北海道の地名の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 北海道の地名集
名字と地名の由来&古代語とアイヌ語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 北海道の地名の約8割はアイヌ語に関係するという。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】

■ 北海道以外のアイヌ語由来の地名集

■ 北海道の由来

■ 「最長片道切符の旅」にみる地名と名字のあれこれ

■ 北海道の地名の特徴 

・ 内地由来の地名

・ アイヌ語由来(音を引き継ぐ)

・ アイヌ語由来(意味を引き継ぐ)

・ 人名由来

■ 内地由来の地名

# 内地から北海道に移り住んだ人たちが、出身地の地名をつけた。ただし、以下にあげるすべてが出身地の地名に由来するかは未調査ですが、一部は現在存在する地名と明治時代初期に移り住んだ地域が離れているケースもあるようです。

【愛知】(あいち): 久遠郡せたな町北檜山区愛知

【秋田】(あきた): 北海道常呂郡置戸町秋田

【秋田】(あきた): 北海道枝幸郡中頓別町秋田

【岩手】(いわて): 北海道枝幸郡中頓別町岩手

【宇摩】(うま): 北海道深川市宇摩

【越後】(えちご): 北海道江別市越後沼

【越前】(えちぜん): 北海道岩見沢市栗沢町越前

【越中】(えっちゅう): 北海道古宇郡泊村興志内村越中澤

【岡山】(おかやま): 北海道三笠市岡山。北海道岩見沢市岡山町。

【甲斐】(かい): 北海道虻田郡京極町甲斐、虻田郡倶知安町山梨、余市郡赤井川村山梨、虻田郡豊浦町山梨

【加賀】(かが): 北海道夕張郡長沼町加賀団体

【香川】(かがわ): 北海道室蘭市香川町

【金沢】(かなざわ): 北海道石狩郡当別町金沢

【京極】(きょうごく): 北海道虻田郡京極町。

【熊本】(くまもと): 北海道夕張郡由仁町熊本

【栗沢】(くりさわ): 北海道岩見沢市栗沢。開拓者の名前にちなむ。

【讃岐】(さぬき): 北海道磯谷郡蘭越町讃岐

【信濃】(しなの)
・ 北海道札幌市厚別区の札幌市立信濃小学校にその名を残す。
・ 千歳市信濃

【白石】(しろいし): 北海道札幌市白石区

【鶴岡】(つるおか): 北海道上磯郡木古内町鶴岡

【栃木】(とちぎ): 北海道常呂郡佐呂間町栃木

【徳島】(とくしま): 北海道久遠郡せたな町北檜山区徳島

【鳥取】(とっとり):  北海道釧路市鳥取支所

【広島】(ひろしま): 北海道北広島市広島

【福井】(ふくい): 北海道札幌市西区福井

【宮崎】(みやざき): 北海道古平郡古平町港町宮崎ノ沢

【山形】(やまがた): 北海道夕張郡由仁町山形

【山梨】(やまなし): 北海道虻田郡倶知安町山梨

■ アイヌ語由来(音を引き継ぐ)

# アイヌ語で表現していた「音(おん)」に漢字をあてたもの。

【赤平】(あかびら): 北海道赤平市

【網走】(あばしり): 北海道網走市

【安平】(あびら): 北海道勇払郡安平町

【阿分】(あふん):  留萌本線の阿分(あふん)駅

【幾寅】(いくとら): 北海道空知郡南富良野町幾寅

【石狩川】(いしかりがわ):  北海道

【糸魚沢】(いといざわ): 北海道厚岸郡厚岸町糸魚沢

【宇曽丹】(うそたん): 北海道枝幸郡浜頓別町宇曽丹

【浦臼】(うらうす): 北海道樺戸郡浦臼町

【鶉】(うずら): 北海道檜山郡厚沢部町鶉

【鵜苫】(うとま): 北海道様似郡様似町鵜苫

【宇登呂】(うとろ):  北海道斜里郡斜里町ウトロ

【浦見】(うらみ): 「ウラル・マイ」で、「いつも霧がかかる」街に由来する。

【江丹別】(えたんべつ): 北海道旭川市江丹別町

【遠軽】(えんがる): 北海道紋別郡遠軽町

【大狩部】(おおかりべ): 北海道新冠郡新冠町大狩部

【丘珠】(おかだま): 札幌市東区丘珠町

【奥尻】(おくしり): 奥尻島

【筬島】(おさしま): 北海道中川郡音威子府村物満内字筬島

【納内】(おさむない): 北海道深川市納内

【忍路】(おしょろ): 北海道小樽市

【忍路子】(おしょろっこ): 北海道紋別郡西興部村忍路子 

【尾白内】(おしろない): 北海道茅部郡森町尾白内町

【尾岱沼】(おだいとう): 北海道野付郡別海町尾岱沼

【大楽毛】(おたのしけ): 北海道釧路市大楽毛

【小樽】(おたる): 北海道小樽市

【音威子府】(おといねっぷ): 北海道中川郡音威子府村

【落部】(おとしべ): 北海道二海郡八雲町落部

【雄信内】(おのっぷない): 北海道天塩郡幌延町雄興字雄信内

【帯広】(おびひろ): 北海道帯広市

【面白内】(おもしろない): 北海道雨竜郡雨竜町面白内

【香深村】(かふかむら): 北海道礼文郡礼文町香深村

【神居古潭】(かむいこたん): 旭川市。

【木古内】(きこない): 北海道上磯郡木古内町

霧多布】(きりたっぷ): 「茅を刈るところ」。

【釧路】(くしろ):  北海道釧路市

クッチャロ湖】: 北海道枝幸郡浜頓別町

【倶知安】(くっちゃん): 北海道虻田郡倶知安町

【国縫】(くんぬい): 北海道山越郡長万部町国縫

【琴似】(ことに): 北海道札幌市琴似

【咲来】(さっくる): 北海道中川郡音威子府村咲来

【札比内】(さっぴない): 北海道樺戸郡月形町札比内

【札幌】(さっぽろ): 北海道札幌市

【猿骨】(さるこつ): 北海道宗谷郡猿払村

【猿払】(さるふつ): 北海道宗谷郡猿払村

【猿別】(さるべつ): 北海道中川郡幕別町猿別

【猿留】(さるる): 北海道えりも町

【然別】(しかりべつ): 北海道余市郡仁木町然別

【標茶】(しべちゃ): 北海道川上郡標茶町

【士別】(しべつ): 北海道士別市

【占冠】(しむかっぷ): 北海道勇払郡占冠村

【積丹】(しゃこたん): 北海道積丹郡積丹町

【白老】(しらおい): 北海道白老郡白老町

【知床】(しれとこ): 北海道目梨郡羅臼町知床岬

【新十津川】(しんとつがわ): 北海道樺戸郡新十津川町

【寿】(すっつ): 北海道寿都郡

【節婦】(せっぷ): 北海道新冠郡新冠町節婦

【銭函】(ぜにばこ): 北海道小樽市銭函

【宗谷】(そうや): 「岩のある海岸」を意味する。

【大雪山】(だいせつさん): 北海道

【近文】(ちかぶみ): 北海道旭川市近文町

【秩父別】(ちっぷべつ): 北海道雨竜郡秩父別町

【千歳市】(ちとせし): 北海道千歳市

【知来乙】(ちらいおつ): 北海道樺戸郡月形町知来乙

【白人】(ちろっと): 北海道中川郡幕別町

【月寒】(つきさむ): 札幌市豊平区月寒西

【手稲】(ていね): 北海道札幌市手稲区

【天売】(てうり): 北海道苫前郡羽幌町天売

【手塩】(てしお): 「梁のある川」を意味する。

【弟子屈】(てしかが): 北海道川上郡弟子屈町

【遠浅】(とあさ): 北海道勇払郡安平町遠浅

【十勝】(とかち): 北海道十勝郡

【苫小牧】(とまこまい): 苫小牧市。

【苫前】(とままえ): 北海道苫前郡苫前町

【豊平】(とよひら): 札幌市豊平区

【苗穂】(なえぼ): 札幌市東区苗穂町

【七飯】(ななえ): 北海道亀田郡七飯町

【新冠】(にいかっぷ): 北海道新冠郡新冠町

【鵺抜村】(ぬえぬんけむら): 北海道十勝地方

【糠内】(ぬかない): 北海道中川郡幕別町糠内

【野寒布】(ノシャップ)岬: 北海道稚内市

【野田生】(のだおい): 北海道二海郡八雲町野田生

【能取】(のとり): 北海道網走市能取

【信砂】(のぶしゃ): 北海道増毛郡増毛町信砂

【抜海】(ばっかい): 北海道稚内市抜海

【発寒】(はっさむ): 北海道札幌市西区発寒

【初田牛】(はったうし): 北海道根室市初田牛

【発足】(はったり): 北海道岩内郡共和町

【早来】(はやきた): 北海道勇払郡安平町早来

【春志内】(はるしない): 旭川市神居町

【緋牛内】(ひうしない): 北海道北見市端野町緋牛内

【美瑛町】(びえいちょう): 北海道上川郡美瑛町

【比布】(ピップ): 北海道上川郡比布町

【美唄】(びばい): 北海道美唄市

【美馬牛】(びばうし): 北海道上川郡美瑛町美馬牛

【美々】(びび): 北海道千歳市美々

【美留和】(びるわ): 北海道上川郡弟子屈町美留和。アイヌ語の「ペルケイワナイ(近くの小川)」が「ペルア」に転訛し、それに漢字をあてた。

【広尾】(ひろお): 北海道広尾郡広尾町。

【広島】(ひろしま): 北海道北広島市

【琵琶瀬】(びわせ): 北海道厚岸郡浜中町琵琶瀬

【風連】(ふうれん): 北海道名寄市風連町

【富良野】(ふらの): 北海道富良野市

【別当賀】(べっとが): 北海道根室市別当賀

【母恋】(ぼこい):  北海道室蘭市母恋北・南町

【幌加内】(ほろかない): 北海道雨竜郡幌加内町

【幌向】(ほろむい): 北海道岩見沢市幌向

【増毛】(ましけ): 北海道増毛郡増毛町

【丸瀬布】(まるせっぷ): 北海道紋別郡遠軽町丸瀬布

【稀府】(まれっぷ): 北海道伊達市南稀府町

【鵡川】(むかわ): 北海道勇払郡むかわ町

【武佐】(むさ): 北海道釧路市武佐。北海道標津郡中標津町武佐。

【女満別】(めまんべつ): 北海道網走郡大空町女満別

芽室】(めむろ): 北海道河西郡芽室町

【藻岩】(もいわ): 北海道札幌市南区

【妹背牛】(もせうし): 北海道雨竜郡妹背牛町

【紋穂内】(もんぽない): 北海道中川郡美深町紋穂内

【止別】(やむべつ): 北海道斜里郡小清水町止別

【夕張】(ゆうばり): 北海道夕張市

【勇払】(ゆうふつ): 北海道苫小牧市勇払

【余市】(よいち): 北海道余市郡余市町

【蘭留】(らんる): 北海道上川郡比布町

【陸別】(りくべつ): 北海道足寄郡陸別町

【利尻】(りしり): 利尻島。海道利尻郡利尻町。

【留萌】(るもい): 北海道留萌市。

【礼受】(れうけ): 北海道留萌市礼受町

【礼文】(れぶん): 北海道礼文郡礼文町

【稚内】(わっかない): 北海道稚内市

【和寒】(わっさむ):  北海道上川郡和寒町

■ アイヌ語由来(意味を引き継ぐ)

# 浜中(はまなか): 北海道厚岸郡浜中町(はまなかちょう)

■ 人名由来

# 入植者(開拓者)の人名などに由来する。

【池田町】(いけだちょう): 北海道中川郡池田町

【京極町】(きょうごくちょう): 北海道虻田郡京極町

【伊達市】(だてし): 北海道伊達市

【月形町】(つきがたまち): 北海道樺戸郡月形町

【永山】(ながやま): 北海道旭川市永山町(旧上川郡永山町)

【沼田町】(ぬまたちょう): 北海道雨竜郡沼田町

【比羅夫】(ひらふ): 北海道虻田郡倶知安町比羅夫

■ その他

【渡島】(おしま): 日本書紀の斉明天皇4年(658年)4月に「渡島蝦夷」と出てくるが、当時は「わたりしま」と読んだらしい。この「わたりしま」は秋田から津軽を指した。その「わたりしま」の概念が北上し、今の地域になった。「わたりしま」とは蝦夷の南端を意味したようだ。

【計呂地】(けろち): 北海道紋別郡湧別町計呂地

【光栄】(こうえい): 北海道夕張郡由仁町光栄。昭和11年に陸軍特別大演習の際、「野外御統監之地」と定められたことを光栄としたことに由来する。

【桑園】(そうえん): 札幌市中央区。和名で、庄内藩士がカイコを育てるための桑畑に由来する。

【野花南】(のかなん): 北海道芦別市野花南。由来は不明。

函館】(はこだて): 北海道函館市

【鳩山】(はとやま): 北海道夕張郡栗山町鳩山
・ 北海道の栗山町にある「鳩山」という地名は、鳩山由紀夫元総理の曾祖父の鳩山和夫の農場があったことに由来する。鳩山神社や鳩山池もあるらしい。

【歯舞】(はぼまい): 歯舞諸島
・ 北方四島の一つの歯舞諸島。この地は戦前は「水晶諸島」と呼ばれていた。水晶諸島の中心となる水晶島は、アイヌ語の「シィショ(大きな磯)」に由来し、安政4年(1857年)の松浦武四郎の「東西蝦夷場所境取調書上」にも記載がある。歯舞諸島は昭和29年に地理調査所(現在の国土地理院)がまとめた「主要自然地域の名称」で書かれたものが定着した。元々は、GHQが昭和21年1月29日に使った「Habomai Group」に由来した。

【伏見】(ふしみ): 北海道虻田郡喜茂別町伏見。地名は当地に伏見稲荷神社があることによるという。明治33年岩手県から南部団体28戸が入植。【角川日本地名大辞典】

【八雲】(やくも): 北海道二海郡八雲町

【米原】(よねはら): 北海道勇払郡むかわ町米原(よねはら)。水田地帯で原のような眺めであったことに由来する。

■ 地名とアイヌ語

# アツ: オヒョウニレ
# イサム: 無い、無くなる
# イワ: (神聖な)山、岩山
# ウェン: 悪い、良くない
# ウシ: 処(ところ)
# ウシ: 群生する
# ウス: 入江、湾
# ウン: 〜にいる
# エルム: ネズミのこと。
# オ: 川尻
# オタ: 砂、砂浜
# オペリ: 割れている
# オマ: ある
# オンネ: 老いた、大きな
# カムイ: 神
# キムンカムイ: ヒグマ
# クンネ: 黒い、暗い
# コタン: 集落、村
# サル: 葦原。 「猿払」「サロベツ」
# シ: 本流の、大きい
# シリ: 岬、島、山、頭。 「奥尻」「利尻」
# シル: 大地
# ソー: 滝
# タクネ: 短い
# タプコプ: たんこぶ山
# タンネ: 長い
# チャシ: 砦、柵囲い
# チリ・チカ: 鳥
# トー: 湖、沼、池
# トイ: 土
# トマム・トマン: アイヌ語で湿地のこと。
# ナイ: 川、沢。 「稚内」
# ニ: 木、樹木、棒
# ニセイ: 峡谷
# ヌイ: 火炎
# ヌプリ: 山
# ノッ: 岬
# パンケ: 川下、〜の下
# ピパ: 沼貝、カラス貝
# ピラ: 崖
# ピリカ: 良い、きれいだ
# フラ、フーラ: 臭い。 「富良野」
# フレ: 赤い
# ペッ: 川。 「サロベツ」
# ペンケ: 川上、〜の上
# ポ、ポン: 小さい
# ポロ: 大きい。 「札幌」
# マク: 後ろ
# ミンタラ: 庭、広場、空間
# : 静かな、小さい
# ヤム: 冷たい。
# ユ: 温泉
# ユク: 鹿
# ラ: 下
# ラム: 低い
# : 高い。 「利尻」
# リク: 上
# : 道
# ルル: 海、海水
# レタル: 白い
# ワッカ: 飲料水、水、質の良い水。 「稚内」

■ 「最長片道切符の旅」にみる地名と名字のあれこれ 本文へ

# 広尾(ひろお): 北海道広尾郡広尾町

# 帯広(おびひろ): 北海道帯広市

# 新得(しんとく): 北海道上川郡新得町

# 富良野(ふらの): 北海道富良野市

# 旭川(あさひかわ): 北海道旭川市

# 遠軽(えんがる): 北海道紋別郡遠軽町

# 生田原(いくたはら): 北海道紋別郡遠軽町生田原

金華(かねはな): 北海道北見市留辺蘂町金華

留辺蘂(るべしべ): 北海道北見市留辺蘂町。

# 野付牛(のつけうし): 北海道網走市の旧名

北見(きたみ): 北海道北見市

置戸(おけと): 北海道常呂郡置戸町

小利別(しょうとしべつ): 北海道足寄郡陸別町小利別

大誉地(およち): 北海道足寄郡足寄町大誉地

足寄(あしょろ): 北海道足寄郡足寄町

本別(ほんべつ): 北海道中川郡本別町

# 池田(いけだ): 【詳細

浦幌(うらほろ): 北海道十勝郡浦幌町

厚内(あつない):  北海道十勝郡浦幌町厚内

直別(ちょくべつ): 北海道釧路市音別町直別

音別(おんべつ): 北海道釧路市音別町

白糠(しらぬか): 北海道白糠郡白糠町

大楽毛(おたのしけ): 北海道釧路市大楽毛

釧路(くしろ): 北海道釧路市

厚岸(あっけし):  北海道厚岸郡厚岸町

浜中(はまなか): 北海道厚岸郡浜中町(はまなかちょう)

# 霧多布(きりたっぷ): 【詳細

厚床(あっとこ): 北海道根室市厚床

根室(ねむろ): 北海道根室市

# 別海(べっかい): 北海道野付郡別海町

# 奥行(おくゆき): 北海道野付郡別海町奥行

# 西別(にしべつ): 北海道野付郡別海町中西別

# 計根別(けねべつ): 北海道標津郡中標津町計根別

# 養老牛(ようろううし): 北海道標津郡中標津町養老牛

# 泉川(いずみかわ): 北海道野付郡別海町泉川

# 標津(しべつ): 北海道標津郡標津町

# 美留和(びるわ): 北海道川上郡弟子屈町美留和

# 川湯(かわゆ): 北海道川上郡弟子屈町川湯

# 斜里(しゃり): 北海道斜里郡斜里町

# 浜小清水(はまこしみず):  北海道斜里郡小清水町浜小清水。

# 濤沸(とうふつ): 北海道網走地方

# 網走(あばしり): 北海道網走市。

# 能取(のとろ): 北海道網走市能取

# 常呂(ところ): 北海道北見市常呂町

# サロマ湖(さろまこ): 北海道の網走地方の湧別町・佐呂間町・常呂(ところ)町にまたがる潟湖。

# 計呂地(けろち):  北海道紋別郡湧別町計呂地

# 志撫子(しぶし): 北海道紋別郡湧別町志撫子

# 芭露(ばろう): 北海道紋別郡湧別町芭露

# 湧別(ゆうべつ): 北海道紋別郡湧別町

# 興部(おこっぺ): 北海道紋別郡興部町

# 紋別(もんべつ): 北海道紋別市

# 渚滑(しょこつ): 北海道紋別市上渚滑町

# 名寄(なよろ): 北海道名寄市

# 美深(びふか): 北海道中川郡美深町

# 紋穂内(もんぽない): 北海道中川郡美深町紋穂内

# 恩根内(おんねない):  北海道中川郡美深町恩根内

# 咲来(さっくる): 北海道中川郡音威子府村咲来。

# 音威子府(おといねっぷ):  北海道中川郡音威子府村

# 頓別(とんべつ): 北海道枝幸郡浜頓別町頓別。

# 鬼志別(おにしべつ): 北海道宗谷郡猿払村鬼志別

# 稚内(わっかない): 北海道稚内市

■ ワンポイント

# 山田秀三のアイヌ語の研究によると、アイヌ語地名は宮城県北部と秋田県南部を結ぶ線より北にみられる。

# 知里真志保によると、「ペッ」は本来のアイヌ語で、「ナイ」は樺太・千島系の外来語。【この地名が危ない 大地震・大津波があなたの町を襲う 楠原佑介 幻冬舎新書】

# アイヌ民族は縁起の悪い所や危ない所に「ウエン」の言葉をつけた。「雨煙内」など。宗谷はかつて、ウェントマリ(悪い泊まり)、ソーヤ(岩島)、ノッテトウ(顎・鼻・岬)と呼ばれた。

# 徳島藩とのトラブルで、淡路島を領していた家老稲田家が集団で移住したのが静内郡静内町。

# 大沼、小沼、貧乏山
・ 大沼: アイヌ語のポロ(大きい)+ト(沼)。
・ 小沼: アイヌ語のポン(小さい)+ト(沼)。
しかし、知里真志保の「アイヌ語学」によると、
・ 「ポロ・トー」は、一般には「大きな・沼」と訳されるが、「ポロ」はもともと「親の」という意味。
・ 「ポン・トー」は、一般には「小さな・沼」と訳されるが、「ポン」はもともと「子の」という意味。

# ワルイ川、ポンワルイ川: 北海道の国縫から長万部の間。「ポン」って、「大きな」とか「親」とかの意味だったかなぁ。まるで、「悪い川」、「非常に悪い川」みたいな。


【参考資料】

・ 北海道の地名謎解き散歩 新人物文庫
・ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示