徳川吉宗
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 歴史的人物のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 徳川吉宗(とくがわ よしむね)

・ 1684年〜1751年。

・ 徳川幕府八代将軍。

・ 「徳川(苗字)」+「吉宗(諱)」
・ 幼名・ 源六
・ 通称: 新之助
・ 別名: 松平頼久・頼方
・ 階位: 従一位太政大臣
・ 院号: 有徳院

・ 身長は六尺を超える偉丈夫(おおおとこ)だったという。母親の「お由利の方」は農民の出。

・ 六代将軍の正室の天英院や幕閣の推挙で将軍となった。その背景には、経済悪化の紀州藩の財政を立て直した業績に期待して、同様に経済悪化の幕府の財政の立て直しを期待したからである。

・ 紀州家の四男にうまれた吉宗は、徳川綱吉に見いだされ越前国丹生の領地を与えられて立藩した。

・ 紀州藩主時代に、「宿直(とのい)の藩士が酒を飲んで遊び歩く」という事件が起きた際も、この藩士が普段から武芸に熱心であると聞き、「人には短所もあれば長所もある」と許したという。その結果、藩士たちは感激して、いっそう武芸に励むようになり、また宿直で酒を飲む者もなくなったという。
※ まぁ、俗に言う「太陽と北風」の太陽政策で、人心掌握能力に優れていたようですね。


Help】 「苗字」「階位」「幼名」「通称」「諱」「尊称」「号」「氏」「姓」などはこちらをご覧ください。   

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示