「菊」の家紋
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 家紋のはなし
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 菊紋: 古くから中国にならい、菊は「四君子(梅・竹・蘭・菊で、君子をたたえるものとした)」の一つとして愛好された。特に日本では菊を「花貴種」といい、「百草王」とも言って、草花のなかでも高貴なものとされた。天皇の中でも鎌倉時代の後鳥羽上皇が菊紋を好み、使用した。その後、多くの天皇がそれにならった。菊紋が天皇家の紋と定められたのは大正15年の「皇室儀制令」。【日本人なら知っておきたい天皇家の謎 「歴史読本」編集部 KADOKAWA】

■ 菊は朝鮮では「クク」という。【寺紋 丹羽基二 秋田書店】
※ 菊地氏の故地の肥後国菊池郡も、ふるくは「ククチ」だったものねぇ。

■ 菊紋は皇室の紋章。 明治時代以前は、皇室と関係のある一部の神社しか菊の紋は使えなかった。伊勢神宮、宇佐八幡、上下賀茂神社の四社。 明治12年(1879年)5月に官国弊社一般に使うことが許可されてから、菊紋を使う神社が増えた。現在菊紋を神紋とする神社は全国の1割以下という。

・ 大正15年に宮内省から「御紋章類似形の取締標準」が出ている。【寺紋 丹羽基二 秋田書店】

■ 平安時代後期、菊文様が普及し、特に後鳥羽上皇が好み、皇室の専用紋とするまで、天皇のシンボルは「太陽と月」であった。【見て楽しい読んで学べる家紋のすべて PHP研究所】

■ 鎌倉時代に、後鳥羽上皇が菊紋を好み使用した。その後の歴代天皇がそれを継承したため、皇族専用となった。

■ 主な菊紋使用神社
札幌神社: 菊紋
岩手護国神社: 菊花十六弁
金峯神社(山形県): 菊水紋
霊山神社(福島県): 菊紋
赤城神社(群馬県): 菊花紋

・ 後藤家田村家橋本家前田家松田家村上家

■ 八弁菊花紋

八弁菊花紋  八弁菊花紋

■ 十二弁菊花紋

・ 十二葉菊紋: 藤原氏師尹流の堀内家。【「家紋と家系」事典 名前からわかる自分の歴史 丹羽基二 講談社】

十二弁菊花紋  十二弁菊花紋

■ 十四弁菊花紋

・ 十四葉菊紋: 藤原北家秀郷流の松田家。【「家紋と家系」事典 名前からわかる自分の歴史 丹羽基二 講談社】

 十四弁菊花紋

■ 十六弁菊花紋: 十六菊紋は天皇家の定紋。川村家

・ 十六葉菊紋: 正親町源氏の広幡家。清和源氏義家流の里見家、岩松家、喜連川家。宇多源氏佐々木氏流の京極家。【「家紋と家系」事典 名前からわかる自分の歴史 丹羽基二 講談社】

・ 須藤家牧野家

十六弁菊花紋  十六弁菊花紋

■ 十六弁裏菊花紋: 石山寺

十六弁裏菊花紋  十六弁裏菊花紋

■ 花心に小の字の十六八重菊紋: 青蓮院

■ 花心に壬生の字饅頭菊紋: 壬生寺

■ 菊水紋: 楠木家石井家野口家橋本家

※ 楠木正成の「菊水紋」は後醍醐天皇から菊紋を賜った時に、恐れ多いとして「水の流れを」付け加えた。

※ 私、新潟県新発田市の菊水酒造の「菊水」が好きで結構いただきます。この菊水の「酒銘」がまさにこの紋。同社のサイトを見ると、「菊の水は不老長寿をもたらすものである」とあり、「太平記」に由来しているようです。

菊水紋  菊水紋

■ 半菊に一の文字紋

・ 石井家須藤家

半菊に一の文字紋  半菊に一の文字紋

■ 菊菱紋

菊菱紋  菊菱紋

■ 中輪に半菊紋

 中輪に半菊紋

■ 中輪に菊菱一の文字紋

 中輪に菊菱一の文字紋

■ 石持ち地抜き十六菊紋

 石持ち地抜き十六菊紋

■ 三つ割菊紋: 箱根神社(神奈川県)。久保田家

三ツ割り菊紋  三つ割菊紋

■ 十六八重菊のうち山桜紋: 靖国神社(東京都)の社紋?

 十六八重菊のうち山桜紋

■ 十六八重菊紋: 北海道神宮(北海道)、靖国神社(東京都)、明治神宮(東京都)

 
 十六八重菊紋

■ 青山菊紋: 青山家

■ 抱き菊の葉に菊紋: 中井家

抱き菊の葉に菊紋  抱き菊の葉に菊紋

■ 

 ■ 

■ 家紋の画像データについて

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示