「長沼」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 長沼(ながぬま)

【2022/09/14:改編】

# 代表家紋

# 藤原北家秀郷流武蔵七党の西党などにみられる。

# 下野国の長沼氏は、芳賀郡長沼荘(栃木県芳賀郡二宮町長沼)をルーツとする。藤原北家秀郷流。鎌倉時代に、御家人となり、承久の乱後、宗政は淡路国の守護になって、以後建武期まで独占した。室町時代には結城氏に従い、のちに伊達氏に仕え、江戸時代には仙台藩士。【出典

# 安芸国の長沼氏も同族。1336年に秀春が毛利時親に従って安芸国に下向した。以来、代々毛利氏に仕え、江戸時代には長州藩士。【出典

# 南部藩士の長沼氏も同族。【出典

# 武蔵の長沼氏は、多摩郡長沼(東京都八王子市長沼町)をルーツとする。武蔵七党の西党の出。【出典

# 下総国の長沼氏は、結城氏の支流。【出典

# 現在は、関東地方から北陸地方にかけて多く見られ、群馬県佐波郡境町では上位10位以内。【出典

# 栃木県の長沼家 

# 群馬県の長沼家

# 新潟県の長沼家


# 群馬県内の「長沼」の名字の詳細

# 新潟県内の「長沼」の名字の詳細

都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示