「トキ・ツキ」の語源
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 語源集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ ツキ・トキ【出典

# ツキ(月、築、槻、杯、調、尽、付、春)

 々盻蝓B翆蓮F飴譴離張(突)の連用形で、「突き出した所」をいうか。動詞のツク(築)と同根という説もある。ツカ(塚)と同系とも考えられるか。

◆‘飴譴離張(突)の連用形で、「突き出た所」、「突き当たりの地」などもいうか。

 動詞のツク(築)の連用形で、「埋立地」をいう。

ぁ‘飴譴離張(付)の連用形で、「二つのものがぴったり一つになった地形」をいうか。

ァ‘飴譴離張(漬)の連用形で、「水につかる所」をいう場合もあるか。

Α‘飴譴離張(尽)の連用形で、「それが尽きる所」。すなわち「台地の端の崖」などをいうか。

А.張(調)で、古代の租庸調の調(布など)を納めた所をいう場合もあるか。

─〃遒亡悗垢訖仰と関係する地名もあるか。

 「月」のイメージからくる瑞祥地名

 ケヤキの古称のツキ(槻)で、その植生によるものもあるか。

 ツギの転もあるか。

# トキ(時、常、鴇、土岐、都畿)

 ‘飴譴離肇(解)の連用形、「バラバラにほどける」の意味から「崩壊地形、浸食地形」をいうか。

◆.張の転、あるいはトコの転で、「高くなった所」をいうか。

 トガの転で、「尖った所」をいうか。

ぁ 峪」、「常」の用字のものには、中世の名起源のものが多い。

ァ.肇科の鳥の棲息によるものもあるか。

統計表示