賀茂氏
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 古代豪族の目次
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 賀茂氏(かものうじ): 「賀茂・鴨」の名字の由来

・ 八咫烏(ヤタガラス)に化身して神武天皇を案内した賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)を始祖とする。

・ 賀茂建角身命の孫の賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと)が上賀茂神社の祭神。賀茂建角身命と娘の建玉依比売命(たけたまよりひめのみこと)が下賀茂神社の祭神。建玉依比売命の兄弟の子孫が賀茂氏。  

# 賀茂(かも)氏

・ 甘茂、加茂、鴨とも書く。

・ 大和国葛上郡の地名に因む。

・ 大国主命の後裔氏族。

・ 姓(かばね)は「君」。後に「朝臣」。

・ 伊予国には「直」姓の賀茂氏がいた。

出典

# カモ信仰: 山の神、水の神としてカモ神を祀り、「鴨」という鳥を神の使者とする信仰で、古代には畿内のあちこちにカモ信仰がみられた。カモ信仰をもつ有力豪族に「鴨県主(かもあがたぬし)」がおり、京都の北東部に上賀茂神社と下賀茂神社を祀った。賀茂神社が営まれた地に、賀茂や加茂の地名がついた。鳥取県米子市加茂町の賀茂神社天満宮、山梨県笛吹市春日居町加茂の加茂春日神社など。【地名でわかるオモシロ日本史 武光誠 角川ソフィア文庫】

# 「かも」の語源

# 「かも」の地名

統計表示