「萩原」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「は」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 萩原(はぎわら、はぎはら、おぎわら)

【2019/02/06:改編】

# 「萩」の漢字は「国字」。

# 187位

# 全国順位(森岡浩ランキング): ー位

# 188位: 代表家紋: 「五瓜(ごか)に唐花紋」「丸に違い鷹の羽紋」「丸に一文字に三つ星紋」【知っておきたい家紋と名字 別冊宝島】

# 清和源氏宇多源氏村上源氏卜部氏小野氏菅原氏三枝氏などにみられる。

# 関東地方に多く、特に群馬県に多くみられる。西日本では岡山県に多くみられる。

# 山梨県では「はぎはら」と読む。

# 主なルーツ地
・ 上野国群馬郡萩原町(群馬県高崎市萩原町)をルーツとする。
・ 常陸国鹿島郡萩原(茨城県神栖市萩原)をルーツとする。
・ 美濃国土岐郡萩原(岐阜県瑞浪市稲津町萩原)をルーツとする。
・ 大和国宇陀郡萩原(奈良県宇陀市榛原)をルーツとする。
・ 備後国世羅郡萩原(広島県三原市大和町)をルーツとする。

# 常陸の萩原氏は常陸国鹿島郡萩原(茨城県神栖市萩原)をルーツとし鹿島神宮の神官。

# 甲斐の萩原氏は村上源氏

# 美濃の萩原氏は美濃国土岐郡萩原(岐阜県瑞浪市稲津町萩原)をルーツとし、清和源氏土岐氏流。

# 大和の萩原氏は大和国宇陀郡萩原(奈良県宇陀市榛原)をルーツとする。

# 備後の萩原氏は備後国世羅郡萩原(広島県三原市大和町)をルーツとする。

# 群馬県の萩原家: 北橘村の萩原家は、木曽義仲の遺臣の末裔という。【出典

# 長野県の萩原家: 信濃国木曽郡萩原(長野県上松町)をルーツとする。戦国時代には木曽氏に従い、木曽氏が下総国に転じた際には、従わずに「原」に改姓して帰農した。

# 長野県の萩原家: 杏林製薬の創業家で、箕輪町の名主を務めた。

# 長野県の萩原家: 御代田町の名主

# 俳優の萩原流行(本名:光男)は東京都世田谷区の出身。俳優の萩原健一(本名:敬三)は埼玉県与野市の出身。経済評論家の萩原博子は長野県小諸市の出身。

【戦国大名家辞典 森岡浩 東京堂出版】より
# 鳥取県の萩原氏: 因幡国八頭郡の三田中村城(鳥取県八頭郡智頭町三田)城主で、赤松氏の一族。江戸時代には帰農した。

【苗字の謎が面白いほどわかる本 丹羽基二】より

# 植物の萩や原野の意味。

# 美作国の萩原氏は清和源氏土岐氏流。

# 武蔵国の萩原氏は赤松氏流。

# 公家の萩原氏は卜部吉田氏流。

国字

# 「はぎ」の語源

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示