「目結」の家紋
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 家紋のはなし
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 「目結」の家紋の解説

# 「目結紋」と「目紋」

# 目紋(めもん): 「目結(めゆい)」とも言う。もともとは糸を使った絞り染めの技法のことで、鹿子(かのこ)絞りと呼ばれた。平安時代に文様として盛んに使用されたあと、鎌倉時代には家紋に転じて大流行した。【出典

■ 四つ目結紋: インドの「鹿の子絞り」に由来する。一族の団結を表す。宇多源氏の佐々木氏の代表家紋で、青森県では約2割が使用している。

# 四つ目結い紋: 清和源氏義家流の高山家【「家紋と家系」事典 名前からわかる自分の歴史 丹羽基二 講談社】

・ 奥家栗林家橋本家 、山下家

# 剣四つ目結い紋: 吉野家【「家紋と家系」事典 名前からわかる自分の歴史 丹羽基二 講談社】

# 捻じ四つ目紋: 野村家 

   四つ目結紋
折り四つ目紋  折り四つ目紋
繋ぎ四つ目紋  繋ぎ四つ目紋
市松四つ目紋  市松四つ目紋
捻じ四つ目結紋  捻じ四つ目紋
剣四つ目結い紋  剣四つ目結い紋
陰隅み折れ四つ目紋  陰隅み折れ四つ目紋
陰捻じ四つ目紋  陰捻じ四つ目紋
陰反り折り四つ目紋  陰反り折り四つ目紋
木瓜に四つ目紋  木瓜に四つ目紋
亀甲に四つ目紋  亀甲に四つ目紋
五瓜に四つ目紋  五瓜に四つ目紋
丸に四つ鐶に四つ目紋  丸に四つ鐶に四つ目紋
糸輪に割り四つ目紋  糸輪に割り四つ目紋
抱き柏に四つ目紋  抱き柏に四つ目紋 抱きの意味
丸に中陰持ち合い四つ目紋  丸に中陰持ち合い四つ目紋 持ち合いの意味
丸に蔓四つ目紋  丸に蔓四つ目紋
四つ鐶輪に豆四つ目紋  四つ鐶輪に豆四つ目紋
糸輪に結び四つ目紋  糸輪に結び四つ目紋
糸輪に豆四つ目紋  糸輪に豆四つ目紋
持ち合い四つ目紋  持ち合い四つ目紋 持ち合いの意味
七割繋ぎ四つ目紋  七割り繋ぎ四つ目紋
中輪に陰反り四つ目紋  中輪に陰反り四つ目紋
中輪に覗き四つ目紋  中輪に覗き四つ目紋 ※覗きの意味
   
   平四つ目結紋
   丸に平四つ目結紋
   隅立て四つ目紋
   丸に隅立て四つ目紋
   三つ目結紋
   五つ目結紋
   十二目結紋
   十六目結紋
   その他の目結紋

■ 平四つ目結紋

# 平四つ目紋(ひらよつめもん): 中心に小さな正方形の穴をもつ目結を四つ集め、辺を下にして描いたもの。讃岐国丸亀藩の京極家の家紋。【出典

# 七つ割り平四つ目紋(ななつわりひらよつめもん): 目結の穴を、紋全体を七分割した幅で描く「平四つ目」。滋賀県の近江八幡市の沙沙貴神社の神紋。【出典

# 宇多源氏佐々木家尼子家。狭々貴神社の神紋

# 吉田家京極家

平四つ目結紋  平四つ目結紋
亀甲に平四つ目紋  亀甲に平四つ目紋
隅切り角に平四つ目紋  隅切り角に平四つ目紋
七割り平四つ目紋  七割り平四つ目紋
組み合わせ角に平四つ目紋  組み合わせ角に平四つ目紋
   

■ 丸に平四つ目紋

・ 木村家宇多源氏佐々木氏流)、木村家本間家松下家森田家山崎家山中家山本家

・ 今村家大川家岡家川島家山根家横田家

丸に平四つ目紋  丸に平四つ目紋

■ 丸に四つ目菱紋

■ 隅立て四つ目紋

# 隅立て四つ目紋(すみたてよつめもん): 正方形の中心に四角形の穴を開けて、隅の部分で立てたものを四つ寄せ集めて描いたもの。この紋は目結紋の中では基本形で、最も多く使用されている。近江国の佐々木氏の家紋で、庶家では辺を下につけた形で描かれる。目結紋は江戸時代以降は、家紋名としては多くの場合「結」が省かれる。【出典

# 亀井家佐々木家宗家六角家吉田家京極家

# 大八木家【「家紋と家系」事典 名前からわかる自分の歴史 丹羽基二 講談社】

# 五瓜に隅立て四つ目紋: 小島家

# 七つ割り隅立て四つ目結紋: 佐々成政

# 木瓜に隅立て四つ目紋(もっこうにすみたてよつめもん): 木瓜の鎖の中に、「隅立て四つ目」を描いた紋様。【出典

隅立て四つ目結紋  隅立て四つ目紋 ※隅立ての意味
五瓜に隅立て四つ目結紋  五瓜に隅立て四つ目紋(ごかにすみたてよつめもん): 五瓜の中に「隅立て四つ目」を描いた紋様。【出典】 ※隅立ての意味
七つ割り隅立て四つ目結紋  七つ割り隅立て四つ目結紋 ※隅立ての意味
   十一割隅立て四つ目紋 ※隅立ての意味
陰丸に陰隅立て四つ目紋  陰丸に陰隅立て四つ目紋 ※隅立ての意味
中陰隅立て四つ目紋  中陰隅立て四つ目紋 ※隅立ての意味
石持ち地抜き隅立て四つ目紋  石持ち地抜き隅立て四つ目紋 ※石持ち地抜きの意味 ※隅立ての意味
陰隅立て反り四つ目紋  陰隅立て反り四つ目紋 ※隅立ての意味
隅入り角に隅立て四つ目紋  隅入り角に隅立て四つ目紋 ※隅立ての意味
細松皮菱に隅立て四つ目紋  細松皮菱に隅立て四つ目紋 ※隅立ての意味
三つ追い茗荷に隅立て四つ目紋  三つ追い茗荷に隅立て四つ目紋 ※隅立ての意味
十五割り隅立て四つ目紋  十五割り隅立て四つ目紋 ※隅立ての意味
雪輪に隅立て四つ目紋  雪輪に隅立て四つ目紋 ※隅立ての意味
反り隅立て四つ目紋  反り隅立て四つ目紋 ※隅立ての意味
変わり十三割り隅立て四つ目紋  変わり十三割り隅立て四つ目紋 ※隅立ての意味
   

■ 丸に隅立て四つ目紋: 大沢家小西家寺田家平井家平田家村田家山崎家

丸に隅立て四つ目結紋  丸に隅立て四つ目紋 ※隅立ての意味

■ 三つ目結紋: 磯部家

三つ目紋  三つ目紋(みつめもん): 中心に小さな正方形の穴を持つ目結を、隅を立てて三つ積んだ紋様。【出典
丸に三つ目紋  丸に三つ目紋
陰三つ目紋  陰三つ目紋
隅合わせ三つ目紋  隅合わせ三つ目紋
菅沼三つ目紋  菅沼三つ目紋
三つ網目紋  三つ網目紋
   

■ 五つ目結い紋: 桜井家

重ね五つ目紋  重ね五つ目紋
繋ぎ五つ目紋  繋ぎ五つ目紋

■ 十二目結紋: 能勢家

# 能勢目結紋(のせめゆいもん): 摂津国の豪族の能勢氏が江戸時代に使用した替紋。十二個の目結を十字形に並べた紋様。【出典

能勢目結紋  能勢目結菱紋(のせめゆいひしもん): 中世に能勢氏が使用した紋。斜めの長方形に組んだ十二目結紋を、平行四辺形に変形して描いた紋様。【出典

■ 十六目結紋: 本間家 

十六目結紋  十六目結紋

■ その他の目結紋

# 市松四つ目紋(いちまつよつめもん): 四つの目結を、市松模様のように並べて描いたもの。東京都港区の乃木神社の神紋。【出典

# 持ち合い四つ目紋(もちあいよつめもん): 「隅立て四つ目」を左右に並べ、一つの目結部分を共有するように描いたもの。赤穂浪士の堀部安兵衛の家紋。【出典

 
能勢目結紋  能勢目結紋
堀尾目結紋  堀尾目結紋
五瓜に隅立て一つ目紋  五瓜に隅立て一つ目紋 ※隅立ての意味
九つ目紋  九つ目紋
陰陽繋ぎ九つ目紋  陰陽繋ぎ九つ目紋
丸に繋ぎ二つ目紋  丸に繋ぎ二つ目紋
隅立て一つ目紋  隅立て一つ目紋 ※隅立ての意味
繋ぎ九つ目紋  繋ぎ九つ目紋(つなぎここのつめもん): 丹後国の宮津藩の本庄家の替紋。九つの隅を立てた目結を、三段に三つずつ並べて描いた紋様。【出典
繋ぎ六つ目紋  繋ぎ六つ目紋
中輪に二つ目紋  中輪に二つ目紋
   

■ 家紋の画像データについて

統計表示