群馬県内の諸藩
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 藩のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 安中藩(群馬県安中市)

・ 板倉家3万石・譜代大名

・ 1855年に安中藩で行われた「安政遠足(あんせいとおあし)」は日本最初のマラソンという。【江戸300藩の意外な「その後」 日本博学倶楽部 PHP研究所】

■ 伊勢崎藩(群馬県伊勢崎市)

・ 酒井家2万石・譜代大名・陣屋

・ 1681年に前橋藩の酒井家から2万石を分知された。姫路藩の分家。

■ 大胡藩(おおごはん): 上野国、群馬県

・ 江戸期の藩名。勢多郡大胡に居城を構えた譜代小藩。天正18年徳川家康の関東入部に伴い牧野康成が2万石を与えられて大胡城に入城し、当藩が成立した。慶長5年関ケ原の戦にあたり、康成は中山道を進む徳川秀忠軍に加わって信濃国上田城攻撃に参戦したが、軍令に背いたため上野(こうずけ)国吾妻(あがつま)の砦(白井城)に謹慎した。康成は大胡帰城後も多病のため、同9年から子の忠成が代わって政務をとり、同14年襲封した。元和2年忠成は大坂冬・夏両陣の功により越後国長嶺5万石へ加転され、当藩は廃藩となった。なお藩領は、のちの前橋藩領下で大胡東領・同西領と呼ばれた地域、赤城山南麓の勢多郡内50か村ほどと思われるが、未詳。【出典

■ 小幡藩(群馬県甘楽町)

・ 松平家2万石・譜代大名

・ 織田家が1767年に出羽国天童に転じた後、松平(奥平)家の分家が入った。

■ 高崎藩(群馬県高崎市)

■ 館林藩(群馬県館林市)

■ 七日市藩(群馬県富岡市)

■ 沼田藩(群馬県沼田市)

■ 前橋藩(群馬県前橋市)

■ 吉井藩(群馬県高崎市)


【注意】転封などがあるため、藩主や石高には変化があります。ここでは一例を掲載しています。

統計表示