松平家
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「家」のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 松平家(徳川家

# 代表家紋

# 「松平」の名字の由来 

# 松平信綱 ・ 松平定信 ・ 松平定政

【松平の雑学】

・ 十八松平は実数ではなく、家康以前の松平氏八代の間に分出した松平庶家の総称であったともいう。

・ 松平忠直は越前勢を引き連れて奮戦、3700余の首をあげ、真田隊を壊滅させた。

・ 松平氏の祖の親氏と父親の有氏は、流亡の旅をした。生まれは上野国の新田荘の徳河郷(群馬県太田市)で、親氏の初名を世良田次郎三郎、または徳川次郎三郎と言った。この流浪の旅の原因として、いくつかあるようだが、関東管領の上杉氏が鎌倉公方に反逆したときに、親氏らは上杉氏に荷担し、敗北。足利方の探索を逃れるためとも言う。親氏は三河に流れ、坂井郷(愛知県幡豆郡吉良町酒井)の坂井氏に婿養子として迎えられた。ここでもうけた子は後の徳川四天王の一人の酒井忠次の先祖という。しかし、その後妻が亡くなったため、親氏は三河国加茂郡松平郷(愛知県豊田市松平町)に移ったという。【松平家の謎 歴史読本編集部 新人物文庫】 

・ 元々、「松平」は賀茂姓だった。征夷大将軍の資格のある源氏になるために徳川とした。

・ 室町時代に活躍した、三代目の松平信光は、若い頃に谷間の松平郷から平野部の岩津に本拠地を移し、晩年には安祥(安城)に転じた。信光には40人もの子があり、松平一族が西三河で勢力を持った。【江戸の殿さま 全600家 八幡和郎 講談社】

# 十四松平家(十八松平家ともいう)
・ 枩(まつ)は松の異体字だが、この字を分解して「十」「八」「公」、つまり「十八松平」という言葉が先に出来て、後に「各家」を当てはめたという。その後、江戸時代に大名又は大身の旗本になった十四家を指して「十四松平家」とした。
・ 長沢松平
・ 五井松平
・ 竹谷松平
・ 形原松平
・ 深溝松平
・ 大草松平
・ 東条松平
・ 藤井松平
・ 三ツ木松平
・ 青野松平
・ 福釜松平
・ 西郷松平
・ 能見松平
・ 瀧脇松平
・ 大給松平

# 西郷松平家(岡崎松平家→大草松平家)
・ 信光が岡崎城主の西郷弾正左衛門頼嗣を降して、五男の紀伊守光重を頼嗣の女婿にしたことに始まる。後に松平清康に破れて大草村(愛知県額田郡幸田町大草)に隠居したので「大草松平家」ともいう。
・ 西郷松平家は、肥後国の菊池一族で、南北朝時代に足利方の仁木義長に従い、義長が1351年に三河国守護になったのにともない、三河国守護代となった。また、室町幕府の奉公衆の大草三郎左衛門公経の子孫という説もある。

# 能見松平家
・ 信光の八男の次郎右衛門光親が三河国額田郡能見(愛知県岡崎市元能見町)に分封されたのに始まる。しかし、実際は西郷松平家の家臣だったともいう。
・ 五代の昌利の子孫は旗本
・ 次郎右衛門重吉の四男の伝三郎重勝は1612年に松平忠輝の家老となり、越後国蒲原郡三条で2万石。忠輝が改易後、下総国関宿藩2万6千石。子孫は、出羽国上山藩摂津国三田藩を経て、豊後国杵築藩3万2千石。
・ 能見松平家(豊後国杵築藩)
徳川将軍家の庶流で三河国能見郷をルーツとする。古くから、松平家に仕え、初代の重勝は家康の六男の忠輝が越後国高田藩主となった際に、付家老として越後国三条2万石を与えられた。その後、忠輝が改易されると、幕臣となり下総国関宿藩2万6千石から遠江国横須賀藩へ。二代重忠は出羽国上山藩に転封。三代重直は摂津国三田藩3万石。四代の英親が豊後国杵築藩3万2千石。なお「杵築」はもとは「木付」だったが、将軍家の朱印状に「杵築」と書かれていたので「杵築」と改めた。明治時代には子爵。【譜代大名126家「勝ち組」の出世競争 榎本秋 晋遊舎新書】
・ 信光の八男の光親を祖とし、三河国額田郡能見(愛知県岡崎市)を本拠地とした。松平忠輝の付家老を努めたが、忠輝の失脚後には関宿から遠江国横須賀城主兼駿府城代、上山、三田、豊前竜王、豊後高田と転じ、1645年に豊後国杵築藩主3万2千石。その後転封を重ね、1684年に改易。【江戸の殿さま 全600家 八幡和郎 講談社】

# 形原松平家
・ 信光の四男の佐渡守与副が三河国額田郡山中で七百貫文、のちに七百五十貫文で形原に転じたことに始まる。形原松平家は西郷松平家の庶流といわれる。六代の紀伊守家信は1590年の家康の関東入国で、上総国五井5千石、1618年に1万石。その後、摂津国高槻藩2万石、下総国佐倉藩4万石。子孫は、摂津国高槻藩丹波国篠山藩を経て丹波国の亀山藩5万石。
・ 形原松平家(丹波国亀山藩)
三河国形原をルーツとする。初代の家信は酒井忠次の配下として徳川家に仕えた。小田原の陣の後、上総国五井5千石。元和4年に三河国形原1万石。その後、摂津国高槻藩2万石、下総国佐倉藩4万石、丹波篠山藩5万石。六代信岑は丹波国亀山藩5万石。明治時代には子爵。【譜代大名126家「勝ち組」の出世競争 榎本秋 晋遊舎新書】
・ 大老の井伊直弼の正室は丹波国亀山藩の形原松平氏の出。信光の四男の与副を祖とし、三河国宝飯郡形原(愛知県蒲郡市)を本拠地とした。【江戸の殿さま 全600家 八幡和郎 講談社】

# 五井松平家
・ 信光の七男の弥三郎元芳が三河国宝飯郡五井(愛知県蒲郡市五井町)に分封されたのに始まる。
・ 五井松平家の六代の伊昌は1590年の家康の関東入国後、下総国印旛郡で2千石、子孫は5千5百石を領した。

# 深溝松平家
・ 深溝松平家は五井松平家の支流が三河国額田郡深溝(愛知県額田郡幸田町深溝)に分知されたことによる。
・ 深溝松平家は歴代の当主が合戦で戦死し、家康の松平家にとっては家臣のように扱われていた。六代忠利は1601年に三河国深溝に転じた後に、三河国吉田藩3万石を賜った。子孫は三河国刈谷藩丹波国福知山藩などを経て肥前国島原藩7万石。
・ 深溝松平家(肥前国島原藩)
三河国深溝をルーツとする。松平家忠は、徳川家康に仕え、家康の関東入国後には武蔵国の忍1万石。その後、下総国上代(かじろ)から下総国小見川に転じた。二代忠利は関ヶ原の戦後に、三河国深溝藩1万石から三河国吉田藩3万石。三代忠房は三河国刈谷藩から丹波国福知山藩、そして肥前国島原藩へ。幕末には新政府軍に恭順し、明治時代には子爵。【譜代大名126家「勝ち組」の出世競争 榎本秋 晋遊舎新書】

# 竹谷松平家
・ 竹谷松平家は、信光の長男の左京亮守家が三河国宝飯郡竹谷(愛知県蒲郡市竹谷町)に分地されたことにはじまる。家清は家康の関東入国後、武蔵国児玉郡八幡山1万石を賜り、関ヶ原の合戦後には三河国吉田藩3万石。しかし無嗣断絶後、弟の清昌の子孫が旗本5千石。
・ 信光の長男の守家を祖とし、三河国宝飯郡竹谷(愛知県蒲郡市)を本拠地とした。江戸時代には無嗣断絶で旗本として名跡を残した。【江戸の殿さま 全600家 八幡和郎 講談社】

# 長沢松平家
・ 長沢松平家は、信光の子の備中守親則が三河国宝飯郡長沢(愛知県豊川市長沢町)に分地されたことに始まる。八代の上野介康忠は家康の異母妹の矢田姫と結婚し、岡崎三郎信康の家老となったが築山事件で蟄居。その後許されて、長篠合戦に従軍し、家康の伊賀越えに従い、小牧長久手の合戦に参加した。
・ 九代康直は家康の関東入国で武蔵国深谷1万石を賜ったが、死去後養子の松平上野守忠輝(家康の六男)は越後高田藩60万石を領したが改易。その後、子孫は八代将軍吉宗の時代に300石で取り立てられた。
・ 本家が断絶した後、松平忠輝、そして養子の(奥平)忠明が名跡を継いだ。【江戸の殿さま 全600家 八幡和郎 講談社】

# 藤井松平家(出羽国上山藩
・ 三河国藤井郷をルーツとする。初代の信一は関ヶ原の戦いの後に、常陸国土浦藩3万5千石。その後、上野国高崎藩5万石、丹波国篠山藩5万石へ。そして、播磨国明石藩7万石から下総国古河藩9万石。その後、不祥事で改易となったが、旧藩主の忠之の弟の信通が家督を継いで備中国庭瀬藩3万石。そして、出羽国上山に転封となった。(このとき、すでに無くなった上山城を再建した?)。そのために財政状態が悪化して藩士の人員削減を行った。八代信将のときに凶作から一揆がおきるなど、藩政は混乱した。14代信庸のときに、幕末の混乱から江戸市中取締を命ぜられ、鶴岡藩とともの薩摩藩邸を襲撃した。【譜代大名126家「勝ち組」の出世競争 榎本秋 晋遊舎新書】

# 藤井松平家(信濃国上田藩
・ 藤井松平家の二代に信吉の次男の忠晴を祖とする。駿河国田中藩2万5千石から、遠江国掛川藩3万石、丹波国亀山藩3万8千石へ。その後、武蔵国岩槻藩4万8千石、但馬国出石藩4万8千石、信濃国上田藩5万8千石と転じた。【譜代大名126家「勝ち組」の出世競争 榎本秋 晋遊舎新書】

# 久松松平家

【安城庶流

# 大給松平家
・ 大給松平家は、親忠の次男の乗元が三河国加茂郡大給(愛知県豊田市大内町)に分地されたことに始まる。大給松平家の兵力は約4〜500で松平一族でもかなりの大規模。六代家乗は家康の関東入国で上野国那波郡で1万石を賜り、関ヶ原の合戦後には美濃国岩村藩2万石。子孫からは多くの老中が出て、遠江国浜松藩上野国館林藩下総国佐倉藩肥前国唐津藩山城国淀藩を経て、三河国西尾藩6万石。分家には美濃国岩村藩3万石、豊後国府内藩2万1千石、信濃国田野口藩1万6千石などがある。

# 瀧脇松平家
・ 瀧脇松平家は親忠の九男の乗清が三河国加茂郡瀧脇(愛知県豊田市滝脇町)に分地されたことに始まる。実際は大給松平家の支流という。四代乗次が慶長6年に瀧脇村周辺などを賜った600石を代々領した。
・ 滝脇松平家(駿河国小島藩)
三河国滝脇をルーツとする。松平正勝が大坂夏の陣に青山忠俊の配下として出陣。討ち死にしたため、形原松平家から重信を迎えた。また、重信の甥の信孝が家督を継いで滝脇松平家の初代となった。信孝は元禄2年に若年寄となり、駿河国小島に陣屋を構えて大名となった。明治維新後、徳川宗家が駿河国に転じた際、上総国金ケ崎から上総国桜井に転じた。このときに、姓を松平から滝脇に改めた。後に子爵。【譜代大名126家「勝ち組」の出世競争 榎本秋 晋遊舎新書】

# 桜井松平家
・ 桜井松平家は、長忠の三男の信定が、叔父の玄蕃助親房の遺領の三河国碧海郡桜井(愛知県安城市桜井町)に分地されたことに始まる。桜井松平家は安城庶流の筆頭だが、再三にわたって宏忠・家康親子に反旗を翻した。三河の一向一揆の際も、一向一揆側に組したという。家広は1590年の家康の関東入国後、武蔵国松山1万石を賜った。その後遠江国浜松藩5万石であったが改易。遺児の忠重は旗本5千石から遠江国掛川藩4万石。子孫は信濃国飯山藩を経て摂津国尼崎藩4万石。 
・ 桜井松平家(摂津国尼崎藩)
三河国桜井をルーツとする。初代の家広は家康の関東入国後、武蔵国松山1万石。関ヶ原の戦いの後には美濃国金山藩2万5千石から遠江国浜松藩5万石。しかし慶長14年に不祥事で改易。三代忠重が武蔵国深谷8千石で復活し、後に上総国佐貫藩1万5千石で再び大名に。その後、駿河国田中藩、遠江国掛川藩4万石へ。そして、信濃国飯山藩から掛川藩、摂津国尼崎藩へと転じた。幕末には新政府軍に属し、桜井に復姓した。明治時代には子爵。【譜代大名126家「勝ち組」の出世競争 榎本秋 晋遊舎新書】


■ 松平家の三代の信光が三河国岩津の妙心寺に仏像を寄進し、その胎内に「加茂朝臣」という名を残している。つまり、山城国の加茂氏の末裔を称している。また、三河国には加茂神社の神領が多く、加茂郡、加茂郷、渥美郡加茂村など「加茂」の地名も多い。従って、加茂朝臣の一族が三河国に移り住んだ可能性がある。そして、この加茂神社の神紋が葵の紋。これらから、三河松平氏は加茂氏の出と思われる。【誰も書かなかった徳川家の謎 小泉俊一郎 中経文庫】

■ 松平家の三代の信光が三河国岩津の妙心寺に仏像を寄進し、その胎内に「加茂朝臣」という名を残している。つまり、山城国の加茂氏の末裔を称している。また、三河国には加茂神社の神領が多く、加茂郡、加茂郷、渥美郡加茂村など「加茂」の地名も多い。従って、加茂朝臣の一族が三河国に移り住んだ可能性がある。そして、この加茂神社の神紋が葵の紋。これらから、三河松平氏は加茂氏の出と思われる。【誰も書かなかった徳川家の謎 小泉俊一郎 中経文庫】

■ 青野(東条)松平家
・ 東条松平家は、長忠の四男の義春が三河国壁海郡青野(愛知県岡崎市上青野町)に分知され、孫の家忠が東条(愛知県西尾市)に移り住んだ。家忠は子供がいないまま死亡したので、家康の四男の薩摩守忠吉が跡を継いだ。1582年に駿河国沼津4万石を賜り、関ヶ原の合戦では義父の井伊直政とともに活躍した。その後、尾張国清洲藩57万2千石に転じたが跡継ぎがおらずに無嗣断絶。その後、清洲藩は実弟の徳川義直が嗣ぎ、後の尾張藩となる。

■ 松井松平家
・ 東条松平家の家忠が幼かったので、母方の叔父で家老の松井左近忠次が後見し、後に松平姓を賜って松平周防守康親を称し、松井松平家の祖となった。康親の嫡男の康重は家康の関東入国後、武蔵国私市(騎西)にて2万石を賜り、関ヶ原の戦いの後は常陸国笠間3万石。子孫は、石見国浜田藩下総国古河藩三河国岡崎藩陸奥国棚倉藩などを経て、武蔵国川越藩8万4百石。

■ 藤井松平家
・ 長忠の五男の利長が三河国碧海郡藤井(愛知県安城市藤井町)に分知されたことに始まる。二代の信一は家康の関東入国後、下総国布川5千石。関ヶ原の合戦後には常陸国土浦藩3万5千石。孫の信之は老中を務め、播磨国明石藩大和国郡山藩を経て、下総国古河藩9万石。しかし、嫡子の病気にて改易。弟の信通が備中国庭瀬藩3万石。子孫は出羽国上山藩3万石。分家は信濃国上田藩5万3千石。

■ 福釜松平家・三ツ木松平家
・ 福釜松平家は、長忠の次男の親盛が三河国碧海郡福釜(愛知県安城市福釜町)に分知されたのに始まる。子孫は、江戸時代には1100石を領した。
・ 三ツ木松平家は、信忠の次男の信孝が三河国碧海郡合歓木村(愛知県岡崎市合歓木町)に分知されたことに始まる。子孫は江戸時代に5百石を領した。

■ 大河内松平家


■ 松平家は足利将軍の側近の伊勢氏の被官となって傭兵業のようなものもやっていた。【江戸の殿さま 全600家 八幡和郎 講談社】

■ 三河の一向一揆は、元康が家康とあらためた、1563年9月に発生した。1566年には松平から徳川に改姓した。【江戸の殿さま 全600家 八幡和郎 講談社】


【参考資料】

# 誰も書かなかった徳川家の謎 小泉俊一郎 中経文庫
# 徳川家臣団の謎  菊地浩之 角川選書  他 
# 江戸の殿さま 全600家 八幡和郎 講談社

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示