津軽藩
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 藩のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 弘前(津軽)藩(青森県弘前市)

・ 津軽家10万石・外様。

・ 津軽出羽守

・ 1443年頃に、南部氏安東氏蝦夷地においやり、津軽地方も支配下においたが、郡代の大浦氏が独立して津軽地方を領した。

・ 津軽地方は寒冷地で天明の飢饉では8万人の餓死者をだした。そのため、多くの農民を他国から移住者として受け入れた。

・ 弘前藩は幕末の箱館戦争の際に、官軍の兵力の6割を提供し、軍費は多額にのぼった。その結果、とったのが「帰田法(きでんほう)」だった。「帰田法」とは、家禄を払うことができない藩士たちに、無償か、ごくわずかの金額で農民から土地を譲り受けて分与した。つまり、藩士たちに農業をさせようとした。【江戸300藩の意外な「その後」 日本博学倶楽部 PHP研究所】

・ 津軽為信 ・ 津軽信順

・ 津軽家(つがるけ・大浦家): 家紋「杏葉牡丹紋」: 陸奥国津軽郡大浦(青森県弘前市)を本拠地とした。 ・ 南部氏の庶流の久慈氏の出といわれるが不詳。関ヶ原の合戦では東軍に属し、江戸時代には陸奥国弘前4万7千石。【戦国大名「御家」系譜事典 宝島社 監修:森岡浩】  

・ 津軽家は陸奥の名門南部氏の家臣で、戦国時代までは大浦氏を名乗っていた。秀吉の小田原参陣後津軽に改姓。陸奥国津軽郡(弘前市)10万石。最近では津軽家の末娘の華子様が常陸宮正仁親王の妃殿下。

・ 弘前藩、天明の大飢饉では人口約20〜25万人のうち、8万1702人の餓死者をだした。【東北 不屈の歴史をひもとく 岡本公樹 エルパカBOOKS】

■ 天明の飢饉による死者


【注意】転封などがあるため、藩主や石高には変化があります。ここでは一例を掲載しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示