「毛利」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu ま」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 毛利(もうり)

【2021/02/26:改編】

# 608位

# 大江氏清和源氏藤原氏秦氏などに見られる。

# 代表家紋

# 西日本一帯にみられ、特に愛媛県や佐賀県に多くみられる。

# 愛媛県:157位、佐賀県:243位、福岡県:270位、福井県:276位、富山県:287位など。

# 毛利氏: 相模国愛甲郡毛利荘(神奈川県厚木市)をルーツとする。大江広元の四男の季光が父からこの地の地頭職を譲られて毛利氏を称した。季光は承久の乱では幕府軍に参加、三浦義村の娘婿となって1233年には評定衆になるなど鎌倉幕府内で重要な地位にあったが、1247年の宝治合戦では、三浦氏の縁戚であったことから一族をあげて三浦氏に与して敗れ毛利荘を没収された。しかし、季光の四男の経光は越後国刈羽郡佐橋荘(新潟県柏崎市)に赴いていたことから、合戦には参加せず、同荘と安芸国高田郡吉田荘(広島県安芸高田市吉田)の地頭職は安堵され、本拠地を佐橋荘に移した。さらに、経光の四男の時親は安芸国吉田荘を継いで、安芸国へ転じた。これが安芸毛利氏の興りである。
 鎌倉時代以降、安芸毛利氏は郡山城を本拠にして国衆としての地位を固めていった。そして、この間に次々と分家を出して、家臣に組み込んでいった。厚母、有富、桂、坂、志道、中馬、福原といった諸家で、いずれも安芸国の各地の地名を名字とした。【出典

# 鎌倉時代の初代別当の大江広元の四男の季光(すえみつ)を祖とし、広元の領地だった相模国愛甲郡毛利荘(神奈川県厚木市付近)を継いだのに由来する。なお、江戸時代の赤穂藩主森家の出もここ毛利で、「もうり(もり)」を「毛利」と書いたか「森」と書いたかの違い。

# 大江広元は相模国毛利荘(神奈川県厚木市)を領し、四男の季光(すえみつ)がこの地を本拠地として毛利氏を称した。その後宝治合戦で三浦氏に加担し、毛利荘を召し上げられたが、越後国佐橋と安芸国吉田荘地頭職は安堵され、吉田荘に移り住み、安芸国が毛利氏の本拠地となった。毛利元就の家紋

# 毛利から派生した名字には、「吉川」「小早川」などがある。

# 豊後佐伯藩主毛利家は別流で、森氏豊臣秀吉に仕え毛利氏と改姓した。近江源氏の一族で、鯰江(なまずえ)氏を称していたが、信長に敗れて森の地にうつり森氏となった。さらに、毛利氏に人質として預けられた縁で毛利氏を名乗った。

# 美濃の八神城の毛利氏は清和源氏の出。

# 広島県の毛利家: 安芸国の戦国大名。大江広元の四男の季光が、父から相模国愛甲郡毛利荘(神奈川県厚木市周辺)の地頭職を譲られて毛利氏を称したのが祖。1247年の宝治の合戦では、三浦氏の縁戚であったことから一族をあげて三浦氏に与して敗れ、毛利荘を没収された。しかし、四男の経光は越後刈羽郡佐橋荘(新潟県柏崎市)に赴いていたことから乱には参加せず、同荘と安芸国高田郡吉田荘(広島県安芸高田市吉田町)の地頭職は安堵され、本拠地を佐橋荘に移した。1270年に経光は佐橋荘を南北に分割し、佐橋北荘を惣領の基親に、佐橋南荘と安芸吉田荘を四男の時親に譲った。時親は六波羅探題の評定衆をつとめ、その後吉田荘に移った。1523年に南下してきた尼子氏に降ってその先鋒として銀山城の武田氏を討ったが、直後に9歳の当主幸松丸が死去、叔父に当たる元就が毛利氏を継いだ。元就は尼子氏から独立すると、松尾城(広島県安芸高田市美土里町横田)と藤掛城(島根県邑智郡邑南町)にいた、高橋父子を討って、安芸の有力国衆となった。1541年には安芸に再侵攻してきた尼子氏を退けると、1555年には厳島に陶晴賢を破って一躍長門・周防・安芸・備後・石見の五カ国を支配する戦国大名に成長、さらに1566年には尼子氏を滅ぼして中国地方十カ国を支配した。孫の輝元は織田信長と対立、1582年には備中高松城で羽柴秀吉と対峙したが、信長の急死で講和を結び、秀吉政権下では五大老の一人となり、安芸広島で120万石の大身となった。しかし、関ヶ原の戦いでは西軍の総大将となったため、長門萩36万9000石に減知された。【出典

# 山口県の毛利家: 長門国萩藩主。【家紋:一文字に三つ星紋】明治維新には侯爵

・ 長州藩主源頼朝に仕えた大江広元の子孫で、相模国毛利荘(神奈川県厚木市周辺)をルーツとする。毛利家はのちに安芸国吉田荘(広島県安芸高田市)に下向し発展した。【出典

・ 長州藩主。安芸の戦国大名の毛利氏の子孫。輝元は織田信長と対立、1582年には備中高松城で羽柴秀吉と対峙したが、信長の急死で講和を結び、秀吉政権下では五大老の一人となり、安芸広島で120万石の大身となった。しかし、関ヶ原の戦いで西軍の総大将となったため、長門萩36万9000石に減知した。幕末、藩論を倒幕に統一し、薩摩藩と共に戊辰戦争で新政府を樹立した。明治時代には公爵。【出典

# 山口県の毛利家: 徳山藩主。輝元の二男就隆は1617年に3万石を分知され、1631年に周防下松に陣屋を置いたのが祖。1634年に正式に大名となり、下松藩4万5000石を立藩。1650年に藩庁を都濃郡野上村に移して徳山藩とした。1716年に三代元次の時に本藩と対立し除封となったが、1719年に元堯が3万石で再興した。1836年に広鎮のときに4万石に回復。明治時代には子爵。【出典

# 山口県の毛利家: 長府藩(山口県下関市)藩主。毛利(穂井田)元清の四男の秀元が祖。関ヶ原の合戦後、長門国豊東・豊西・豊田の三郡で3万6000石を与えられて長府藩を立藩した。四代元朝は本家を相続、跡を継いだ元矩も1718年に15歳で没していったん断絶した。
同年、清末藩主の元平が匡広と改称して長府藩を継いで再興。1783年に匡芳のときに5万石となった。その子の元義は文人大名として知られた。1869年には豊浦藩と改称。明治時代には子爵。【出典

# 山口県の毛利家: 清末藩(山口県下関市)藩主。長府藩主の秀元の三男の元知が、1653年に1万石を分知されて清末藩を立藩。1718年に二代元平が匡広と改名して本家にあたる長府藩を継いだため一時断絶した。1729年に匡広の七男の政苗が1万石を分知されて清末藩を再興。子の匡邦の時には家督相続を巡って清末騒動がおきた。明治時代には子爵。【出典

# 大分県の毛利家: 佐伯藩主近江国愛知郡鯰江城(滋賀県東近江市)の城主だった鯰江氏の末裔。鯰江高久が尾張国に転じ、森氏を称した。後に豊臣秀吉に仕え、備中高松城攻めの際に豊臣方の人質として毛利家に預けられ、毛利氏を称した。

・ 豊後国佐伯の毛利家は関ヶ原の戦いの後に日田から移ってきた。近江源氏の出で、当初は鯰江(なまずえ)氏を称したが、信長に敗れた際に森に移り住み、以後は森氏を称した。さらに、毛利氏に人質として預けられた縁で毛利氏を称した。 

・ 佐伯藩主。近江国愛知郡鯰江城(滋賀県東近江市)の城主だった鯰江氏の末裔。子孫は森氏を称し、森高政の時に豊臣秀吉に仕えて備中高松城攻めの際に豊臣方の人質として弟の吉安と共に毛利輝元に預けられ、以後毛利氏と改称した。1587年に豊後国で2万石を領し、関ヶ原の合戦では西軍に属して丹波田辺城攻めに参加したが、後に東軍に転じて所領を安堵された。1601年豊後佐伯2万石に転じた。明治時代には子爵。【出典

# 宇宙飛行士の毛利衛は北海道余市町の出身。架空の話だが名探偵コナンの「眠りの小五郎」こと、毛利小五郎の出身は不明だが、「出身高校は新一や蘭と同じ帝丹高校」とあるから東京か?

# 「毛利」の地名

■ 毛利家

■ 佐伯藩 ・ 清末藩 ・ 長州(萩)藩 ・ 長府藩 ・ 徳山藩

都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示