「ス・スカ」の語源
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 語源集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ ス・スカ

# ス(洲、須、栖、巣、素、酢、酸、菅、末、砂、周、守、住、数、寿、隅、修、角、収、諏、寸、出)【出典

 \榮語。ス(素)で、「ありのまま。純粋」の意味。

◆.后丙宗法スナ(砂)はス(砂)+ナ(土)の意味。

 ス(洲)で、土砂が堆積して水面上に現れた所。

ぁ_,稽されて堆積した土砂。山・川・池・海のどれにでもいう(方言:愛知県知多郡河和)。

ァヽつ譴旅鼎ず重イ盛り上がっている所(方言:広島県賀茂郡三津)。

Α\瀬(方言:長崎県南高来郡西有家)。

А^転漫癖言:伊豆八丈島、島根県邑智郡、長崎県諫早ほか各地)。

─〆宿諭癖言:大分県北海部郡日代)。

 河原(方言:島根県八束郡古江)。

 ス(巣。栖)で、「住み処」に通じる語。「場所」を示す接尾語的に使われるか。

 きのこのたくさん生えている場所(方言:富山県高岡)。

 青物市場(方言:茨城県真壁郡)。

 ス(酸)で、「酸味のある様子」をいう語か。

 スミ(隅)の意味か。

 スキ(隔)の意味か。

亜.好亜閉勝砲琉嫐か。

院〇音のシュウ(収)などの転か。

# スカ(菅、渚、須賀、須加、須ヶ、修家、周賀)【出典

 ヽい鳳茲辰森眞蓮癖言:千葉県夷隅郡)。砂丘(方言:静岡県小笠郡)。

◆ヽけ茲い虜獣蓮癖言:岩手県、茨城県多賀郡ほか。)波打ち際(方言:仙台)。砂浜海岸。

 砂州(方言:宮城県亘理郡荒浜、岡山県御津郡。)

ぁ〆獣呂隆崖磧癖言:壱岐。)

ァ\遒僚АC羹(方言:岡山市。高知県長岡郡国府ほか)。

Α\遽茲い旅眞蓮癖言:上総)。川縁の地(方言:常陸国の鹿島や行方周辺)。河川の自然堤防か。

А…稈枠(方言:茨城県稲敷郡)。田の中の西瓜をを作る畦(方言:山口県)。低地の中の微高地。

─‘飴譴離好ス(透)の語幹で、「隔間のある状態」、「穴状の地形」などをいうか。

 スガの清音化か。

 ス+ケ(助詞)〜のものもあるか。

■ 洲(す): 川の中にある島状の陸地。【名字でわかるあなたのルーツ 森岡浩 小学館】

統計表示