「阿野」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 阿野(あの) 

【2021/03/29:新載】

# 各地に見られる。

# 公家の阿野氏: 藤原北家の三条氏の支流。滋野井実国の養子の公佐が阿野氏を称した。家格は羽林家、家職は神楽。南北朝時代、阿野廉子は後醍醐天皇の寵愛を受け、一族は南朝に属した。江戸時代の家禄は150石。明治時代には子爵。【出典

# 駿河国の阿野氏: 源義朝の子の全成は駿河国駿東郡阿野(静岡県沼津市)に住んで阿野氏を称した。1180年に源頼朝の挙兵に応じて配下となったが、1203年に謀反の疑いで殺された。【出典

# 長門国の阿野氏: 長門国美祢郡於福(山口県美祢市)の馬路城主の阿野氏は駿河の阿野氏の子孫という。長門に落ちて厚東氏を頼り、馬路城に住んだ。現在も、美祢市には阿野姓が多い。なお、長州藩士の阿野氏は別流で、武氏が改称した。【出典

# 南部藩士の阿野氏: 近江国阿野村(滋賀県)をルーツとする。【出典

# 薩摩国の阿野氏: 江戸時代の薩摩国の牧聞神社(揖宿郡開聞町)の神官。【出典

# 山口県と長崎県に多く見られる。  

都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示