佐倉藩
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 藩のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 佐倉藩(千葉県佐倉市

・ 堀田家11万石・譜代大名

・ 堀田相模守

・ 1746年に老中の堀田正亮が入った。

・ 松平乗邑(のりさと): 下総国佐倉藩主。15〜16歳のころから茶道具を集め出した。そして、ただ集めるだけでなく茶器のデータを記録し、「茶器図録」をまとめた。乗邑は1686年に、肥前唐津藩主(佐賀県唐津市)の松平乗春の長男として生まれた。徳川吉宗のもと、36歳で大坂城代となり、38歳で老中となったが、後に罷免された。

・ 幕末の戊辰戦争で微妙な立場にあったのが、徳川家恩顧の譜代の藩であった。そういった意味では、藩内の意思統一がはかれなかったことも多かった。下総国の佐倉藩11万石も同様であった。藩主の堀田正倫は佐幕派的な努力をしていたが、藩兵300人を率いて新政府軍に嘆願に行った際に、立場の曖昧さに京における謹慎を申し渡された。事実上、藩主が京で人質になったという。  


【注意】転封などがあるため、藩主や石高には変化があります。ここでは一例を掲載しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示