地名の歴史と雑学
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 九州独特の地名【出典
・ 〜原(はる): 新田原、田原坂など。開墾された地名を意味する「墾る(はる)」が転じた。古代朝鮮語の「ぼる」に由来するともいう。
・ 八重(はえ): 古代に、九州南部に住んでいた「隼人」の村名に由来する。または「岩礁」の意味。
・ 触(ふれ): かつて、「村」が「むれ」と読まれたなごり。朝鮮語の「プル(集落)」に由来するともいわれる。
・ 籠、搦、開(こもり、からみ、ひらき): 干拓によって土地が開かれた場所につけられた地名。
・ 別府(びゅう): 別府とは「神社の領地」のこと。南九州には、これを「びゅう」と読む地名が多く見られる。
(代表例)
鹿児島県曽於市大隅町荒谷上別府(アラタニウエンビユウ)
宮崎県児湯郡川南町川南番匠ケ別府(カワミナミバンシヨウガビユウ)
・ 水流(つる): 水の湾曲部にできた小平地のこと。朝鮮語に由来すると言われ、「鶴」「津留」などとも書く。
・ 牟田(むた): 草が茂っている沼や湿地を意味する。それから転じて、その開発地を表す地名となった。
・ 麓(ふもと): 薩摩藩内の外城(とじょう)の周りにあって、武家屋敷群が作られた地域を意味する。

■ 原初の日本語には、「濁音」や「ラ行音」で始まる単語はなかった。
・ 「出る(でる)」は、昔は「いづ」。「誰(だれ)」も、昔は「た・たれ」。「どれ・どこ」も、昔は「いづれ・いづこ」。
・ 「上」「神」「熊」は、同源語という説もある。
・ 「次(つぎ)」は、「すき」から転じた。「木次(きすぎ)」。
・ 近江(おうみ)は「あふみ」から転じた。
・ 琵琶湖にアイヌがいたことは、地名からも明白。
湖東平野に、「イソ(磯・石)」「イネ(稲)」「イヌ(犬)」「イチ・エチ(市)」の地名が集中している。
・ 犬上は稲神(いなかみ)の転で、稲神は日本武尊の子の稲依別王(いなよりわけのみこ)を指す。
・ 「イヌ」自体が「アイヌ」を指し、ここにアイヌが住んだという地名の遺構ともいえる。
【日本地名学を学ぶ人のために 吉田金彦・糸井通浩 世界思想社】

■ 地名のタイプ【出典

 仝貂型: 多くの地名は、方言や共通語によって表された、土地の環境的な特徴にあわせて名づけられた。また、いくらかの人名や特殊事情に基づいて名づけられた地名もみられる。

・ タロウ(太郎・田老): 陸中海岸に「田老」の地名があり、肥後国には「赤松太郎」「佐敷太郎」「津奈木太郎」の三つの峠の名前がみられる。「タロウ」という方言は本州では確認していないが、八丈島には「タイロ(平地または山上の草地)」がある。「タイロ」は「タイラ」に由来する。

◆〔餌卸拭А‘本の地名も、縄文人や弥生人といった民族と同じく、一つのルツボの中に、日本的な性格をもつ地名として育った。そのために日本の地名を外国語で解決しようとする試みは、多くの場合徒労である。しかし、よく観察すると、その融合されて日本の上代語に由来すると思われる多くの地名の中にも、多民族語由来の地名がみられ、それによって民族混合や融合の歴史の跡が判明する可能性がある。アイヌ語由来や朝鮮語由来などである。

# アイヌ語の地名

・ 「ナイ」の地名: バチラーの辞書には「北海道では『小川』に、樺太では『大きい川』に『ナイ』という表現を使う。『ナ』は『水』、『イ』は『位置を示す接尾語』」とある。一方、日本の古語に、川や水を意味する『ナイ』は無く、朝鮮語やマライ語にも無いという。また『ナイ』の地名は北海道に加えて東北地方にも多く見られる。すなわち、『ナイ』の地名の分布はアイヌ語的な性格を持っているが、奥州、特に北部に多い『ナイ』の地名は日本語で、『内(うち)』を『ナイ』と読む院内・阿内・庄内などの地名、そのほか『余納』からくると思われる『米内(よない)』の地名がある。つまり分布上アイヌ型と大和型になる。これらは、今まではアイヌ語由来として区別されてこなかったが再検討を要する。

・ 「半濁音」の地名: アイヌ語には朝鮮語などよりも著しく半濁音が混じっている。日本語ではP音はF音からさらにH音に転訛した。そこで、その半濁音、つまり「Pa、Pi、Pu、Pe、Po」の音を含む地名を地図上で探すと、北海道に密集し本州北部に点在し、四国九州にはほとんどみられない。これからするとアイヌ語の特徴とみてとれる。また北海道の地名は奥州の地名よりも、アイヌ語の地名を日本語の表記により受け継いでから日が浅い、それに加えて北海道の人口密度が低いために、まだ十分に日本語化されていない。

・ 「ホロ・ポロ」の地名: 「ホロ」はアイヌ語で「大きい」という意味で、北海道には「美幌」「幌別」「札幌」などの地名がみられる。日本の上代にも「ホロ」がみられ、日本古語辞典には「ホロ(保呂)ホ(帆)ロ(接尾語)・空気を利用した戒衣」とあり、これを意味する地名としては「母衣下山(ホロオロシ)・岩手県遠野市)があるが、一般には「ホラ(洞)」と同根のホロである。岩手県の「袰綿(ホロワタ)」は「洞和田」、青森県の「大幌内川」は「大洞内川」と考えられる。満州語には「ホロ(山谷)」があり、朝鮮語の「コホル(洞)」も同根であろう。洞はもとはシラギ語で「谷」であったが、それが谷地にある集落名となり、高麗や李朝では、やや広い意味で「町村」の意味に転じ、平地の集落名ともなった。洞の地名は「コホル」や「トング」などと現在は呼ばれている。「ホロ」の地名の分布をみると、北海道全域には多く見られるが、渡島半島にくると少なくなり、その状態が東北地方中部まで続く。

# 朝鮮語の地名

・ 「フリ・フレ」の地名: 「フリ」や「フレ」は朝鮮語では「プル」、古朝鮮語では「ポル」といい、意味としては「火」「村」の両方がある。その解釈としては「火を使用するところは、人煙があがり、そこは集落である。」ということ。朝鮮系の出雲族が大和を占拠して「布留(フル)」の地名を残したことが知られている。日本における分布は、ほとんど全国に広がるが、中央日本と西南日本にはとくに多く見られる。また、一番固まってみられるのは「壱岐島」である。壱岐島は丘陵状の地形で、多数の集落が存在し、その大部分が「何々フレ(触)」の地名になっている。壱岐島の「フレ」地名の約55%は方向を意味しており、「東西南北左右」の接頭語を持つ。

・ 「クレ」の地名: 「クレ(呉・久礼)」は「カラ(韓)」の転語とか、「クリ(句麗)」の転訛などとみられている。日本における「クレ」地名の分布は、主に西日本にみられ、特に出雲から瀬戸内海にかけて多い他、東海地方にも多い。「クレ」地名は二つに分かれ、それは「地形由来」と「朝鮮のクリ由来」である。

# 大和語の地名

・ 「ツル」の地名: 「ツル」はアイヌ語では「濁」「垢」を意味する。「鶴」は朝鮮、満州、ウスリー地方にいる水禽であるから、その名も鳥と一緒に渡来したかのように考えられている。朝鮮語ツールは「野」で、朝鮮にも「城坪(ショングツール)」や「升平(シュングツール)」があるから、日本特に九州に多い「ツル」の地名は、朝鮮系の地名であると考える学者があった。マライ語の「ツルム」には「土地が窪む」「落ちる」などの意味がある。日本の古語には「蔓」「釣」があり、「ツラ(連・熟)」からの転訛であるとされている。このように多様な解釈があり、また広い範囲に分布する「ツル」の地名は、いかように解釈されるのが正しいのだろうか。「ツル」の地名を一つ一つ地図に当たってみると、結局「ツルの地名は水路のある平地にある」ということがわかる。すなわち朝鮮語のように、ただの「原野」ではない。原野の中にツルの主意は無く、むしろ水路のほうにツルの真意があることは、日本語をツラツラ考えて見るとわかる。このツラツラ考えの「ツラ」と氷柱の「ツララ」は、「連なる」や「つづく」という意味を持っている。「津良」という地名もあるが、「ツラ」から転訛した「ツル」には、「鶴・蔓・釣る・吊る」などの語がある。鶴は首の長いこと、蔓や、釣る、吊るにも、長いという意味が含まれている。深田に水路を残して、そこだけに稲を植えず、耕作するときの田舟を通す水路を「田ヅル道」というが、この「田ヅル」の「ツル」が「水路」である。

・ 「ヌタ・ニタ」の地名: マライ語で「ヌッター」は「淫水」「種子」のこと。アイヌ語で「ニタッ」は「湿地に木の生えた部分」のこと。日本の古語の「柔軟」を意味する「ニタ」がある。この三つの民族語には、意味の上で相通じるものがあり、地名の個数は東北日本に多いし、アイヌ語の解釈が一番即地的であるから、アイヌ語であるように思われることが多い。しかし、一度この「ヌタ」「ニタ」の地名の分布をみると、ただちにその大部分はアイヌ語系ではなく、大和文化の遺産であることがわかる。「ヌタ」「ニタ」の地名は、北海道にもわずかに見られるが、その多くは津軽海峡より南の地域にみられる。

# マライ語の地名

・ 「アゴ・アコ」の地名: 日本国内には海岸や河川などの、水に縁のある場所に、「アコ」や「アゴ」の地名が見られる。この地名の意味は、日本の古語、アイヌ語、朝鮮語などでは、適切な内容が見つからないが、マライ語辞典によると明快な解釈がみられる。すなわち「アゴ」には「頸飾(くびかざり)」、「アゴック」には「ブローチ、数珠の頸飾」という意味がある。この語根型の地名は、中央及び西南日本に分布する。そして、この地名はさらに、南方の国外まで散在している。これらの地名は潜水漁に巧みな海洋民族の残したものと思われ、志摩半島の「英虞(アゴ)湾」もそれで、英虞湾で有名な真珠の貝の名は「アコヤ貝」であることを考慮すると、その関係は明白である。また、この「アコ」「アゴ」の地名の分布する海岸は、海女(アマ・海士)が現在も働いているところ。この地名は、最初は真珠などの飾り玉を収集する海岸に命名されたものが、そこから真珠のない海岸に移住した漁夫らをも呼ぶ名前となった。

・ 「タラ」の地名: 満州語に「タラ(野外)」の地名があり、朝鮮語の学者はこれで朝鮮の「タラ」地名や、日本の「多良」や「多羅」まで解釈しようとしている。ところが、「タラ」の地は、多羅・大良などが南朝鮮にあるだけで、中部以北の朝鮮や満州にこの地名は見られない。アイヌ語には「タラ」は無く、根室半島近くに「多楽(タラウク)島」があるが、これはアイヌ語の「鱈をとる島」で、日本語による。マライ語の「タラ」は「平らな」という意味。日本にある「タラ」地名は「小平地」である。「タラ」地名は九州に多く、中国・四国地方には少ない。

■ 地名の正しい書き方【出典

・ 文部科学省?は、地名は当用(常用)漢字以外の表記も認められているが、「わかりやすくカナを用いてもいい」と言っており、事実上「難しい漢字は使うな」と言っているのと同じである。そのために地方自治体の「ひらがな命名」が大流行である。

・ 外国の地名表記: 現地音カナ書きが(原則)。

・ 国内地名の表記: 

■ 地名の発生年代は決められるか

・ 江戸時代の「新田(しんでん)」。平安時代前期の「別所」。白鳳時代の「神戸(かんべ)」などは確定されている。【出典

■ 地名はどんな形で分布するか【出典

# 「空洞」といわれる「地名のない部分」の現象

・ 山の名称で「〜岳」という名の分布をみると、中国地方と四国地方に空白区がある。それらの地域では「〜仙」「〜森」などの表記が目立つ。これらの空洞(地域)は「抵抗空洞」と「周圏空洞」に区分される。

 …餽涯洞: ある新しい同じ語根型の地名が多く発生して、広い地域に広がってゆくときに、その途中にあたる部分に、古い別の地名が集団をなして、抵抗しているために、そこには新しい地名が空白部を形成する。

◆ー圏空洞: ある地名型が文化の中心から四方に広がってゆくとき、都に近いまわりの土地がすでに開墾されつくしているとき、新村はそこよりも、もう一つ外側に発達する。これは一種の抵抗だが、同心円的な形の上から、周圏空洞として区別する。

# 伝播する地名

・ 同じ語根の地名が広がるときに、「放射伝播」と「西から東への伝播」の二つの傾向がみられる。

 (射伝播: 文化の中心地からその周囲に広がる。

◆\召ら東への伝播: 早く開けた文化地域から次第に開発されていく地方に伝播する。

# 双子地名

・ 雌雄・男女・上下・東西・大小などを接頭語として、たとえば「男体山」「女峰山」などと対立する地名ができる。これらを双子地名という。双子地名には多くの場合、その両地名の間には政治的な境界(県境など)がある。

■ 地名の名義を考える方法【出典
 ,いつかの同類の地名を集めて比較する。
◆|録涵紊筝獣呂任△燭辰討澆襦
 方言辞典でそのような言葉がないかを調べる。

■ 地名の由来【出典
・ 岳: 山よりも険しくて、頂上が尖った山を「岳」という。
・ 峰: 山の尾根の突出した部分を「峰」という。
・ 曲・隈: 曲がりくねってることを意味する。
・ 浜は海流に乗って移動する: 和歌山から房総半島へ。
・ 平: 東北地方では「タイ」読み、西日本では「ナラ」「ナル」読みがある。

■ 日本で一番行政地名(市町村名)が多いのは北海道の179。2位は長野県の77、一番少ないのは富山県の15。ちなみに山形県や群馬県は18位で35。【出典

■ 文明の進歩と人の交流が繁くなるにつれ、地名は細分化されてくる。広域地名から分割地名に性格を変えていくのが趨勢である。一方、細分化されたままの小地名では不便なので、主に政治や経済上から、それらをまとめた新しい広域の統合地名が生まれる。国名や県名、郡名、市名などがそれ。【日本地名学を学ぶ人のために 吉田金彦・糸井通浩 世界思想社】

・ 柳田國男の「地名の研究」によると、「最初は一地点または一地形に付与した名前を、これを包含している広い区域にも採用していく風習がある。」とのことである。つまり「地名は生長する」ということのようだ。「埼玉」の地名がその代表だろうか。また、地名(呼称)は統合地名を越境して呼ばれることがある。たとえば、埼玉県に住んでいるのに、「どこにお住まいですか?」と聞かれたら、「東京です」と答えるようなものだ。正確には「東京の方」ということなのだろうが、都道府県名は認知度が低い場合もあるので、近くの大都市名などを仮借することがあるのである。「消防署の方から来た」のような表現だと、ある種「悪徳商法」に使われるような表現になっていまいますが、居住地のこの程度の軽い詐称は、問題無いことの方が多い。 

■ 昔の一等地は谷間だった。【出典
・ 谷間は防御に適している。水利も良い。周囲が山で燃料の薪がとれる。

■ 渡島蝦夷(わたりしまのえみし)と粛慎(みしはせ)
・ 斉明天皇4年〜6年(658〜660年)に、阿倍比羅夫の北航の記事中に、渡島蝦夷(わたりしまのえみし)と粛慎(みしはせ)がでてくる。渡島は当初は越の国の一部とされ、後には出羽国の延長と位置づけられたが、日本の支配領域の最遠の蝦夷として認識されていた。渡島は北海道説と本州北部説があり、本州説では粛慎の居住地を北海道と考えている。最近の定説は北海道としている。【日本古代史地名事典 雄山閣】

統計表示