「クズ・クジ・グジョ」の語源
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 語源集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ クズ・クジ・グジョ【出典

# クズ(葛、車、薬、樟、楠、崩、久豆、九頭、国樔、国栖)

 ‘飴譴離ヅレル(崩。頽)の語幹で、「崩壊地形」を示す用語。クヅ(屑)も同語源。

◆.泪甓覆量∪多年草のクズ(葛)に因む地名もあるか。

 砂地の浜。

ぁ.ニ(国)+ス(栖)、またはクニ(国)+スミ(隅)の約で、上代の土着先住民にちなむ地名もあるか。

ァ.スの濁音化。

※ 大部分は,琉嫐の地形地名用語と解してよいと思われる。

# クジ(鬮、鯨、久地、久慈、久寺、狗子、久次、久知、久治)

 .シの濁音化か。

◆‘飴譴離ジク(挫)の語幹で、「痛め、損う」の意味、またはクジル(抉)の語幹で「えぐる」の意味から、崩崖などの「崩壊地形」を示すか。

 同じくクジ(挫)から「勢いを弱める」の意味。すなわち山丘の鞍部などをいうか。

ぁ.チ(朽)の濁音化も考えられるか。

ァ.ヅ(崩)の転か。

Α荘園制の労役のクジ(公事)に関係する地名もあるか。

Аゞ畧で逝爾龍ν地の割替制の鬮田や鬮地によるものもあるか。

■ Kuzira(クジラ): 鯨、小鯨、鯨山、鯨峠、久地楽、久白(クジラ)、久知良、久次良、串良、楠白(クジラ)」。【出典

■ クジラ: 鯨山、鯨岳、鯨岡など、鯨のつく山や岳は、表面のごくなだらかな形状。【出典

■ Kusu(クス): ‘錙F錙楠木など。越える。Jれる。ぞ綢紊琉緡鼎飽むもの。【出典

■ Kuzu(クズ): 、類語:Kusu。「葛(クズ)、葛貫」。∈獣呂良諭「葛浜、葛谷(クズヤ)」。5機「葛島、葛塚」。た∧の葛。「葛生」。サ般遒領嗅遒僚賛佑箸い説がある。「玖珠、国栖」。【出典

■ クズ: ^γ慮常滑市で、粘土の硬いものをクズといい、昔はナメとも言った。今では山にあるものも、海にあるものもクズ。波打ち際にあるものもクズ。▲スの転。砂地の浜。さ機≪沺ゥズ(屑)はクズレルの語根。【出典

【注意: 個別の掲載地名は表記(訓み)の代表例で、上記の語彙と直接関係の無い場合もあります。】

統計表示