奈良県内の諸藩
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 藩のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 櫛羅(くじら)藩(奈良県御所市)

■ 小泉藩(奈良県大和郡山市)

・ 片桐家1万1千石・外様・陣屋

・ 片桐家は近江国の出で、浅井家に仕え、後に羽柴秀吉に仕えた。賤ヶ岳の七本槍の一人の片桐且元の家系。

■ 芝村藩(奈良県桜井市)

・ 織田家1万石・外様・陣屋

・ 信長の弟の織田有楽斎の家系。

■ 新庄藩(大和国新庄藩)

・ 永井家: 古くは長田家を称した。初代の直勝は長田が源義家を殺した家号であることから改姓を求められ、永井家を称した。上野国小幡藩1万石から常陸国笠間藩3万石、下総国古河藩7万2千石、山城国淀藩10万石と転じたが四代尚長が内藤忠勝に殺されて所領は没収された。その後大和国新庄藩1万石。明治時代には子爵。【譜代大名126家「勝ち組」の出世競争 榎本秋 晋遊舎新書】

■ 高取藩(奈良県高取町)

・ 植村家2万5千石・譜代大名

・ 1640年に入封した植村家は、美濃国土岐氏の一族で、後に松平家に仕えた。

・ 植村家次は、徳川家康の嫡男の信康に仕えていたが、信康の失脚後に浪人となった。その後、再度徳川家に仕え、大和国高取藩2万5千石。明治時代には子爵。【譜代大名126家「勝ち組」の出世競争 榎本秋 晋遊舎新書】

・ 土岐氏の一族が上村に転じて植村氏を称した。植村家政が、秀忠に仕え、大坂の陣の功により大番頭から老中などを務めた。【江戸の殿さま 全600家 八幡和郎 講談社】

■ 柳生藩(奈良県奈良市)

■ 柳本藩(奈良県天理市)

・ 織田家1万石・外様・陣屋

・ 信長の弟の織田有楽斎の家系。

■ 大和郡山藩(奈良県大和郡山市)


【注意】転封などがあるため、藩主や石高には変化があります。ここでは一例を掲載しています。

統計表示