「大津」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 大津(おおつ): 滋賀県大津市

・ 667年に天智天皇がこの地に遷都し「志賀大津の宮」と称され、その後「古津」に。794年に天智天皇を仰慕して「大津」と改称。【都市データパック2011年版・東洋経済新報社】

・ 「オホ(接頭語)」+「ツチ(泥)」で、「川によって泥の堆積するところ」か。アイヌ語説は付会。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

・ 新幹線が通っているが、止まらない都道府県庁所在地って、大津だけか?京都に近過ぎだもんな。

・ 江戸時代、大津には天領の商業都市としての代官所があった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示