毛利家の家紋
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 家紋のはなし
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 毛利家の家紋: 「毛利」の名字の由来 ・ 毛利家

# 代表家紋: 一文字に三つ星紋抱き沢瀉紋

・ 毛利元就: 長門抱き沢瀉紋。毛利元就は「沢瀉紋」を使用していた。毛利家は他に「長門三つ星紋」も使用していた。正親町天皇から「」紋をたまわったという。 

・ 毛利輝元: 長門沢潟紋【武将と家紋 インデックス編集部】

# 毛利【出典

 /斉狎邯厚木市の北部、愛甲郡愛川町の南部/土師氏大江氏族: 「一文字に三星」「府中三つ星」「徳山三つ星」「丸に三星」「長門沢瀉」「抱き沢瀉」「丸に抱き沢瀉」「丸に五七桐」「丸に五三桐」「抱き菫」

※ 鎌倉幕府の政所別当の大江広元の三男の季光が毛利荘を領して毛利四郎将監を称した。陸奥国、越後国、因幡国、安芸国など全国に多く分かれ、特に安芸国の毛利氏は戦国時代に、大内氏、尼子氏などを破り大大名となった。

◆ー賀県東近江市鯰江町/宇多源氏佐々木氏族: 「丸に矢筈」「丸に五三桐」「鶴の丸」

※ 室町幕府の評定衆の摂津氏の被官の森太郎左衛門尉が、長享年間に鯰江荘に知行地を持っていた。羽柴秀吉が中国大返しのときに家臣の森高政を毛利氏へ人質に送り、その縁で毛利輝元より毛利姓を賜った。江戸時代には豊後国佐伯2万石。

# 参考資料: 森家の家紋

家紋の図柄

統計表示