「うら」の語源
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 語源集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ うら(浦、裏、末、裡、占、宇良、有楽)【出典

 \菽次K。ウレ(末)に同じ。

◆\遒両緡(方言:静岡県周智郡気多)。

 川の源流にあたる峰(方言:東京都西多摩郡)。

ぁ_次2縞(方言:京都府北桑田郡ほか)。

ァ‘江(方言:長崎県南高来郡千々石)。

Α々繊癖言:長崎県西彼杵郡茂木)。

А〔屬鬚ろす場所(方言:大分県北海部郡日代)。

─ヽぁ湖などの湾曲して陸に入り込んだ所。

 海岸。海辺。浜辺。水際。

 側(方言:宮城県玉造郡ほか)。

 内部。内側。

 裏。家の背後の部分。

 家の表の方。家の前(方言:奈良県吉野郡十津川)。

 畑地(方言:宮城県)

 東(方言:静岡県安倍郡)

亜)漫K綿(方言:伊豆、富山)。

院―戸邏莢萍松痢米猯標)。ムラの転か。

押 嵒宗廚竜奸N◆F蔭になる側。裏日本など。

※  銑い魯Ε蕁碧)の意味。ァ銑はウラ(浦)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示