「永井」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「な」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 永井(ながい)

【2019/02/04:改編】

# 134位: 代表家紋: 「一文字に三つ星紋」「二文字に三つ星紋」「丸に一文字紋」【知っておきたい家紋と名字 別冊宝島】

# 大江氏流の永井家の家紋: 黒餅に鉄線紋

# 東海地方から関東地方にかけて多く見られ、特に群馬県、新潟県、愛知県に多い。

# 主なルーツ地
・ 陸奥国桃生郡永井(宮城県石巻市桃生町)をルーツとする。
・ 陸奥国磐井郡高倉荘永井(岩手県一関市花泉町)をルーツとする。

# 譜代大名の永井家は、桓武平氏の出。

# 陸奥の永井氏は菅原氏の出。陸奥国桃生郡永井(宮城県石巻市桃生町)をルーツとする。

# 陸奥の永井氏は菅原氏の出。陸奥国磐井郡高倉荘永井(岩手県一関市花泉町)をルーツとする。

# 石川県の永井家: 加賀市の山代温泉で湯宿「あらや」を営む旧家。斎藤氏末裔

# 岐阜県の永井家: 美濃加納藩主桓武平氏の出。明治維新後には子爵。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】 

# 加納藩 ・ 櫛羅(くじら)藩 ・ 高槻藩

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示