大給松平家
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「家」のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 大給松平家

# 大給松平家(三河国西尾藩
・ 三河国大給をルーツとする。初代の家乗は家康の関東入国後に、上野国那波1万石。慶長6年には美濃国岩村藩2万石。その後、遠江国浜松藩3万6千石、上野国館林藩6万石、下総国佐倉藩6万石、肥前国唐津藩7万3千石。その後も、志摩国鳥羽藩、伊勢国亀山藩、山城国淀藩と転じ、ふたたび佐倉藩へ。6代の乗佑は出羽国山形藩へ左遷され、その後には三河国西尾藩。幕末には新政府軍に組し、明治時代には子爵。【譜代大名126家「勝ち組」の出世競争 榎本秋 晋遊舎新書】

# 大給松平家(美濃国岩村藩
・ 大給松平家の宗家の二代乗寿の次男の乗政が、常陸国小張藩1万石から信濃国小諸藩2万石、美濃国岩村藩と転じた。【譜代大名126家「勝ち組」の出世競争 榎本秋 晋遊舎新書】

# 大給松平家(信濃国田野口藩
・ 大給松平家の宗家の初代の家乗の家系。家乗の甥の乗次が三河国大給に陣屋を構えて大給藩1万6千石を立藩。その後、三河国奥殿から信濃国田野口に転じた。【譜代大名126家「勝ち組」の出世競争 榎本秋 晋遊舎新書】

# 大給松平家(豊後国府内藩
・ 松平近正の家系。二代一生が三之倉藩1万石を立藩。下野国板橋藩1万石、三河国西尾藩2万石、丹波国亀山藩2万2200石、豊後国亀川藩、豊後国中津留藩、豊後国高松藩、豊後国府内藩と転じた。【譜代大名126家「勝ち組」の出世競争 榎本秋 晋遊舎新書】 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示