「野と原」の語源
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 語源集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 「野と原」の違い

# 野: 自然にできた平らな原野。

・ 「野」とは水田化された平野を指し、「野口」とは「田んぼの入口」にあたいする。【出典

・ 「ノ(野)」は「ヌ」ともいう。相模野、武蔵野のように地名の語尾の「ノ」は、水が得にくいために開発が遅れ、近年まで林や草地が主な原野だった。【出典

# 原: 野を開墾した土地。開墾を意味する「墾(ほ)る」は「ハラ」になった。

【名字の謎学 博学こだわり倶楽部編 KAWADE夢文庫】

※ つまり「中野」と「中原」は意味が異なる。

・ 原は、平らで、集落のそばの原野を意味する。【地形を感じる駅名の秘密 東京周辺 内田宗治 じっぴコンパクト新書】  

・ 「ハラ」は広い平坦地を意味するが、開発が進まず草原になっているところが多い。この点では「ノ」と同じだが、「ノ」と違って傾斜地や山などには使われず、その示す範囲は狭い。台地の上の集落を「ハラ」といい、低地の集落を「ヤト」ということも多い。【出典

・ 「ハラ」は「「タヒラ(平)」に近い概念。また、開けたところ、広いところなどの意味がある。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

# 古代語では、小高い処にあるが「岡」とよぶほど高くないところの原野が「野」で、平地の原野が「原」だった。しかし、中世には混用されるようになった。【出典

# 原、平、奈良は同義: 原の地名は愛媛県に多い。【出典

# 「小野」の地名の意味

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示