「ツル」の語源
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 語源集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ ツル(鶴、弦、釣、蔓、敦、絃、津留、都留、水流)【出典

 〆拂垢曲がった所。川沿いの地に多い。

◆.張蕕療召。

 三河国で、峰続き。流れ出た尾根。二つのクボの間に突出した山崎。

ぁ々銘蓮H(方言:福岡)

ァ…瓩砲舛覆瑞祥地名か。

■ つる: 九州では細い川の流れを「つる」と言った。南九州では「水流」、北九州では「津留」と書いた。【名字でわかるあなたのルーツ 森岡浩 小学館】

■ Turu(ツル): 水路。水路のある低地。中国地方の中部には少ないが、全国的に見られる。「水流(ツル)、釣、都留、津留、鶴川」。【出典

■ ツル: ゞ綵で川の両岸の山が急に遠のいていて、やや広い平地をなすところ。「鶴」「釣」「津留」「都留」「水流」と書く。東日本の「トロ」と同じで、静かな水を湛える場所をいう。したがって、必ず川が屈曲しているようだ。深田の中に水路を残して、そこだけは稲を植えずに、耕作するときに、舟を通す水路を「田ヅル道」というが、この場合のツルは水路のこと。名古屋市の中心部に鶴舞公園(ツルマキ・ツルマこうえん)に水路がある。これは、本来は「ツルマ」であったのを「鶴舞」の佳字を使用したものという。「ツル」の地名は、九州内でも、特に南部に多く見られ、大分市の今津留は、別府湾に注ぐ大分川と支流の裏川との間に囲まれた地域。∪朕晃の五戸地方では峰続きの線や峰筋を「ツル」といい、丘陵地帯となって延びて、その尖端は、川目または沢目で水によって断たれており、ツルには必ず川目、沢目がある。「ツリ」「ツレ」「ツラ」「ハシリ」ともいう。九州の九重連山の、「坊ガツル(大分県久住町・竹田市)は、中岳、大船山、三俣山、久住山などの高い山に囲まれた盆地状の草原。【出典

【注意: 個別の掲載地名は表記(訓み)の代表例で、上記の語彙と直接関係の無い場合もあります。】

統計表示