「クラ」の資料集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ クラ(蔵、倉)

・ 全国に分布する地名で、「岩の露出した崖や断崖」を意味し、岩場の多い高い山にみられる。【出典】  

・ 古語でクラとは?

■ くら(倉、庫、蔵、掛、暮、闇、座、峅、堯鞍、暗、位、双、車、内蔵)【出典

 〇鈎罎寮擇衫った岩盤。岩盤。断崖。(方言:岩手県和賀郡ほか全国各地)
◆〇海隆笋梁燭そ蝓癖言:岐阜県揖斐郡徳山村塚)。
 谷を意味する古語。
※ 以上の 銑は動詞のクル(刳)の連用形のクリの転か。あるいはクル、またはクユ(崩)の語幹のクに接尾語のラがついた形で、「崩壊地形、浸食地形」を言う用語か。
ぁ.ラ(座)で、「座所」、「場所」の意味か。ク(処)から出た語か。
ァ〃鼠道譴離ラシ(暗)の語幹で、「暗い所、日蔭地」などを示すか。
Α.ラ(蔵)で、令制の大蔵省、内蔵寮およびその職制にちなむ地名か。
А.ラ(倉、蔵)で、一般に「倉庫」を示す地名か。この語はオク(置く)+ラ(接尾語)の意味という。
─’呂稜悗砲里擦襯ラ(鞍)の形による見立て地名もあるか。

統計表示