「あく・あくみ」の語源
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 語源集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ あく、あくつ、あくた、あくと【出典

# あく(飽、明、安久)

 アクタ(芥)の略で、「低湿地」。

◆.▲亜幣紂砲療召如◆峭盻蝓廖

 石灰岩質の土壌。(方言:群馬県多野郡)

※ ,撚鮗瓩任るものがほとんど。

# あくつ(圷、明津、悪津、阿久津)

 \遽茲い猟禺消蓮

◆…號紐阿旅銘蓮癖言:埼玉県北葛飾郡)

# あくた(芥、垢田、悪田、明田、阿久田)

 .▲ト、アクツ(圷)などと同じく「低湿地」。

◆.▲亜幣紂法椒拭塀茵砲如◆峭盻蝓廚。

# あくと(悪戸、肥土、明戸、悪土、灰土、飽戸、阿久戸)

 .▲タ、アクツと同じく低湿地の地名。

◆\遽茲い涼鰐H醉爐涼蓮  

■ あくみ(飽見、明見、飽海)【出典

 .▲(灰汁)+ミ、またはアクタ(芥)+ミの略で、「湿地」系の地名。

◆.▲泥澆療召發△襪。

※ ほとんどは,琉嫐。

■ Akumi(アクミ): 類似語:Azumi。東部瀬戸内に多い。「飽海、飽見、明見、(阿久比、飽波(アクナミ))」。【出典

■ Agu(アグ)・Aku(アク): [犖譟Ako。低地。(安宮(アグ)、安久山、飽海(アクミ)、飽見、明見、安久比、阿蔵、阿宮、安倉、飽浦(アクラ)、飽波(アクナミ)、鮎食(アクイ)川」。【出典

■ アク: ヽタ紊髻屮▲」というのは、一般的に使用されるが、灰を「アク」というのは、山形県の庄内地方、東北地方、栃木県、群馬県、新潟県、長野県、三重県、高知県、宮崎県、鹿児島県などで言われる。なお、岩手県、宮城県、福島県では「アグ」という。灰水を「アク」というのは、灰を「アク」といったのが語源で、灰でアクミズを作るので、灰水もアクというようになったと思われる。秋田県鹿角郡(鹿角市)で、灰の塊を「アクマラ」といい、秋田県大曲市(大仙市)の角間町ではユルリ(イロリ)の灰を、「ホドアグ」といい、山形県の庄内地方では、白くて軽く飛び散りやすい灰を「アクベ」という。7嫁聾多野郡では、石灰岩を「アクイワ」といい、栃木県では石灰製造業者を「アクヤ」という。【出典

【注意: 個別の掲載地名は表記(訓み)の代表例で、上記の語彙と直接関係の無い場合もあります。】

統計表示