「余田」の地名
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名の目次
   
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 余田(よでん) 
・ 平安時代以降から中世にかけて、荘園に本来認められた田地以外の田。台帳記載以外の田で、これが公認されると加納あるいは加納余田、加納田とよばれる。【この地名が危ない 大地震・大津波があなたの町を襲う 楠原佑介 幻冬舎新書】

■ 余田(よでん)
・ 平安時代から中世にかけて、荘園として本来認められた田地以外の田。台帳に記載された以外の田で、これが公認されると加納、または加納余田、加納田と呼ばれる。
・ 宮城県名取市の「余田」は歴史的に見ると荘園由来の地名ではない。先に「ヨタ」という地名があり、それに「余田」の漢字を当てた。【この地名が危ない 大地震・大津波があなたの町を襲う 楠原佑介 幻冬舎新書】
・ ちなみに、「ヨタ」とは…水が急に満ちたり干したりする流れ。三重県度会郡。風や潮流のために水面に生ずるうねり。静岡県榛原郡。D吐函「昔、ヨタの来た所があった」岩手県宮古市。ご澡瓩浮かぶ泡の集まり。伊豆大島。【日本国語大辞典】


■ 余田(はぐり): 福井県越前市余田町(はぐりちょう)。難訓であることから地名の由来については諸説ある。その1つに、「余里」と書いていたが、「里」の字の下の土の部分がとれて「余田」となったといわれる。つまり、この近郷は条里制の遺構が残っている地域であるが、丘陵地帯に深く湾入しており、大きく「里」の地を方形で区画しがたいここの地形は、条里制の「里の充たざるを余里部(はぐりべ)という」に由来するという。【出典

■ 余田(よた): 山口県柳井市余田。地名の由来ははっきりしないが、「和名抄」玖珂郡十郷のうちの余戸郷を充てる説もある。【出典

■ 余田(よでん): 平安時代末期から丹波国氷上郡にみられる地名。五大山・親不知の山間部。鎌倉期に余田又太郎為綱が関東から来住し、上鴨阪に城を築いて以来、一帯を余田谷と称するようになったという。法勝寺領御油荘の寄人が荘外の公田を耕作し、御油荘の余田と称して国の課役に従わなかったため、当地は荘園として立券され、賀茂神社に寄進された。なお、余田城は天正3年落城したが、城主余田氏は前山荘を根拠地として活躍したという。【出典

■ 余田郷(よでんのごう):  宮城県名取市余田。鎌倉時代から陸奥国名取郡にみられる郷名。「よんでん」とも呼ばれた。名名取市中央部増田の北に隣接する水田地帯。【出典

■ 余田村(よでんむら): 戦国時代に播磨国にみられる地名。地名の由来は、蔭山荘最北端にあって生産性の低い新しい開墾地で、免外開田として成立したことによると思われる。【出典

統計表示