「葵」の家紋
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 家紋のはなし
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 葵: フタバアオイ(カモアオイ)は賀茂神社の神事で使用された。戦国時代に三河地方の松平家本多家、伊那家など賀茂神社を信仰した家で使用された。ちなみに本多家は賀茂神社の神職だった。
・ 善光寺の「立ち葵紋」は建立した本田善光の紋。

■ 葵紋: 松平氏の発祥の地の三河国の松平村は、加茂郡にあり、先祖は加茂朝臣として、賀茂神社に奉仕していた社家だったことに由来する。【神紋総覧 丹羽基二 講談社】

■ 神紋や家紋に使われる「葵(あおい)」はもともと「二葉葵」。

■ 葵紋
・ 「アオイ」の草は、京都の賀茂神社の裏山や、三河国賀茂郡に多く生えていたので「カモアオイ」ともいう。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】
・ 徳川家: 葵巴紋、六葵紋。清和源氏義家流
・ 松井家: 裏葵紋。清和源氏支流
・ 本多家: 立葵紋、黒餅立葵紋。藤原氏兼通流。
・ 川村家: 剣葵紋。藤原北家秀郷流
・ 菅原家: 左離立葵紋。清和源氏頼光流

■ 葵紋: 徳川家をはばかって江戸時代に改紋した諸家 

■ 一葉葵紋

・ 大給松平家【「家紋と家系」事典 名前からわかる自分の歴史 丹羽基二 講談社】

   

■ 二葉葵紋

・ 本多家

二葉葵紋  二葉葵紋

■ 葵丸紋

・ 清和源氏義家流の松平家【「家紋と家系」事典 名前からわかる自分の歴史 丹羽基二 講談社】

   

■ 丸に三つ葵紋

   丸に三つ葵紋 

■ 徳川葵紋

・ 徳川葵紋も、将軍によって微妙に違うことがある。

・ 大信寺輪王寺

 徳川葵紋

■ 立ち葵紋: 本多家藤田家

・ 本多立ち葵紋: 三本が左と右に分かれ、二本と一本に分かれている。京都の賀茂神社の神紋は葉が二枚で二葉葵紋という。神官の本多家はこれを家紋とした。その際に葉を三枚にして意匠のバランスをとったが二葉の原型を残すために、二本と一本に分けた。【「家紋と家系」事典 名前からわかる自分の歴史 丹羽基二 講談社】

・ 立葵紋: 藤原北家兼通流の本多家、清川氏流の本多家、清和源氏の平井家、清和源氏の山田家。【「家紋と家系」事典 名前からわかる自分の歴史 丹羽基二 講談社】

・ 右離れ立ち葵紋: 藤原北家兼通流の藤田家。【「家紋と家系」事典 名前からわかる自分の歴史 丹羽基二 講談社】

・ 本多立ち葵紋の謎: 葵の紋と言えば、徳川将軍家の「三つ葉葵紋」が有名。そう、「控えおろう。この紋所が目に入らぬか。」で有名な水戸黄門の印籠についているやつですね。徳川家康が賀茂神社の氏子だったので「葵紋」を家紋としてから、「葵紋」は他家の使用を禁じた。しかし、以前から「葵紋」を使用していた、本多家や善光寺などは使用を押し通したらしい。
そもそも、京都の賀茂神社の裏山の神山に生えていた霊草が「葵」で、この草で社(やしろ)を祀り、神の降臨を請うのが京都の葵祭。賀茂神社の神紋は葉が二枚で「二葉葵」という。神官の本多家はこれん家紋としたが、その際に葉を三枚にして意匠のバランスをとった。そして、原型の二葉を残すために、左と右で二枚と一枚(一枚と二枚)に分けた。そしてできたのが「本多立ち葵紋」。本多家の流れによって「左離れ」「右離れ」に違いがあるか否か?それが疑問である。

・ 善光寺

立ち葵紋  右離れ立ち葵紋

■ 左離れ立ち葵紋

・ 左離れ立ち葵紋: 清和源氏頼光流の菅原家。【「家紋と家系」事典 名前からわかる自分の歴史 丹羽基二 講談社】

左離れ立ち葵紋  左離れ立ち葵紋

■ 丸に右離れ立ち葵紋: 本田家

丸に右離れ立ち葵紋  丸に右離れ立ち葵紋

■ 丸に左離れ立ち葵紋

丸に左離れ立ち葵紋  丸に左離れ立ち葵紋

■ 葵車紋

・ 清和源氏頼光流の多田家【「家紋と家系」事典 名前からわかる自分の歴史 丹羽基二 講談社】

   

■ 剣葵紋

・ 藤原北家秀郷流の川村家【「家紋と家系」事典 名前からわかる自分の歴史 丹羽基二 講談社】

剣三つ葉葵紋  剣三葉葵紋
剣二葉葵紋  剣二葉葵紋

■ 花葵紋

・ 藤原氏の内田家【「家紋と家系」事典 名前からわかる自分の歴史 丹羽基二 講談社】

・ 能見松平家、小沢家【「家紋と家系」事典 名前からわかる自分の歴史 丹羽基二 講談社】

   

■ 

   

■ 

   

■ 家紋の画像データについて

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示