「かが」の語源
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 語源集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ かが(利、香、蚊、鏡、耀、加加、加賀、鹿我、峨々、鹿賀、神ケ、香香)【出典

 ー覗陝芝生。芝原(方言:津軽、青森県)。

◆(臣海柄霖蓮カ(接頭語)+カフ(飼。生)が語源という。

 「摺鉢」地形。スリバチをいう方言のカガス(島根県知夫郡ほか)、カガツ(西国各地)からか。

ぁ]出した岩。カカラの語幹からか。

ァ.ケ(欠)の転、またはカ(欠)+ガ(処)、あるいは動詞のカガル(掻)の語幹で、崩崖など「崩壊地形、浸食地形」をいうか。

Α_嘆豺颪療素澱鰐勝

※ イつじつまが合う。

■ Kaga(カガ): 〜霖呂砲覆辰進臣鈎蓮鹿我・鹿賀・加賀原など。∪鉢地形。加賀地、加賀須野、加々須など。O出した岩。加加良沢など。げ嘆豺颪療素澱鰐勝【出典

■ カガ: .ウゲと同じ語で、カヌカともいい、草原のこと。青森県の津軽地方では、芝生を「カガハラ」という。加賀野という町名が盛岡市内に見られる。しかし、盛岡付近では芝生は「カヌカ」という。草地になった平坦地を意味し、全国に見られる。鹿我、鹿賀、神(カ)ヶ原、加賀原、鏡(カガ)島、香美(カガミ)」。◆巉Г衄」地形を意味する。擂り鉢の方言の「カガチ」に因む。加賀地、加賀須野、加々須。O出した岩を意味する。加々良沢。げ嘆豺颪療素澱鰐勝【出典

【注意: 個別の掲載地名は表記(訓み)の代表例で、上記の語彙と直接関係の無い場合もあります。】

統計表示