村上家の家紋
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 家紋のはなし
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 村上家: 「村上」の名字の由来  

# 代表家紋: 丸に上の字紋折敷に三の字紋

・ 村上義光: 丸に上の字紋

・ 清和源氏新田氏流の村上家: 茶の実紋

・ 森光子(本名・村上): 「鬼蔦紋」【道産子のルーツ事典 岸本良信 中西出版】

・ 長野県発祥の清和源氏村上氏は「上文字紋」【道産子のルーツ事典 岸本良信 中西出版】

・ 「五三桐紋」「片喰紋」「鷹の羽紋」「九曜紋」「根笹紋」「菊紋」「沢瀉紋」【道産子のルーツ事典 岸本良信 中西出版】

# 村上【出典

 …耕邯大町市/清和源氏頼清流: 「上文字紋」「丸に上の字紋」「十六葉菊紋」「丸に剣片喰紋」「丸に笹竜胆紋」「丸に五三桐紋」「丸に五七桐紋」「丸に花菱紋

※ 源頼清の子の仲宗が村上氏を称した。一家は白河院に仕えたが、罪を得て、盛清、顕清が信濃国や越後国に配流となり、顕清の子の為国が村上氏の祖となった。為国は保元平治の乱治承の乱寿永の乱にも参加した。子孫は坂城郡葛尾城に転じ、戦国時代に勢力を拡大し、北信濃(北信)の名族として栄えた。

◆(叱妨朝来市和田山町/村上源氏氏季流赤松氏族: 「左三つ巴紋」「丸に二つ引紋」「丸に揚羽蝶紋」「丸に木瓜紋

※ 赤松広道を祖とする。

 愛媛県今治市宮窪町/清和源氏頼清流: 「丸に上の字紋」「亀甲に上の字」「折敷に三の字紋」「折敷に三文字紋」「折敷に波三の字紋」「丸に五三桐紋」「丸に抱き茗荷紋」 

家紋の図柄

統計表示