館林藩
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 藩のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 館林藩(群馬県館林市

・ 秋元家6万石・譜代大名

・ 1845年に出羽国山形から入封。「群馬県館林の暑さは山形産(笑)

・ 榊原康政: 徳川四天王の一人。三方原の戦いで大敗した徳川軍の中で、孤軍武田軍に奇襲作戦を行ったので有名。徳川家康の関東入国後、上野国館林城主(10万石)。

・ 1845年に館林に転封してきた秋元志朝(ゆきとも)は長州藩主の毛利定広の実の兄だった。さて、佐幕につくか、勤皇につくか難しい選択を迫られた。結局、館林藩は千人を超える派兵を行い、戦後には1万両を超える恩賞をもらった。  


【注意】転封などがあるため、藩主や石高には変化があります。ここでは一例を掲載しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示