「鷹」の家紋
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 家紋のはなし
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 「鷹の羽」の家紋の解説

# 鷹の羽紋(たかのはもん): 鷹は、俊敏で勇猛な性質から、また矢羽根として使用されたことから、武家に好まれた。【出典

# 久世鷹の羽紋(くぜたかのはもん): 下総国の関宿藩の久世家の家紋。細かな斑(ふ)の入った二枚の鷹の羽を並べて立て、周囲を丸で囲った紋様。【出典

# 芸州鷹の羽紋(げいしゅうたかのはもん): 安芸国の広島藩の浅野家の家紋の一つ。独特の渦のある斑を入れた二枚の鷹の羽を、右を上にして斜めに重ね、丸で囲った紋様。【出典

   
抱き鷹の羽紋  抱き鷹の羽紋(だきたかのはもん): 二枚の鷹の羽を、左右から丸く抱き合わせた紋様。【出典】 抱きの意味
折れ鷹の羽紋  折れ鷹の羽紋(おれたかのはもん): 一枚の鷹の羽を、折って「へ」の字形に描いた紋様。【出典
二つ折れ鷹の羽紋  二つ折れ鷹の羽紋(ふたつおれたかのはもん): 二枚の折った鷹の羽を、上下から合わせて菱形のシルエットに描いた紋様。【出典
割り鷹の羽紋  割り鷹の羽紋(わりたかのはもん): 割った二枚の鷹の羽を、割り面を外に向け、左右から抱くように合わせて丸く描いた紋様。【出典
一つ折れ鷹の羽丸紋  一つ折れ鷹の羽丸紋 ※丸紋の意味
剣三つ折れ鷹の羽紋  剣三つ折れ鷹の羽紋
三つ折れ鷹の羽の丸紋  三つ折れ鷹の羽丸紋(みつおれたかのはまるもん): 羽の中ほどで折り曲げた鷹の羽を三枚頭を合わせて寄せ、丸く描いた紋様。【出典】 ※丸紋の意味
三つ反り鷹の羽紋  三つ反り鷹の羽紋(みつそりたかのはもん): 三枚の反った鷹の羽を、ふくらみを内側に向けて寄せた紋様。【出典
浮線綾鷹の羽紋  浮線綾鷹の羽紋 ※浮線の意味
並び鷹の羽に割り鷹の羽紋  並び鷹の羽に割り鷹の羽紋(ならびたかのはにわりたかのはもん): 二枚の鷹の羽を並べて立て、下に反った割り鷹の羽を一枚横たえた紋様。【出典
月に折れ鷹の羽紋  月に折れ鷹の羽紋(つきにおれたかのはもん): 左に三日月、右に折った一枚の鷹の羽を配し、全体を丸く描いた紋様。【出典
   
丸に三つ違い鷹の羽紋  丸に三つ鷹の羽紋(まるにみつたかのはもん): 三枚の鷹の羽を、尻を合わせて車状に描き、周囲を丸で囲った紋様。【出典
白川鷹の羽紋  白河鷹の羽紋(しらかわたかのはもん): 陸奥国の白河藩の阿部家の家紋。地と反対色の円を描き、色を抜くように三本筋の「違い鷹の羽」を描いた紋様。【出典
   
   八つ鷹の羽紋
   井上鷹の羽紋
   石持ち亀甲に違い鷹の羽紋
   

■ 丸に一つ鷹の羽紋

・ 清和源氏義家流 ・ 葛山家

丸に一つ鷹の羽紋  丸に一つ鷹の羽紋(まるにひとつたかのはもん): 「一つ鷹の羽」の周囲を丸で囲った紋様。【出典
太丸に一つ鷹の羽紋  太丸に一つ鷹の羽紋
中太丸に一つ鷹の羽紋  中太丸に一つ鷹の羽紋
中輪に覗き鷹の羽紋  中輪に覗き鷹の羽紋: 中輪に覗き鷹の羽車紋(ちゅうわにのぞきたかのはくるまもん): やや細い丸の下に、三枚の鷹の羽を覗かせた紋様。【出典】 ※覗きの意味
   

■ 並び鷹の羽紋: 並び鷹の羽紋の詳細

■ 違い鷹の羽紋

# 浅野家阿部家甲斐家菊地家古賀家後藤家中田家平山家片桐且元

# 山鹿素行: 違い鷹の羽紋【日本の家紋事典 大隈三好 金園社】

# 浅野鷹の羽紋(あさのたかのはもん): 安芸国の広島藩の浅野家の家紋の一つ。緻密な渦の模様のある二枚の鷹の羽を、右を上にして斜めに重ね、丸で囲った紋様。【出典

# 片桐鷹の羽紋(かたぎりたかのはもん): 大和国の小泉藩の片桐家の家紋。「片桐違い矢紋」ともいう。割った矢羽根形の鷹の羽を、左右から斜めに交差させた紋様。【出典

# 高木鷹の羽紋(たかぎたかのはもん): 河内国の丹南藩の高木家。細かな斑(ふ)が入った二枚の鷹の羽を、左を上にして左右から斜めに重ね、周囲を丸で囲った紋様。【出典

違い鷹の羽紋  違い鷹の羽(ちがいたかのは): 羽根の模様が二符三符とよばれる二つの線と三つの間隔が交互に配された鷹の羽根を、左側を上にして左右からななめに重ねあわせる。鷹の羽紋を代表する紋形。熊本県阿蘇市の阿蘇神社の神紋で、九州では阿蘇神社への信仰により、鷹の羽紋が広く用いられている。【出典】 浅野家阿部家菊地家中田家片桐且元
違い割り鷹の羽紋  違い割り鷹の羽紋: 割り違い鷹の羽紋(わりちがいたかのはもん): 二枚の割った鷹の羽を、割り面を下に向けて左右から重ね合わせた紋様。【出典
陰陽違い鷹の羽紋  陰陽違い鷹の羽紋
反り違い鷹の羽紋  反り違い鷹の羽紋(そりちがいたかのはもん): 二枚の反った鷹の羽を、左右から斜めに重ね合わせた紋様。【出典
   
井桁に違い鷹の羽紋  井桁に違い鷹の羽紋(いげたにちがいたかのはもん): 「違い鷹の羽」を「井桁」で囲った紋様。【出典
亀甲に違い鷹の羽紋  亀甲に違い鷹の羽紋(きっこうにちがいたかのはもん): 亀甲の中に「違い鷹の羽」を描いた紋様。【出典
隅切り角に違い鷹の羽紋  隅切り角に違い鷹の羽紋
隅切り角に違い鷹の羽紋  隅切り角に違い鷹の羽紋
団扇に違い鷹の羽紋  団扇に違い鷹の羽紋(うちわにちがいたかのはもん): 「違い鷹の羽」をハート形をした団扇の輪で囲った紋様。【出典
一つ引き両に違い鷹の羽紋  一つ引に違い鷹の羽紋(ひとつひきにちがいたかのはもん): 「違い鷹の羽」の上に一本の引両を載せた紋様。【出典
上がり藤に違い鷹の羽紋  上がり藤に違い鷹の羽紋(あがりふじにちがいたかのはもん): 「上がり藤」の間に「違い鷹の羽」を据えた紋様。【出典
袖付き上がり藤に違い鷹の羽紋  袖付き上がり藤に違い鷹の羽紋
四方木瓜に違い鷹の羽紋  四方木瓜に違い鷹の羽紋
三つ違い鷹の羽紋  三つ違い鷹の羽紋(みつちがいたかのはもん): 三枚の鷹の羽の頭を上に向けて重ね合わせた紋様。【出典
   
   五瓜に違い鷹の羽紋
   

■ 丸に違い鷹の羽紋

・ 荒井家飯塚家岩崎家大石家大谷家鎌田家菊地家小泉家今野家坂口家鈴木家高野家多田家長田家東氏萩原家長谷川家広瀬家藤田家三浦家村田家森田家山本家

丸に違い鷹の羽紋  丸に違い鷹の羽紋(まるにちがいたかのはもん): 「違い鷹の羽」を丸で囲った紋様。【出典
丸に右重ね違い鷹の羽紋  丸に右重ね違い鷹の羽紋
中輪に足付き違い鷹の羽紋  中輪に足付き違い鷹の羽紋
阿部鷹の羽紋  阿部鷹の羽紋(あべたかのはもん): 備後国の福山藩の阿部家の家紋。細かな斑(ふ)の入った二枚の鷹の羽を、右を上にして左右から斜めに重ね合わせて、周囲を丸で囲った紋様。【出典
糸輪に違い鷹の羽紋  糸輪に違い鷹の羽紋
源氏輪に違い鷹の羽紋  源氏輪に違い鷹の羽紋(げんじわにちがいたかのはもん): 「違い鷹の羽」を「源氏輪」で囲った紋様。【出典
糸輪に豆違い鷹の羽紋  糸輪に豆違い鷹の羽紋
月輪に総覗き違い鷹の羽紋  月輪に総覗き違い鷹の羽紋(つきわにそうのぞきちがいたかのはもん): 上を細く、下を太くして月をイメージした輪の中に、小さな「違い鷹の羽」を据えた紋様。【出典】 ※覗きの意味
五つ鷹の羽丸に違い鷹の羽紋  五つ鷹の羽丸に違い鷹の羽紋(いつつたかのはまるにちがいたかのはもん): 「違い鷹の羽」の周囲を、五枚の鷹の羽を前後を追うように丸く配して囲った紋様。【出典
子持ち輪に違い鷹の羽紋  子持ち輪に違い鷹の羽紋(こもちわにちがいたかのはもん): 「違い鷹の羽」を中に細い輪を持つ丸で囲った紋様。【出典
糸輪に斑入り違い鷹の羽紋  糸輪に斑入り違い鷹の羽紋(いとわにふいりちがいたかのはもん): 細かな斑の入った二枚の鷹の羽を、左右から互い違いに重ね、周囲を糸のように細い輪で囲った紋様。【出典
石持ち地抜き違い鷹の羽紋  石持ち地抜き違い鷹の羽紋(こくもちじぬきちがいたかのはもん): 地と反対色の円を描き、色を抜くように「違い鷹の羽」を描いた紋様。【出典】 ※石持ち地抜きの意味
雪輪菱に違い鷹の羽紋  雪輪菱に違い鷹の羽紋(ゆきわひしにちがいたかのはもん): 「違い鷹の羽」を雪をイメージした菱形で囲った紋様。【出典
中輪に割り違い鷹の羽紋  中輪に割り違い鷹の羽紋(ちゅうわにわりちがいたかのはもん): 「割り違い鷹の羽」をやや細い丸で囲った紋様。【出典
   
   
   

■ 井上鷹の羽紋: 井上家

 井上鷹の羽紋(いのうえたかのはもん): 下総国の高岡藩の井上家の家紋。地と反対色の円を描き、車状に寄せた短い鷹の羽を八枚を色を抜くように描いた紋様。【出典

■ 五瓜に違い鷹の羽紋: 大森家

五瓜に違い鷹の羽紋  五瓜に違い鷹の羽紋(ごかにちがいたかのはもん): 「違い鷹の羽」を五瓜で囲った紋様。【出典

■ 八つ鷹の羽紋: 杉浦家

■ 石持ち亀甲に違い鷹の羽紋: 黒木家

■ 檜扇に違い鷹の羽紋: 秋田実季(秋田家・秋田桧扇紋)

・ 檜扇に違い鷲の羽紋(ひおうぎにちがいわしのはもん): 陸奥国の三春藩の秋田家の家紋。九枚の薄板で作られた檜扇に「違い鷹の羽」を描いた紋様。【出典

■ その他の鷹の羽紋

# 五つ並び鷹の羽紋(いつつならびたかのはもん): 中世に加賀国の倉光家の家紋。五枚の鷹の羽を並べて立てた紋様。【出典

 
-  ■ 柳井鷹の羽紋
-  ■ 中輪に飛び鷹紋
-  ■ 鷹の丸紋 ※丸紋の意味
-  ■ 鷹匠紋
-  ■ 中村鷹の羽紋
-  ■ 
-  
   

■ 家紋の画像データについて

統計表示