南部藩
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 藩のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 南部藩(岩手県盛岡市)

・ 南部家20万石・外様。

・ 南部大膳大夫

・ 南部家は小笠原家の同族で、甲斐国巨摩郡南部を領していたが、源頼朝が奥州藤原氏を滅ぼした後、陸奥国糠部郡の地頭になった。1619年に盛岡に転じた。

・ 明治維新後、盛岡藩は20万石から13万石へ減知して宮城県の白石に転封と決まった。しかし、領民が反対運動を行った。その結果、転封は撤回され70万両の献金にさしかえられた。【江戸300藩の意外な「その後」 日本博学倶楽部 PHP研究所】

・ 盛岡藩: 戊辰戦争による死者は112人。【江戸300藩の意外な「その後」 日本博学倶楽部 PHP研究所】

・ 幕末に、南部藩は、楢山佐渡、東中務。楢山佐渡は、兵を率いて官軍派の秋田藩を攻撃したが、北越の諸藩や二本松藩三春藩棚倉藩などが降伏。8月29日には米沢藩、9月15日には仙台藩、9月22日には会津藩が降伏し、会津藩が残った。あれ?庄内藩は。【名家老列伝 組織を動かした男たち 童門冬二 PHP文庫】

・ 岩手県の県北は主として盛岡に居を構える盛岡藩南部家。もともと、「南部」という名は、甲斐国の郷名(現在の山梨県南部町)で、南部家のルーツは武田源氏と言われている。南北朝時代に奥羽に居を移して、戦国時代に「八戸系」と「三戸系」に分かれた。その後、「三戸系」は盛岡に居を移す。陸奥国岩手郡(盛岡市)10万石(ただし、幕末に北方警備のため20万石に石高を見直し(領地はそのまま)→役高加増みたいなものか?原敬、東条英機、両総理は南部藩の家臣の出。

# 盛岡藩ともいう。盛岡に藩庁を持つ。外様。城持。中世初頭糠部(ぬかのぶ)5郡に領地を得て八戸(はちのへ)に入部し、以来陸奥北部に勢力を有した南部氏が、近世初頭不来方城を本拠として南の方にも力を及ぼし、信直を藩祖として幕府体制下の南部藩を開いた。【出典


【注意】転封などがあるため、藩主や石高には変化があります。ここでは一例を掲載しています。

統計表示