「クエ(クイ)」の資料集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ クエ(クイ)

・ 宝永元年(1704年)、羽後、秋田、津軽で大地震が発生。このときの崩山の崩壊で十二湖ができたという。この崩れを古語では「クエ」または「クイ」という。【出典

※ 宝永年間に羽後という表現はあったのだろうか?  

■ くい(杭、柆、食、喰、久井、久居)【出典

 .ヒ(杭。杙)で、「(境界などの)目印として杭を立てた所」をいうか。
◆.ヒ(食)で、「食い込んだような地形」、「食い違った地形」、「交差した地形」などを示すか。
 グイの転で、「茨などの密生した所」をいうか。
ぁ.エ(崩。潰)の転で、崖などの「崩壊地形」をいうか。
ァ.キ(岫)の転か。山中の穴の意味。

■ くえ(崩、久江、久重、久会、久恵、九会、久枝)【出典

 〇格れ(方言:奈良県吉野郡、徳島県ほか)
◆ヽ魁癖言:長野県南佐久郡、熊本県八代郡ほか)
 クヘ(柵)で、「柵、垣」などの所在を示すものもあるか。
ぁ.ヒ、クイの転のものもありうるか。
※ ´△脇飴譴離ユ、クエル(崩。潰)の連用形の名詞化。

統計表示