「タキ・タケ」の語源
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 語源集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ タキ・タケ【出典

# タキ(滝、武、建、高、竹、岳、嶽、田喜、田木、多気、多岐、多紀、多喜)

 〇魁癖言:琉球石垣島)。

◆〇格△竜涎梗价蓮癖言:熊本県球磨郡)。

 絶壁。崖(方言:島根県鹿足郡日原、徳島県祖谷、熊本県八代郡ほか)。

ぁ〇海梁ξ任搬ξ任隆屬梁堯癖言:静岡県富士郡上井出)。

ァ\遒領れの急な所(方言:岐阜県揖斐郡徳山村塚、奈良県吉野郡)。

Α〃崖から激しく流れ落ちる流水。瀑布。滝。

А〃鼠道譴離織タギシに関係し、「高低のはげしい、険しい地形」をいうか。

# タケ(岳、嶽、崇、武、竹、丈、建、炬、健、多気)

 〇魁9盪魁「岳」、「嶽」の用字で、山名語尾としても使われる。語源は、動詞のタケル(長)の語幹のタケか。

◆々盻蝓9發なった所。

 川の上流。山岳地方の集落(方言:鹿児島県肝属郡高山)。

ぁ/仰と関係のある山の称(方言:福島県南会津郡伊北、長野県上伊那郡ほか)。

ァ.瀬韻汎韻犬、崖などの「崩壊地形、浸食地形」をいうか。

Α〃部にちなむ地名もあるか。

А.ぅ猷覆凌∧のタケ(竹)の植生による地名か。また、竹製品の製造・販売に関係する地名もあるか。

─‐消歿澆砲舛覆瑞祥地名

 形容詞のタケシ(猛)の語幹で、「荒々しい」の意味もあるか。

■ Taki(タキ): |燃魁∋魁(※類語:Takko)。「多芸野(タギノ)、田儀、多岐、丹木(タキ)、田北(タキタ)、滝田」。滝。「滝沢、滝尻、滝下、滝ノ宮」。【出典

■ Take(タケ): ヽ魁淵瀬韻茲蝓法「岳、岳湯、武山、多景島、田下(タゲ)。∋殻召慮貳。「〜岳」。【出典

■ タキ、ダキ: ^で塙顱長門国で断崖をいう。ダキはタキの強化で、四国地方で使われる。滝というのはもちろんだが、古典のタキは川の流れの急なところぐらいの意味で、岐阜県揖斐郡徳山村(揖斐川町)でもその意味。D杭蠍五島の若松町(新上五島町)有福で、屋敷の周囲の植え込み、垣根がわりの立木をタキという。げ縄本島の首里を中心とする島尻、中頭の地方では、村の鎮守の斎場をウタキ(御嶽、御岳)というが、これは遠く眺望のきく高所に位置しているので、御タキといったもので、同様の聖地を奄美大島や沖縄の他の島々では、ウガミ(拝み)、オン、ワーなどという。【出典

■ タケ: 々發せ魁岳、嶽。高いのタカと同じ。傾斜地、崖、地滑りの意味。【出典

■ ダケ: [γ羚颪隆篌蠏粥羽後国の仙北郡などで、岩石の露出することがおびただしい、岩山で、比較的樹木の少ない山であるという。∪朕晃五戸地方で高山または奥山をいう。H騨の蒲田、今見、丁佐谷付近では、山といわずダケ(岳)という。こ魁断崖、岸壁を兵庫県美嚢郡(三木市)、徳島県美馬郡(美馬市)、讃岐国、香川県小豆島、愛媛県青島(大洲市)、岡山県邑久郡(瀬戸内市)、山口県平郡島(柳井市)、山口県玖珂郡、大分県、長崎県などでいう。【出典

■ タキグチ(滝口):  崑譴陵遒糎」のことか。蔵人所に属し、宮中の警護に当たった武士にちなむ地名もあるか。御所の清涼殿の東北方に御溝川の落ち口があり、その近くに詰め所があったことから。【出典

■ タキシタ(滝下): ‥豕都西多摩郡小河内の方言で滝壺。▲織・シタ(下)という地名。【出典

■ タキシブチ: 新潟県魚沼郡銀山平の方言で、滝壺。【出典

【注意: 個別の掲載地名は表記(訓み)の代表例で、上記の語彙と直接関係の無い場合もあります。】

統計表示