「うら」の語源
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 語源集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ うら(浦、裏、末、裡、占、宇良、有楽)【出典

 \菽次K。ウレ(末)に同じ。

◆\遒両緡(方言:静岡県周智郡気多)。

 川の源流にあたる峰(方言:東京都西多摩郡)。

ぁ_次2縞(方言:京都府北桑田郡ほか)。

ァ‘江(方言:長崎県南高来郡千々石)。

Α々繊癖言:長崎県西彼杵郡茂木)。

А〔屬鬚ろす場所(方言:大分県北海部郡日代)。

─ヽぁ湖などの湾曲して陸に入り込んだ所。

 海岸。海辺。浜辺。水際。

 側(方言:宮城県玉造郡ほか)。

 内部。内側。

 裏。家の背後の部分。

 家の表の方。家の前(方言:奈良県吉野郡十津川)。

 畑地(方言:宮城県)

 東(方言:静岡県安倍郡)

亜)漫K綿(方言:伊豆、富山)。

院―戸邏莢萍松痢米猯標)。ムラの転か。

押 嵒宗廚竜奸N◆F蔭になる側。裏日本など。

※  銑い魯Ε蕁碧)の意味。ァ銑はウラ(浦)。

■ Ura(ウラ): 蒙古語のNura(湾)より、入江(湖)や海岸の名となった。(霞ヶ浦、阿漕浦、浦戸)。∪軛次∪遒両緡。H。に姪譟(浦賀、浦上、浦野、浦田、浦島)。【出典

■ 裏(うら): 石川県に多く、裏の地名に由来する。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

■  【浦】(ウラ): 浦はなにも海辺や川辺だけでは無い。内陸部の「浦」もある。古語では木の梢のことを、「うらき」という。「うら」は「末」のことで、末端を意味する。川の上流部、平野の末端、谷の奥などを意味する。 

■ ウラ:  ̄困蓮岾ご漾廚琉嫐にとられることが多いが、本来は海岸が入江や湾をなして入り込んでいる所をいう。西南日本の中でも九州などでは、陸地に湾入したところは必ず「〜浦」の名があり、たんなる海岸名ではない。「浦」という語は、外浦の「表」に対して「裏」という説があるが、それよりも外浦の本通りに対して、それから分派した支湾とみるのが適切で、ウラ(ウレと同様に末の意味)は、本来は樹木の本幹に対して枝葉または先端部(梢)を指す語だからである。「ウラ」は「どちら側」という意味もある。日照に因む地名の場合、一般に日向(ヒナタ、日当)、日影として区別されるが、日の当たる側を「日浦」、日当たりの悪い側を「影浦」という場合もある。四国地方から紀伊半島の山地にはこの例が多く、谷を挟んで、日浦と影浦の集落が対をなして存在する。内陸部で、川の上流部には「川浦」の地名があり、それの変化した「川浦(カオレ)」の地名も見られる。これらは、「川の末」で、川の先端や上流の意味となる。静岡県周智郡気多村(浜松市天竜区)で、川の上流を意味する。5楙觚で、家に対して畑地を「ウラ」という。ぁ蔑△療祥僉砲破未魄嫐する。富山県福野町(南砺市)に浦町という地名があるが、これは浜の意味ではなく、北を意味する。テ猯標吉野郡川上村付近の農家で、谷間の敷地の場合、敷地の谷側すなわち敷地よりも低い側をいう。Σ縄で、最も古い血縁団体による共同体の集落を「マキョ」というが、十二世紀頃から形成される地縁団体の新集落を「ウラ(浦)」とか、「シマ(島)」という。【出典

【注意: 個別の掲載地名は表記(訓み)の代表例で、上記の語彙と直接関係の無い場合もあります。】

統計表示