神紋のはなし
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 家紋のはなし
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【神紋のワンポイント】

# 江戸の浅草神社(浅草寺の一角にある)の本来の神紋は「網紋」だが、徳川家光が寄進して神社の発展を願って、同時に葵紋の使用も許された。

# 滋賀県の多賀大社の神紋は菊紋。皇室との関係で、特に認められているという。 

# 神紋の分類

・ 神紋: 祭神の紋

・ 社紋: 神社紋

・ 社家紋: 神社に仕える社家の紋。社家とは、代々神社の神職などについてきた家。

# 複数の神紋をもつ神社も多い。

# 八百万神というが、一説には神の数は2800柱ともいう。

# 桐紋の使用神社は巴紋についで多く、その大部分は「五三桐」。


■ 秋葉山本宮秋葉神社(静岡県): 七葉紅葉紋。静岡県の秋葉山本宮秋葉神社は、山自体が御神体。神紋は七葉紅葉紋。【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 開口(あぐち)神社(大阪府): 三つ茄子紋【見て楽しい読んで学べる家紋のすべて PHP研究所】
※ 大阪府の開口神社。読みは、「あぐちじんじゃ」。たしかに「あ」の発音は大きく口をあけた開口状態だ。日本文化は奥深い。「あうん」の呼吸の「あ」ですねぇ。神社の狛犬とか、金剛力士像とか。

■ 阿蘇神社(熊本県): 違い鷹の羽紋

■ 阿部野神社(大阪府): 笹竜胆紋

■ 粟井神社(香川県): 鎌の組み違い紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 井伊神社(滋賀県): 丸に橘紋

■ 井伊谷宮(静岡県): 李花紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 坐摩神社(いかすり)神社(大阪府): 鷺紋【見て楽しい読んで学べる家紋のすべて PHP研究所】

■ 出雲大社(島根県): 二重亀甲に剣花菱紋

・ 出雲大社: 「亀甲に剣花菱」「亀甲に剣花角」【見て楽しい読んで学べる家紋のすべて PHP研究所】

■ 厳島神社(広島県): 亀甲紋

■ 伊勢崎神社(群馬県): 丸に剣片喰紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 伊勢神宮(三重県): 花菱紋

■ 稲荷神社: 抱き稲荷紋

■ 上杉神社(山形県): 竹に雀紋

■ 兎足神社(愛知県): 兎紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 宇佐神宮(大分県): 右三つ巴紋

■ 江島(えのしま)神社(神奈川県): 波に三つ鱗紋。北条時政参籠満願の日に、竜神が美姫となって現れ、三枚のウロコを残して海中に没した。【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 恵比寿神社: 柏紋

■ 大神神社(奈良県): 丸に三輪紋

・ 大神神社(奈良県): 三本杉紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

・ 御輪(みわ)紋: 大神(おおみわ)神社では、神の言葉を具象化して三輪であらわした。【道産子のルーツ事典 岸本良信 中西出版】

■ 大鳥神社(東京都): 鳳凰紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 大鳥神社(大阪府): 鳳凰紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 大虫神社(京都府): 天竜の丸紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 奥石神社(滋賀県): 鎌の組み違い紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 小浜八幡神社(福井県): 菊鳩紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 柏木神社(滋賀県): 番い鳩紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 春日神社(山形県): 六つ目結紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 春日大社(奈良県): 下がり藤紋

■ 加藤神社(熊本県): 桔梗紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 加藤神社(熊本県): 蛇の目紋。祭神の加藤清正の家紋に由来する。【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 上諏訪神社(長野県): 諏訪梶紋

■ 賀露神社(鳥取県): 桃紋【見て楽しい読んで学べる家紋のすべて PHP研究所】

■ 神田神社(兵庫): 束ね違い稲紋

■ 北野天満宮(京都府): 梅鉢紋(星梅鉢紋)
・ 神紋に梅に加えて三階松を用いている。【神紋総覧 丹羽基二 講談社】 

■ 吉備津神社(岡山県): 輪違い紋

■ 久能山東照宮(静岡県): 太閤桐紋

■ 熊野三大社(和歌山県): 鏡に烏紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 熊野神社(宮城県): 対い烏紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 熊野本宮大社: 八咫烏紋

■ 坂手神社(愛知県): 菊と雲紋。菊は皇室との関係、雲は神をあらわす。【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 沙々貴神社(滋賀県): 平四つ目結紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

・ 沙々貴神社(滋賀県近江八幡市・旧安土町): 平四つ目紋(七割平四つ目紋)【「家紋と家系」事典 名前からわかる自分の歴史 丹羽基二 講談社】

■ 讃岐金比羅神社(香川県): 「丸に金の字紋

■ 坐摩神社(大阪府大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺3号): 鷺紋【見て楽しい読んで学べる家紋のすべて PHP研究所】

■ 塩竈神社(宮城県): 塩竃桜紋

■ 志加奴神社(鳥取県): 変り揚羽蝶紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 七社神社(しちしゃじんじゃ・福岡県): 桃紋【見て楽しい読んで学べる家紋のすべて PHP研究所】

■ 下諏訪神社(長野県): 諏訪梶紋

■ 荘内神社(山形県): 丸に片喰紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 水天宮(福岡県): 竜胆車紋

■ 須佐神社(和歌山市): 桃紋【見て楽しい読んで学べる家紋のすべて PHP研究所】

■ 住吉神社(東京都): 鷺紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 住吉神社(山梨県): 向い波紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 住吉神社(愛媛県): 蛇の目紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 住吉大社(大阪府): 花菱紋

■ 諏訪神社(長野県): 梶紋

■ 諏訪神社(長野県): 丸に鎌紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 諏訪大社(長野県):  鎌紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 浅間神社(静岡県): 羽団扇紋

■ 杣山神社(福井県): 桔梗紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 高瀬神社(富山県): 雉紋。祭神は大国主命で、命が越の国の巡行の際に、雉が道案内したことに由来する。普通は、菊紋を使用し、雉紋は秘紋。【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 竹駒神社(宮城県): 抱稲束紋

■ 建部神社(滋賀県): 三本杉紋。天平勝宝7年3月、孝兼帝が建部公伊賀麻呂に勅して、大己貴命を当社の権殿に祀った。その時植えた三本の杉の木が一夜に成長したことを記念して三本杉紋とした。【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 武部八幡宮(長野県): 真田銭(六文銭)【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 太宰府天満宮(福岡県): 梅花紋

■ 竜田神社(奈良県): 紅葉紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 玉祖神社(山口県): 輪紋

■ 千葉神社(千葉県): 月星紋

■ 鳥海山大物忌神社(山形県): 鳥海ふすま紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 都久夫須麻神社(滋賀県): 雨竜紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 都々古別(つつこわけ)神社(福島県): 桐に鳳凰紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 鶴岡八幡宮(神奈川県): 鶴丸紋

■ 天孫神社(滋賀県): 鷺丸紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 戸隠神社(長野県): 鎌万字紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 長浜八幡宮(滋賀県): 巴に向い鳩紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 野井神社(島根県): 抱き稲紋

■ 乃木神社(東京都): 四つ目結紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 白山神社(福井県): 丸に三本杉紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 箱根神社(神奈川県): 三つ割菊紋

■ 八幡秋田神社(秋田県): 五本骨扇に月丸紋(佐竹扇紋)

■ 氷川神社(埼玉県): 八雲紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 弘前神明宮(青森県): 菱片喰紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 藤白神社(和歌山県): 「藤巴紋」。鈴木氏の氏神。

■ 伏見稲荷大社(京都府): 左回り一つ稲丸紋

■ 北海道神宮(北海道札幌市): 十六葉八重表菊紋出典

■ 本住吉神社(兵庫県): 石持ち桔梗紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 松上神社(鳥取県): 丸に揚羽蝶紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 馬見岡綿向神社(滋賀県): 雲に二羽雁紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 御上(みかみ)神社(滋賀県): 釘抜紋。祭神は天御影命(天目一個神・あめのひとつのかみ)で、太玉命に従って、天孫光臨のときに金工として、やってこられた。【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 御霊神社(京都府): 桔梗紋。全国唯一、明智光秀を祀る神社。【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 水無(みなし)神社(岐阜県): 水瓢箪紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 六椹八幡宮(むつくぬぎはちまんぐう・山形県): 向い鳩紋【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 明治神宮(東京都): 十六弁八重菊紋

■ 八坂神社(京都府): 木瓜紋【見て楽しい読んで学べる家紋のすべて PHP研究所】

■ 靖国神社(東京都): 十六八重菊紋

■ 山形護国神社: 剣桜の中に山の字紋

■ 山県神社(山梨県): 丸に桔梗紋。山県神社に祀られる、山県大弐は、勤王派で王政復古を唱えたため、幕府に睨まれて、43歳で刑死した。【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 横津神社(大分県): 沢瀉紋

■ 和霊神社(われいじんじゃ・愛媛県): 立波紋。立波紋は、祭神の山家公頼の家紋に由来する。公頼は宇和島藩の家老として善政をしいたが、讒訴されて非業の死を遂げた。 【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 和霊神社(われいじんじゃ・愛媛県): 丸に釘抜紋。丸に釘抜紋は宇和島藩主の伊達宗公の家臣の山家公頼(祭神)の家紋に由来する。【神紋総覧 丹羽基二 講談社】


■ 参考資料: 神紋総覧 丹羽基二 講談社

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示