「遠野」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 遠野(とおの): 岩手県遠野市

・ 地名は「遠胆沢」と同様の用法と思われる「遠閉伊」の野、の意であろう。【出典

・ はるか昔、遠野は湖底にあり、アイヌ語で「トオ・ヌップ(湖のある丘原)」と呼ばれていた。【都市データパック2011年版・東洋経済新報社】

・ 「トオ」は「峠」の詰まったもの。【出典

・ 「遠閉伊(とほのへい)」の下略。又は、「タヲ(撓んだ地形)」+「ノ(野)」の転か。アイヌ語説は付会。【出典

・ 以下のような様々な説があると言われる。【岩手県庁のサイトより】

(1) 閉伊の先、閉伊の奥の意味で呼んだ汎称「遠閉伊」の野原という意味

(2) 山間の遠い野

(3) アイヌ語のト(沼)ヌプ(野)

(4) 「東野」の意味で東方の野

(5) 「撓野(タワノ)」の転訛で、たわんだ地形の盆地  

・ 「遠閉伊(とほのへい)」の下略形という。または「タヲ(ゆがんだ地形)」+「ノ(野)」の転か。アイヌ語説は附会。【出典

# 遠野駅(とおのえき): 岩手県遠野市新穀町(しんこくちょう)。釜石線

アイヌ語由来

統計表示