「桐」の家紋
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 家紋のはなし
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 桐の家紋
・ 桐紋は菊紋と同様に皇室の御紋。
・ 後に、皇室は足利家豊臣家毛利家織田家などに桐の紋を下賜し、広がった。【知って楽しい「苗字」のウンチク 丹羽基二 PHP文庫】

・ 天皇は天下をとった将軍に桐紋を下賜した。足利氏、織田氏、豊臣氏。【寺紋 丹羽基二 秋田書店】

■ 桐紋: 古代中国では、優れた皇帝が出現するときには鳳凰が舞うとされ、鳳凰が棲んでいた木が桐。

■ 日本政府や内閣を表す紋章は「五七桐紋」。

■ 桐紋は菊紋と同様に皇室で使われた。

■ 吉良家、細川家畠山家一色家

■ 桐紋 : 桐紋は菊紋とともに皇室のシンボルとして使用された。 菊紋は鎌倉時代初期に後鳥羽上皇の個人的好みによって広まった。 桐紋はその400年前から皇室の模様として使われていた。【出典

■ 桐は天皇家の裏紋。裏紋とは二番目の紋という意味。
・ 藤井松平家: 五三の桐
・ 豊臣秀吉: 太閤桐
【日本人なら知っておきたい 家紋と名家のいわれ 大野敏明 実業之日本社】

■ 豊臣秀吉が賜与した桐紋

■ 桐紋

・ 石川家遠藤家大蔵家小佐野家清水家武田家田村家中川家中村家長谷川家森家山本家留守家

・ 方広寺高台寺一休寺金剛峯寺

・ 桐紋は、形が美しく皇室の権威を表し、広まった。後醍醐天皇が足利尊氏に下賜したころには、菊紋とともにその権威が確立された。【「家紋と家系」事典 名前からわかる自分の歴史 丹羽基二 講談社】

 桐紋

■ 五三桐紋: 岩松家北川家北畠親房木下家木村家後藤家近藤家斉藤家田中家富田家中西家成田家松岡家松田家松本家村上家板垣退助本願寺顕如

・ 清和源氏義家流の最上家細川家柳沢家。清和源氏頼光流の土岐家。桓武平氏高棟流の柘植家。橘氏流の巨勢家。藤原北家良門流の宅間家、朝比奈家。藤原北家道隆流の丹羽家。【「家紋と家系」事典 名前からわかる自分の歴史 丹羽基二 講談社】

五三桐紋  五三桐紋

■ 光琳五三桐紋: 石橋家

   

■ 丸に五三桐紋: 浅井家安達家岩本家及川家奥田家川村家黒木家中原家三宅家宮田家村田家吉田家林芙美子

丸に五三桐紋  丸に五三桐紋

■ 太閤桐紋: 豊臣家

・ 久能山東照宮(静岡県)

太閤桐紋  太閤桐紋

■ 五七桐紋: 足利家木下家秩父家橋本家畠山家前田家本庄繁長

・ 金閣寺銀閣寺醍醐寺建仁寺

・ 村上源氏の有馬家。清和源氏義家流の能見松平家、竹尾家。桓武平氏清盛流の織田家。桓武平氏良文流の長尾家。藤原北家山蔭流の小野田家。藤原北家秀郷流の小川家。【「家紋と家系」事典 名前からわかる自分の歴史 丹羽基二 講談社】

五七桐紋  五七桐紋

■ 丸に五七桐紋: 小笠原家

■ 菊桐紋: 堀内家

  
   

■ 家紋の画像データについて

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示