「シマ」の資料集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 「シマ」

# 「島」「嶋」「嶌」

# 水に浮かぶ島だけで無く、周囲より小高い場所や、特定の区画を「島」と言った。【名字でわかるあなたのルーツ 森岡浩 小学館】

# ヤクザの世界などでよく使われる「シマ(自分たちの占有地?)」などはその代表で、どう考えても「水に浮かぶ島」とは言えないものね。

# 「川島」「」「島田」「島貫」「中島」「小島

# 「しま」の地名

# シマ: 「シマ」は「他から隔離された所」という意味。地名上は「小区画」の呼称をいう。沖縄県では「シマ」は村落を意味し、島嶼は「ハナレ」と呼ぶ。また、氾濫原の中の自然堤防上の微高地も「シマ」と呼び、そこに成立した集落を「〜シマ」という。【出典

■ Sima(シマ): ‥隋岩礁。田のある所。川沿いの耕地。B次の啀顱「島、島々島尻八十島志摩四万、志万」。【出典

・ 四万温泉(しまおんせん): 群馬県吾妻郡中之条町四万

・ 島々(しましま): 長野県松本市安曇

・ 島尻(しまじり): 沖縄県島尻郡

・ 八十島(やそじま): 富山県富山市八尾町

■ シマ: _脇暫罎療臙呂鬚いΑその他、山形県の飛島では、海中の砂地、因幡国の長尾付近では磯を意味する。⇔圧紊任篭仁い琉嫐もある。E舫戮呂發舛蹐鵐轡泙世、静岡県志太郡、安倍郡、賀茂郡では、海面上に出ている岩を意味する。千葉県安房郡千倉(南房総市)では、波に出没する岩礁を意味する。ぅ轡泙賄效呂陵用上、他の部分と異なる範囲を表す詞で、集落またはその内の小区画をいい、新潟県、長野県、岐阜県、鹿児島県南部、沖縄県で使用される。ゥ筌ザ仲間が、その縄張りの一部を、勢力範囲の一家から預かって死守する範囲をシマという。δ耕邯下伊那郡の遠山川流域では、田地の連なるところをシマといい、それに対して畑をカイトという。【出典

【注意: 個別の掲載地名は表記(訓み)の代表例で、上記の語彙と直接関係の無い場合もあります。】

統計表示