「スキ」の語源
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 語源集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ スキ(次、宿、鋤、須木、須岐、周木、周枳、数寄)【出典

 〆純地。ス(砂)+キ(接尾語)という語形か。

◆‘飴譴離好(透。隔)の連用形で、「隔間。谷間」をいうか。

 動詞のスキ(剥)の連用形で、「薄く切り取られた状態」から崩崖など「崩壊地形、浸食地形」をいう語か。

ぁ.好(坏)で、「高所」をいうか。ツキ(坏)に同じ。

ァ‘飴譴離好(好)の連用形で、「風流、風雅好み」の意味か。数寄屋造り、茶道に関連する地名か。江戸幕府の数寄屋衆にちなむか。「数寄」は当て字。

Α.好(直)の転か。

А.好、シュクの転もあるか。

─仝殿緜鮮語で「村」の意味のスクに由来するものもありうるか。

 大嘗祭でユキ(斎忌)の国についで第二番目に斎忌を捧げる国郡をいうスキ(主基)の国郡によるか。

※ ┃の用例はほとんどないと思われる。

■ Suki(スキ): 〆純地。村(須木、須岐、主基、周木、木次)。0押【出典

■ スキ: スキは、村落を意味する語で、村をいう朝鮮の古語。スキリともいう。我が国の上代の姓(カバネ)の一つにスクリ(村主)というのがあり、県主に属して戸口、祖調の仕事をした職名で、多くは帰化人をもってあてた。スクリはスキリからきたといわれ、スクロ(勝呂)も同様という。【出典

【注意: 個別の掲載地名は表記(訓み)の代表例で、上記の語彙と直接関係の無い場合もあります。】

統計表示