「松岡」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「ま」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 松岡(まつおか)

【2019/01/16:改編】

# 135位: 代表家紋: 「松岡違い鷹の羽紋」「五三桐紋」【知っておきたい家紋と名字 別冊宝島】

# 信濃の松岡氏は信濃国伊那郡松岡郷(長野県下伊那郡高森町)をルーツとする。

# 豊後の松岡氏は豊後国大分郡松岡(大分県大分市松岡)をルーツとし、大友氏の一族。

# 陸奥の松岡氏は陸奥国糠部郡松岡(岩手県二戸市浄法寺町)をルーツとし、浄法寺氏の一族。後に南部藩士

# 岩手県の松岡家: 南部藩士

# 長野県の松岡家: 信濃国伊那郡松岡郷(長野県高森町)をルーツとし、松岡郷の地頭を努めた。【出典】 

# 元プロテニスの松岡修造の先祖は摂津国有馬郡塩瀬村ノ内生瀬村(兵庫県西宮市塩瀬町生瀬)の門閥家で、農業を営み公職を歴任した。

【苗字の謎が面白いほどわかる本 丹羽基二】より
・ 尾張・三河の松岡氏は松岡真人を祖とし、熱田神宮の神官の出。
・ 奥州の豪族の松岡氏は桓武平氏畠山氏
・ 播磨の松岡氏は村上源氏赤松氏
・ 豊後国大分郡松岡をルーツとし、大友氏の出。
・ 関連姓氏: 松丘、松岳。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示