「サコ」の語源
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 語源集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ サコ(谷、迫、岶、峪、作、窄、浴、砂、栄、坂、阪、佐古、佐子、左近)【出典

 〇海糧根と尾根の間(方言:美作)。

◆‘宗癖言:大分)。

 山の中断(方言:岐阜県山県郡)。

ぁ〇海侶γ蓮癖言:奈良県吉野郡、香川県三豊郡五郷ほか)。

ァ〇街腓い侶γ蓮癖言:徳島県ほか四国地方各地)。

Α|(方言:長野県北安曇郡ほか各地)。小さい谷(方言:奈良県吉野郡ほか西日本各地)。

А/紊領れていない谷(方言:岐阜県郡上郡、宮崎県椎葉ほか)。

─〇街腓い亮消蓮B堯癖言:兵庫県美方郡熊次、熊本県天草島ほか)。

 山の間の狭くなった所。深田(方言:宮崎)。

 谿谷(方言:島根県大原郡)。

 山が迫ってその間を平地が細く通りぬけている所(方言:鹿児島県肝属郡)。

 谷の行き詰まりになっている所(方言:出雲)。

 土地の低い窪んだ所(方言:香川県三豊郡)。

 砂地。イサゴ(砂)の上略形もあるか。

※ サ(狭)+コ(処)という用語か。サク、セコにも通じる。

統計表示