大彦命
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 用語集の索引集
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 大彦命(おおひこのみこと)

・ 第八代孝元天皇の皇子で、四道将軍の1人。第八代孝元天皇と物部系の鬱色謎命(うつしこめのみこと)との間に生まれた大彦命が阿倍氏の祖。

・ 大彦命は崇神10年に四道将軍の一人となって北陸から北上した。その子の建沼河別命は太平洋側から北上し、二人は現在の会津若松市付近で落ち合った。


・  大彦命から派生した一族: 「阿倍臣」「膳臣(かしわでのおみ)」「阿閉臣(あへのおみ)」「狭狭城山君(ささきやまのきみ)」「筑紫国造(つくしのくにのみやっこ)」「越国造(こしのくにのみやっこ)」「伊賀臣(いがのおみ)」。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示