「広瀬」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「は」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 広瀬(ひろせ)

【2019/02/06:改編】

# 全国順位(森岡浩ランキング): 142位

# 180位: 代表家紋: 「丸に木瓜紋」「丸に橘紋」「丸に違い鷹の羽紋」「丸に蔦紋」。地形姓。特に山梨県に多い。飛騨の広瀬氏は、飛騨国吉城郡広瀬郷をルーツとし、藤原北家利仁流。【知っておきたい家紋と名字 別冊宝島】

# 沖縄県と東北地方を除く全国にみられる。

# 飛騨の広瀬氏は飛騨国吉城郡広瀬郷(岐阜県高山市)をルーツとし、藤原北家利仁流

# 出雲国の広瀬氏は宇多源氏の出。富田広泰の六男の秀泰が広瀬に住んで広瀬氏を称した。

# 薩摩の広瀬氏は薩摩国伊佐郡広瀬(鹿児島県薩摩郡さつま町)をルーツとする。

# 富山県の広瀬家: 越中国新川郡経田村(富山県魚津市)の旧家で、江戸時代には加賀藩十村役を務める。

# 富山県の広瀬家: 富山市星井町で売薬業を営んだ。

# 石川県の広瀬家: 加賀藩士

# 大分県の広瀬家: 豊後国日田(大分県日田市)の豪商で甲斐国の出と言われる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示