守護
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 用語集の索引集
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 守護(しゅご)

・ 鎌倉幕府・室町幕府が置いた武家の職制で、国単位で設置された軍事指揮官・行政官。まぁ、今で言えば官選の県知事のようなものか。

・ 守護は、検察官兼裁判官の役割をなし、いわゆる行政官的に役割は持っていなかった。

・ 室町時代、幕府の領地は江戸時代よりもはるかに少なく、守護からの貢ぎ物が財政源だった。将軍の権限として一番大きかったのが、「守護の跡目でもめたときの決定権」だった。

■ 守護代(しゅごだい)

・ 守護職の代理をつとめた。守護職は同時に数カ国(最大11カ国という例もある)の守護職に就任することもあり、実際には守護職が現地に赴いて管理した。

■ 室町時代の守護大名で幕末まで残ったのは、京極家、島津家、佐竹家、細川家だけ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示