富山県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 四十物(あいもの): 富山県富山市西四十物町。富山県黒部市四十物町。

■ 英遠浦(あおのうら): 富山県氷見市阿尾

■ 青柳(あおやなぎ): 富山県富山市青柳

■ 悪王寺(あくおうじ): 富山県富山市悪王寺

■ 山女(あけび): 富山県魚津市山女

■ 雨晴(あまはらし):  富山県高岡市太田雨晴

■ 雨潜(あめくぐり): 富山県南砺市雨潜

■ 生地(いくぢ): 富山県黒部市生地

■ 井波(いなみ): 富山県南砺市井波

■ 犬山(いぬやま): 富山県黒部市犬山

■ 猪谷(いのたに): 富山県南砺市猪谷

■ 猪谷(いのたに): 富山県富山市猪谷

■ 射水(いみず): 富山県射水市

■ 入谷(いりたに): 富山県富山市八尾町入谷

■ 犬内(いんない): 富山県射水市犬内

■ 打出(うちいで): 富山県富山市打出

■ 宇奈月(うなづき): 富山県黒部市宇奈月町

■ 瓜裂清水(うりわりしょうず): 富山県

■ 上見(うわみ): 富山県南砺市上見

■ 海老江(えびえ): 富山県中新川郡舟橋村海老江。富山県射水市海老江。

■ 大江干(おおえぼし): 富山県富山市大江干
・ 常願寺川の中流左岸付近に位置する。
※ 地名の由来はわかりませんが、たぶん「大江」を干拓してできた村ではなかろうか?干し地名は全国にありますね。飯干なんかは有名か?

■ 大江(おおごう): 富山県射水市。この地方は沼地が多く田仕事も川底に沈むほどであることに由来する。

■ 押上(おしあげ): 富山県富山市押上

■ 鬼崎(おにざき): 愛知県常滑市(旧鬼崎町)

★ 

■ 開発(かいほつ): 富山県富山市開発。富山県高岡市開発町。富山県砺波市東開発。富山県南砺市開発。富山県射水市今開発。富山県中新川郡上市町中開発。

■ 加納(かのう): 富山県氷見市加納

■ 楠木(くすのき): 富山県富山市楠木

■ 呉羽山(くれはやま): 富山市の西部に延びている呉羽丘陵中の山。

■ 小出(こいで):  富山県富山市水橋小出

★ 

■ 佐伯(さえき): 富山県魚津市佐伯

■ 眼目(さっか): 富山県中新川郡上市町眼目

■ 指崎(さっさき): 富山県氷見市指崎

■ 三女子(さんよし): 富山県高岡市三女子
・ 「三好」から転じた。

■ 四間町(しけんちょう): 富山県滑川市四間町。

■ 七軒(しちけん): 富山県射水市海老江七軒。富山県富山市七軒町。

■ 一日市(していち): 富山県南砺市一日市

■ 柴橋(しばはし): 富山県富山市八尾町柴橋。この地の開拓者の柴橋某に由来する。

■ 城端(じょうはな):  富山県南砺市城端

■ 総曲輪(そうがわ): 富山県富山市総曲輪

★ 

■ 高岡(たかおか): 富山県高岡市

■ 作道(つくりみち): 富山県射水市作道

■ 砺波(となみ): 富山県
・ 7世紀前半、朝廷より利波評(郡)を賜ったのに由来する。8世紀半ば頃に「利波」から現在の「礪波」「砺波」に変わっていった。

■ 戸保家(とぼけ): 富山県南砺市戸保家

★ 

■ 鍋島(なべしま): 富山県砺波市鍋島

■ 滑川(なめりかわ): 富山県滑川市

★ 

■ 戸破(ひばり): 富山県射水市戸破

■ 氷見(ひみ): 富山県氷見市

★ 

■ 

★ 

■ 湯神子(ゆのみこ): 富山県中新川郡上市町湯神子
・ 湯神子(ゆのみこ): 村名の由来は、昔、上市大岩街道の東方にあった湯の谷温泉が出ていたことによる。【角川日本地名大辞典】

■ 鼠谷(よめだん): 富山県富山市

★ 

■ 頼成(らんじょう): 富山県砺波市頼成

■ 六渡寺(ろくどうじ)駅: 万葉線。富山県射水市庄西町
・ 江戸時代からの六渡寺村に由来し、庄川沿いに渡しがあり、付近にあった六動寺に「渡」の字をあてた。

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示