「くま」の語源
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 語源集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ クマ(熊、隈、神、前、久方、久間、球磨、苦麻)【出典

 .マ(曲)で、「(川などの)湾曲点。曲がり目。角」の意味。コマとの類音類義に注意。

◆.マ(隈)で、「奥まった所。隈」、「辺鄙な所。片田舎」の意味。

 クマ(阿、暈)で、「暗く蔭になっている所」の意味。

ぁ(のふくらみ。

ァ〇海力爾ら峰につづく稜線。(方言:対馬)

Αヽつ譴の岩と岩の間の砂地(方言:千葉県安房郡千倉町平館)。

А/席に供える米(供米)による地名か。

─‘以のクマ(熊)に因むものもあるか。

 動詞のクマス(「剥き出す。形のあるものをバラバラにする。くずす」(方言:岐阜県郡上郡、静岡県榛原郡ほか)の語幹から、「崩壊地形」を示すものもあるか。

■  隈(クマ): 湾曲を表す。「隈川:湾曲した川」

■ Kuma(クマ): .▲ぅ霧譴撚山。「熊石:クマ(横山)ウシ(ある所)。曲がった谷間。※類語:KomaKoba)>Kuma。あ類語:Kume>Kuma。セ海力爾ら峰に続く稜線。ζ以の熊。「久万、隈、球磨、苦麻、熊本、熊野、熊取沢、熊沢」。【出典

■ クマ: 水流の屈折している地形。水に臨んだ丘陵の端。中国地方以西では久万または隈と書く。東北地方の阿武隈もこれから出たらしい。安房国では海の深い底の岩と岩との間の砂をクマという。々眞了圓竜徊川沿いの久万(クマ)は川沿いの平地の呼称。▲灰泙療勝クメ→クマ。だ虱娶の沿海漁村で、海底の砂地を意味する。シ─【出典

■ 「くま」の地名: 「くま」地名は全国に約900。「熊」「隈」など。

【注意: 個別の掲載地名は表記(訓み)の代表例で、上記の語彙と直接関係の無い場合もあります。】

統計表示