸。伝説に、海神を敬い「太海(フトウミ)」といったことからというが、ここは伊勢の二見浦と同様に、夫婦岩があることによる伝播地名と思われる。【出典

■ 船島(ふなしま): 山口県

■ 日置(へき): 山口県長門市日置

■ 戸田(へた): 山口県周南市戸田

■ 防府(ほうふ): 山口県防府市
・ 防府駅(ほうふえき): 山口県防府市戎町。JR西日本・山陽本線。周防国の国府があったことに因む。昭和37年(1962年)に三田尻駅から改名。三田尻は、御田(宮廷の御領田)の尻(末端)に開けた土地のこと。【出典
・ 防府駅(ほうふえき): 三田尻駅(みたじりえき)→防府駅。山陽本線。防府は、古代に周防国の国府が置かれた地。三田尻は、旧村名で、三田尻村と佐波村が合併して防府町になった。【出典

■ 豊北(ほうほく): 山口県豊浦郡豊北町(下関市)。合併時の新命名。豊浦郡北部に位置することの漢語表現。【出典

■ 保戸(ホド): 山口県山陽小野田市山野井保戸

★ 

■ 丸尾(まるお): 山口県宇部市東岐波丸尾
・ 丸尾駅(まるおえき): 山口県宇部市大字東岐波字切貫。宇部線。マルオとは、「丸みをもった尾根」のこと。【出典

■ 三井(みい): 山口県光市三井

■ 美川(みかわ): 山口県玖珂郡美川町。合併時の新地名。「美しい川」という瑞祥地名。【出典

■ 御庄(みしょう): 山口県岩国市御庄
・ 清流新岩国駅(せいりゅうしんいわくにえき): 山口県岩国市御庄。旧御庄駅(みしょうえき)。錦川鉄道。古くは錦川の渡し場として交通の要所だった。御庄は、「貴族などに寄進された荘園」のことらしい。【出典

■ 三隅(みすみ): 山口県長門市三隅
・ 長門三隅駅(ながとみすみえき): 山口県長門市三隅下。JR西日本・山陰本線。和名抄の大津郡に三隅郷とある。古くは伊勢神宮の神領があった。ミスミとは、「三角(ミスマ)田」のこと。古代には三角田(収穫を三等分した田)は特別なものだった。【出典

■ 三谷(みたに): 山口県山口市阿東生雲東分字三谷
・ 三谷駅(みたにえき): 山口県山口市阿東生雲東分字三谷。山口線。津和野と萩への分岐点の宿場で、音読して「サンゴク」ともいった。ミタニとは、「3つの谷川の合流点」のことで、古くから木材の集散地だった。【出典

■ 美東(みとう): 山口県美祢郡美東町。昭和29年(1954年)に合併時の新命名。美祢郡東部に位置することの漢語表現。【出典

■ 海土路(みどろ): 山口県岩国市海土路町(みどろまち)

■ 美祢(みね): 山口県美祢市

■ 宮野(みやの): 旧宮野村。山口県山口市宮野。
・ 宮野駅(みやのえき): 山口県山口市桜畠。山口線。開駅当時の村名で、昭和16年(1941年)に山口市へ。宮野とは、仁壁神社があることによる。【出典

■ 宮ノ馬場(みやのばば): 山口県宇部市東吉部宮ノ馬場

■ 向津具(むかつく):  山口県長門市油谷向津具

■ 椋野(むくの): 山口県岩国市美川町南桑西椋野
・ 椋野駅(むくのえき): 山口県岩国市美川町(みかわまち)南桑。錦川鉄道。古くは錦川舟運の物資の集散地。椋野とは、無患子(ムクロジ。「ムク」は落葉高木)のことか。【出典

■ 牟礼(むれ): 山口県防府市牟礼

■ 目出(めで): 山口県山陽小野田市大字小野田字目出
・ 目出駅(めでえき): 山口県山陽小野田市大字小野田字目出。小野田線。有帆川沿いにある。付近の化学工場製品の積み出し駅だった。言い伝えによると、神社に寄進された田、すなわち「免田(めんでん)」が転じたという。【出典

■ 毛利町(もうりちょう): 山口県周南市毛利町毛利町

★ 

■ 安岡(やすおか): 山口県下関市安岡
・ 安岡駅(やすおかえき): 山口県下関市安岡駅前。JR西日本・山陰本線。古代朝鮮の安楽(アラ)をヤスラと読んだことに因む。【出典

■ 柳井(やない): 山口県柳井市

■ 柳瀬(やなぜ): 山口県岩国市美川町四馬神柳瀬
・ 柳瀬駅(やなぜえき): 山口県岩国市美川町(みかわまち)四馬神(しめがみ)。錦川鉄道。柳は、梁を意味することが多いので、錦川の瀬に梁を仕掛けて漁をしたということか。【出典

■ 矢原(やばら): 旧村名。山口県山口市矢原。
・ 矢原駅(やばらえき): 山口県山口市矢原。山口線。江戸時代の旧村名。伝説に、土地の者が歳末に破魔矢を造って少売をしたからというが、ヤバラとは「湿原」の意味からでたものだろう。【出典

■ 山口県(やまぐちけん)

■ 由宇(ゆう): 山口県岩国市由宇町
・ 由宇駅(ゆうえき): 山口県岩国市由宇町南。JR西日本・山陽本線。平安時代に由宇郷と言われた地。由宇は、湯、温泉のこと。近くに由宇温泉がある。【出典

■ 行波(ゆかば): 山口県岩国市行波
・ 行波駅(ゆかばえき): 山口県岩国市行波。錦川鉄道。明治22年(1889年)に、北河内村の字名になって、昭和30年(1955年)からは岩国市行波。【出典

■ 湯田温泉(ゆだおんせん): 山口県山口市湯田温泉
・ 湯田温泉駅(ゆだおんせんえき): 山口県山口市今井町。山口線。以前は湯田駅といったが、昭和36年(1961年)に改名。湯田は文字通り、「温泉」に由来する。【出典

■ 湯玉(ゆたま): 山口県下関市豊浦町大字宇賀字湯玉
・ 湯玉駅(ゆたまえき): 山口県下関市豊浦町大字宇賀字湯玉。JR西日本・山陰本線。俗説に、近くに温泉が出たことからというから、「ユダ(湯田)・マ(間)」か。【出典

■ 湯本(ゆもと): 山口県長門市深川湯本
・ 長門湯本駅(ながとゆもとえき): 山口県長門市深川湯本字三反田。美祢線。湯本温泉への最寄り駅。【出典

■ 由良(ゆら): 山口県山口市佐山由良
・ 本由良駅(ほんゆらえき): 山口県山口市佐山字国木南。JR西日本・山陽本線。椿の種油が良質であったから由良と名付けられたというが、地名学的にはユラは、波が砂をゆりあげたり川の水が川砂をゆり集めた平らな土地のこと。昭和25年(1950年)に阿知須(あじす)駅から改名。アジ・スとは、粘土質の砂州のこと。【出典

■ 吉見(よしみ): 山口県下関市吉見本町
・ 吉見駅(よしみえき): 山口県下関市吉見本町。JR西日本・山陰本線。下関市の北部。ヨシミとは、葦見(アシミ)、つまり「葦の生えている土地」。葦は佳字ではないので、「吉」にした。ミは「土地」のこと。【出典

■ 余田(よた): 山口県柳井市余田

■ 四辻(よつつじ): 山口県山口市鋳銭司四辻

■ 米川(よねかわ): 旧米川村。山口県岩国市周東町
・ 米川駅(よねかわえき): 山口県岩国市周東町(しゅうとうまち)大字差川(さすがわ)。岩徳線。旧周東町の西部で、合併前の旧米川村の村名に因む。ヨネガワは島田川の上流の名で、古くはコメガワと言ったが、ヨネに改まったという。【出典

★ 

■ 

★ 

■ 和木(わき): 山口県玖珂郡和木町。近世の村名の脇村に因む明治22年(1889年)からの大字名に因む。古くは広島県大竹市とともに大滝村といわれ、大竹市側と区別するために、「脇大滝」といったことからという。【出典

■ 脇ガ鼻(わきがばな): 山口県大島郡周防大島町。
・ 瀬戸内海で三番目に大きな屋代島にある。海に突き出た場所を呼んだ。【出典

■ 和田(わだ):  山口県大島郡周防大島町和田

■ 渡川(わたりがわ): 山口県山口市阿東生雲東分字渡川
・ 渡川駅(わたりがわえき): 山口県山口市阿東生雲東分字渡川。山口線。江戸時代の村名に因む。阿武川の上流で、古来、山口から津和野、萩への街道にあり、文字通り「川を渡るところ」の意味。【出典

統計表示